2012.09.26

PPT + SimplyTerms + Trados

★★
PowerPointファイルは、Trados TagEditorでも処理できることになっていますが、たいていはタグが非常に煩わしいことになります(書式フォント、しかも無意味なフォントが多すぎる)。それに何より、翻訳後にちゃんとPPTファイルに戻せるのか? という不安が常につきまといます。

今回など、元が*.pptxだったせいか、*.pptで別名保存しても、なぜかTagEditorで開けませんでした(エラーになる)。

そんなわけで、PPTファイルについては、Tradosを使うときでもBuckeyeさんのSimplyTermsのお世話になっています。

リンク: Translation Tools


つまり、

・SimplyTermsでテキストに書き出す
・テキストをWordに貼り、Trados環境で翻訳する
・Wordファイルをクリーンアップする
・テキストで保存する
・SimplyTermsでPPTに戻す

という手順です。

PPTを上書きすると、そのつどフォントサイズやセルの調整が必要になりますが、この方法なら最終的にPPTを微調整するだけで済みます。

ただ、Wordにかますときにちょっとしたコツもあるので、以下、この手順をまとめておこうと思います。

■SimplyTerms上の処理

基本的な使い方は、SimplyTermsで[ヘルプ]→[STヘルプ]を開き、[翻訳作業の流れ]を最初から見れば大丈夫でしょう(ブラウザで開きますが、ローカルファイルです)。簡単にまとめておきます。

ここでは、対象のPowerPointファイルを baldhatter.ppt ということにします。それから、英日翻訳という前提です。

  1. SimplyTermsで baldhatter.ppt を指定します。 ツリービューから選んでもいいし、エクスプローラからのドラッグアンドドロップでもOK。

    1209261


  2. [処理内容]で[ファイル種類の変更]を選び、[ファイルの種類]で[英語]を選び、[実行]します。


  3. ファイル名が baldhatter_eng.ppt にリネームされます。[処理内容]で、今度は[Officeテキスト抽出]を選びます。

    1209262

    あ、そうそう。ここは[実行]する前に書式オプションもチェックしておきましょう。

    1209263

    こうしておくと、PPT上の書式が<b>などのタグとして追加されます。これを設定しておいたほうが、PPTに戻してからの面倒が少なくなります。

    このオプションをチェックしてから、[Officeテキスト抽出]を[実行]します。PowerPointがちょっと開いたり閉じたりしてから、baldhatter_eng.txt というファイルが出来上がるはずです。


    さて、ここからがTrados環境になります。


  4. baldhatter_eng.txt の内容をWordに貼り付けます。
    ただし、Wordの新規ファイルだと、これから使うTrados固有の文字スタイル(外部タグ、内部タグ)が設定されていないので、あらかじめTrados書式を持っているファイルをテンプレートとしてひとつ作っておくといいですね(参考: side TRADOS: ttx 指定でも Word で作業)。
    このファイル名は何でもかまいません。

    1209264


  5. SimplyTerms固有のタグに外部タグの書式スタイルを指定します(一括置換)。
    以下のダイアログのとおりに指定すればできるはず。tw4winExternal というのが外部タグ(グレーのタグ)のスタイルです。

    1209265


  6. 書式タグに内部タグの書式スタイルをそれぞれ指定します(一括置換)。

    1209266

    さっきと似てますが、もちろん検索文字列は違いますし、置換後のスタイルは tw4winInternal です。内部タグ(赤いタグ)。この2回の置換で、こうなります。

    1209267

    このファイルができたら、後はふつうにTradosを使って翻訳します。


  7. 翻訳が終わったら、クリーンアップします。


  8. クリーンアップしたdocをテキストとして保存します。このとき、ファイル名は baldhatter_jpn.txt とし、保存先は baldhatter_eng.ppt や baldhatter_eng.txt と同じフォルダに。


  9. いよいよ、SimplyTermsでPPTに戻す手順です。この時点で、同じフォルダに
    ・baldhatter_eng.ppt
    ・baldhatter_eng.txt
    ・baldhatter_jpn.txt
    の3つがあるはずです。

    SimplyTermsで、書き戻すべきPPTファイルを指定します。書式オプションも忘れずに。

    1209268

    これで、翻訳した内容がすべて baldhatter_eng.ppt にインポートされ、翻訳済みPPTが出来上がります。


    なお、これで出来上がるファイルは、baldhatter_jpn.ppt という独自形式になっているので、必要に応じて納品用のファイル名に戻してください。


    というわけで、PowerPointファイルの翻訳に苦しんでいる人は、ぜひSimplyTermsをお試しください。

    もちろん、Tradosを使わない人も翻訳工程が違うだけで、SimplyTermsのメリットは変わりません。ただし、テキストファイル上で上書きするときは、SimplyTerms固有のタグ

