« 2015年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016.04.29

Trados Studioのマッチ率について


最近、こちらの更新がすっかり少なくなってしまいました。

私自身のTrados使用率が下がっているということもありますが、最近は通翻クラスタの中でも、私などよりずっとStudioに詳しい人が増えてきたおかげでもあります。


それでも久しぶりに、これは書いておかないと、というネタがあったので、GW初日の空き時間を使って書きとめておきます。


SDL Trados 2007以前と比べて、Studioになってから解析に疑問があるということを、これまでも何度か書いてきました(参照:side TRADOS: Trados Studioの解析に大きな疑問


この前提で特に注意したいのが、

マッチ率ごとの支払い条件

です。具体的に言うと、

Studio案件の場合、50-74%レンジの単価が新規翻訳の単価より安い条件は、翻訳者に圧倒的に不利

だということです。


ご存じのように、Trados案件の単価はマッチ率によって逆スライドするのが一般的です。

1604292

マッチ率は、この図のように

100%
99-95%
94-85%
84-75%
74-50%
新規

というレンジに分けて計算されます。このうち、フルの単価が支払われるのは「新規」分で、それ以外はパーセンテージに応じて単価が下がっていきます。そのパーセンテージ設定は、翻訳会社によって異なりますが、おおむねの傾向は、こちらのブログを参照してください。

リンク:七転八倒バナナ: ファジーマッチレートについても書いてみた

100%とか99-95%の、いわゆるハイファジーや、その次の94-85%、84-75%あたりのレンジの設定が極端に不利な会社はあまりないようですが、問題は 74-50% のレンジです。

私が知っている範囲では、74-50%レンジもフル単価というところが多いのですが、もしそうでない場合は、断固として

74-50%レンジはフル単価

と要求すべきです。

なぜなら、このレンジになると、いくら既訳があっても実質的には新規と手間は変わらないからです。

実は、もっと根本的な問題があります。

1604293

翻