    [[S1_BD-1]]

    などを壊さないよう、くれぐれもご注意ください。

04:10 午後 その他 | | コメント (3) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.05.10

翻訳フォーラム大オフ 2012


(side Aの内容と同じです)

今年も、翻訳フォーラムの大オフが開催されます。

例年は、通称「勉強会」と大オフが別々に開催されるのですが、今年は昼間からシンポジウム形式の勉強会を開き、夕方からそのまま打ち上げになだれ込むという形になりました。


公式の告知ページはこちら。
翻訳フォーラム大オフ2012に関するお知らせ

参加ご希望の方、興味のある方は、まず告知ページをご覧ください。

日程:6/15(金)
シンポジウム:午後1:00より
打ち上げ:午後6:30より

飜訳フォーラムに登録していなくても、こちらの告知ページにある申込み方法で参加できます。

シンポジウムのテーマは、「翻訳者の頭ん中 翻訳中の思考プロセス」


そして、今回のシンポジウムは、この春号から始まった『通訳・翻訳ジャーナル』の連載「翻訳者のための作戦会議室」と連動しています。

平日ではありますが、ご都合のつく方はぜひご参加ください。

06:08 午後 その他 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.01.10

「TRADOS 2007 初歩」ページを追加

左カラムに「総目次」を用意してありますが、新たに「TRADOS 2007 初歩」というページも作りました。

Studio 2011 は意欲的なバージョンアップではありますが、業界内は依然として SDL Trados 2007(まで)が主流を占めていて、実際、翻訳学校などで Trados 講習を組む場合でも、使用環境は SDL Trados 2007 という場合が多いようです。

このブログに寄せられるコメントや、個人的にいただくメールなどでも、やはり未だに 2007 Suite が中心であり、これから 2007 環境を覚えたいという方はたくさんいらっしゃるので、そのためのページです。

とは言っても、改めて入門レベルの内容だけ抜き出してみると、情報量はそれほど多くありません。今年は、あえて

2007 入門の情報を増やす

ことを目標にしてみようと思います。

01:17 午前 その他 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.12.16

20周年記念 JTF 翻訳祭 - C3&4セッション

C-3&4 「ローカリゼーション・ソリューション模擬コンペティション」

無事に終わった今だから白状しちゃいますが、準備段階から直前まで、はたしてセッションを最後までうまく進められるのかどうか、どんな展開になるのかまったく予想できていませんでした。

ローカリゼーション・ソリューション・ベンダーの大手 3 社に集まっていただき、ソリューションをいっぺんに披露してもらうという構想は良かったのですが、各社の持ち時間はかなり短く(20 分ずつ)、スライドも三者三様に個性的で、はたしてセッションとしての統一性を図れるのか、何とも心許ないかぎりでした。また来場者の構成についても、翻訳会社と個人翻訳者の比率が高くクライアント企業は少なかったようなので、はたしてそういうオーディエンスを対象に、このセッションをどう展開すればいいのかも難題でした。

何より心配だったのは、3 社のプレゼンテーションが終わってから休憩をとるというタイムテーブルにしていたため、休憩時間が終わったら誰も残っていないという事態。

が、結果的には、3 社の担当者様がそれぞれさすがに手慣れたプレゼンテーションを行ってくださり、手前味噌のようですが、セッションの趣旨に沿っていながら各社の個性もよく現れた内容になっていたおかげで、休憩後もほぼ満席のまま最後まで進めさせていただくことができました。

私自身がモデレーターとして適切に機能したかどうかは今でも判りませんけど、セッションが終わってから何人かの方にお声をかけていただいた限りでは、セッション自体の意義はそれなりに感じていただいたようで、ひとまず安堵しました。

Welocalize Japan の儀武氏は、英語版スライドだけという意表を突いた登場。自社を紹介しつつも、広くローカリゼーション・ソリューションのこれからの方向性を示してくださり、トップバッターとしていいスタンスでした。どうせなら、プレゼンテーション自体も英語でやっていただいてよかったかもしれません(ふだんはそうみたいです)。

リンク: Welocalize 翻訳 | ローカリゼーション | 国際化


ライオンブリッジジャパンの水村さんは、ある意味でもっともスタンダードなプレゼンテーション。あれだけの枚数のスライド、ぜったい全部は消化できないだろうと思っていたのですが、なかなか見事でした。その分ちょっと早口になりすぎたかもしれません。

リンク: Translation Services, Product Engineering, Content Development | Lionbridge


SDLジャパンの並木氏は、IT 翻訳/ローカリゼーションの世界ではかなりの有名人。企画段階でも並木氏にはたいへんお世話になりました。自社のソリューションを過不足なくアピールしてくださったのはもちろんですが、トーク自体が巧みなので、トリとして期待どおりの存在感を発揮していただきました。

リンク: グローバル情報ソリューション - 翻訳 - ローカリゼーション - グローバリゼーション - SDL


休憩後のディスカッションと質疑応答では、プレゼンターのみなさんが嫌がるかも、というのは承知の上であえて、「翻訳者と翻訳会社は、各社ソリューションの中でどんな位置を占めるようになるのか」という質問を、まず私からぶつけました。その後も、会場から IBM の吉野さんをはじめ、クライアント企業からも翻訳会社からもセッションの趣旨に相応しい質問が次々と出る一方、私からもときどき補足的な説明を入れたりすることができました。

ローカリゼーションプロセスの機械化、自動化がどんどん進めば自分たちはどうなるのか。翻訳会社と翻訳者には今、そういう大きい危機感があります。今回のセッションは、もしかしたらその危機感をさらに煽る結果になったかもしれません。少なくとも、今までと変わらない対応を続けたら仕事は減っていくでしょう。そういうことを考えるきっかけになったとすれば、私としてはこのセッションは成功だったと思っています。

そういう危機感を抱いた多くの方が、おそらくこのセッションと同じ部屋で続いて Buckeye さんの講演(C-5)をお聞きになったのではないでしょうか。

産業翻訳、特に IT 翻訳/ローカリゼーション業界は今、大きな転換期を迎えています。

一人ひとりがよく考え、自分にとって幸せな道を選びましょう

この言葉の重み。私もしっかり受け止めたいと思います。

03:19 午後 その他 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

20周年記念 JTF 翻訳祭 - 公式ツイートの試み

前エントリで書いたように、今までにない形式と規模で開かれた翻訳祭。

スタッフのみなさん(JTF 事務局や理事の方々、翻訳会社のみなさん)は準備段階から当日までさぞ大変だったろうと思いますが、今年はもうひとつ、翻訳祭初めての試みとして公式 Twitter ボランティアのみなさんが実況ツイートに大活躍してくださいました。

私も当日の隙を見て、あるいは翌日以降にハッシュタグ #jtf2010 を追いましたが、翻訳祭に参加できなかったみなさんに実況ツイートは大好評でした。公式ツイートを行うに至った経緯などは、こちらで詳しく紹介されています。

リンク: JTF翻訳祭つぶやき係 - 兼業翻訳者の迂闊な日常

Twitter ボランティアのみなさん、そしてそのまとめ役として神業のようなツイートを続けてくださった mogyayome さん、本当にありがとうございました。

考えてみれば、私が初めて mogyayome さんにお会いしたのも、昨年 12 月の環境研究会後に河野弘毅さんを囲んで集まった懇親会でした。その後、すでにアクティブな Twitter ユーザーだった mogyayome さんに誘われるように河野さんがツイートするようになり、私も Twitter 上でたくさんの翻訳者さんたちと知り合うことができました(9 月に PT で初めてお会いした方々)。今回の Twitter ボランティアも、mogyayome さんを中心としたそのネットワークから生まれたと言っていいと思います。

SNS というごく新しいシステムが、理想的に機能した典型だろうと思います。

ura_mami さん、moko_uiro さん、sagtran さん、m_toka さん、そして mogyayome さん(以上、いずれも Twitter 名にて失礼します)、実況ツイート本当にお疲れ様でした。この成功は、本当に大きいと思います。

02:33 午後 その他 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

20周年記念 JTF 翻訳祭 - ご報告

20周年記念ということで、JTF としてはほぼ初めてのマルチセッション形式を採用した今年の翻訳祭。来場者数は例年の 2 倍近く、夕方からの交流パーティーまで含めて大盛況でした。

私が参加したセッションについて簡単にご報告しておきます。

基調講演「翻訳研究と実務の接点」水野的氏

前半はふつうにアカデミックな展開でしたが、後半からは実例を交えて実に興味深い内容でした。どんな分野にも、やはり「研究」と「実践」という 2 つの相があるもので、私自身は --- たぶん現役翻訳者さんの多くもそうだと思います --- 前者にほとんど接したことがありませんでした。

このセッションで紹介されたような「翻訳研究」の実践的応用が進むと、機械翻訳と人間翻訳の仲立ちが進むのかもしれない、と個人的には思いました。そんな空想は別にして、テーマとレーマ、結束性、連続主題と前進主題といった考え方は、翻訳者の今の仕事にもダイレクトに役立つはずです。

実は 13 日はほぼ朝まで仕事をしていて 2 時間くらいしか寝てなかったのですが、がんばって基調講演から聴くことにして正解でした。


D-1「翻訳者だからできる!世界に向けたアプリの開発と販売」西野竜太郎氏

西野さんについては、ブログ(IT翻訳者Blog)を以前から拝読していて、「翻訳」だけではない広い視点を持つ翻訳者さんとして注目していました。

今回の講演内容も、つきつめて言えば「翻訳者が翻訳以外に見出せる可能性」ということで、同じ IT 分野を扱う翻訳者としては、いろいろと共感できる点がありました。直接お会いするのは初めてでしたが、お人柄もおおむねブログから想像していたとおりでした。

実は、西野さんについては、準備段階で委員の河野弘毅さんとお会いしたとき、「西野さんという人に講演をお願いしてみようと思うけど、どうかな」と尋ねられ、そのときすでにブログの読者だった私が「はい、ぜひお話を聴いてみたいし、会ってみたいです」と推した、という経緯がありました。


その次のコマ、本当はジャンクリストフさんの D-2「No.1フリー翻訳支援ツール OmegaT 入門」を聴きたかったのですが、控え室に行ったら SDL の並木さんがいて、ちょっと話し込んでいるうちにスライドの修正とかそんな話になり、セッションには参加できませんでした。

C-3&4 について別エントリで書きます。


D-5「ポストエディット入門2010」斎藤玲子さん

Buckeye さんの講演はもちろん気になったのですが、すでに超満員と聞いていたので遠慮しました、というのもなかば本当ですが、ポストエディットはもちろん気になる話。

オラクルさんで機械翻訳 + PE というプロセスが始まったという話は周辺でも聞いていなかったのですが、伺ったところ、やはりまだ社内検証の段階とのこと。ルールベースと統計ベースの長所・短所、それぞれに対して PE を行うときの長所・短所、フルエディットとライトエディットなど、なるほど「入門」的な内容でした。

ちなみに、Buckeye さんは基調講演以外すべて私と違うセッションに参加なさっています。

リンク: 20周年記念JTF翻訳祭: Buckeye the Translator

リンク: 「機械翻訳時代に翻訳者の生きる道」@20周年記念JTF翻訳祭: Buckeye the Translator

Buckeye さんご自身のセッションは当然ながら立ち見が出るくらい大盛況だったそうです。

今回の翻訳祭は、機械翻訳を含めた「支援ツール」が大きな柱のひとつだったわけですが、その中にあって「機械翻訳時代に翻訳者の生きる道」というテーマがこれほど注目される、そのこと自体が今回のテーマ設定に対する答えのひとつなのだろうと思います。そして、産業翻訳業界の全体が大きな転換期を迎えつつある証拠でもあります。

02:02 午後 その他 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.10.21

JTF翻訳祭2010のバナーを貼りました

先週ご案内したように、日本翻訳連盟の翻訳祭が 12/13(月)に開催されます。

拙ブログの右カラムにも、案内ページへのリンクを貼っておきました。よろしければ、ぜひご覧になってください。

08:11 午後 その他 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.10.14

JTF翻訳祭2010 - 20周年

日本翻訳連盟のサイトでも公式に発表されたとおり、12/13(月)に、JTF翻訳祭が開催されます。

リンク: 【 JTF 翻訳祭 】翻訳祭プログラム詳細

「20周年記念」を謳う今年の翻訳祭は、例年と違ってマルチセッション形式になっていす。基調講演の後は、メイン会場(2セッション)のほかに、4つの会場で計19のセッションが予定されています。

実は私もパネル形式のセッションのモデレーターということで末席を汚していたりしますが、それを除けば、実にそうそうたる顔ぶれです。師走の忙しい時期ではありますが、翻訳業界と翻訳支援ツールについて最新の情報に触れることのできる絶好の機会だと思います。

ちなみに、夕方からは交流会もありますが、こちらに参加して「人とのつながり」を築くことも、昼間のセッションと同じくらい意義があると個人的には思っています。

11:36 午後 その他 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.06.12

翻訳環境研究会、お礼と資料

去る 6 月 10 日、日本翻訳連盟の「翻訳環境研究会」でお話をさせていただきました。

リンク: JTF 日本翻訳連盟

私としては予想外に大勢の方にご参加いただきました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

準備不足のため、事前に用意しておいた資料と当日使った資料に一部相違があり、ご迷惑をおかけしました。最終バージョンをファイル形式別にアップロードしましたので、ご希望の方は以下のリンクからどうぞ。なお、どちら圧縮ファイルにも、補足の Excel データが入っています。

OpenOffice ファイル形式はこちら
PowerPoint ファイル形式はこちら

ご参加のみなさんに対してタイトルどおりの情報提供ができたのかどうかは、はなはだ心許ないのですが、

- 「人」とのつながりが大切
- アウトプットがあればインプットも増える

という持論は、今回の研究会を通じても自分で再確認できた気がします。みなさん、本当にありがとうございました。

01:21 午後 その他 | | コメント (6) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加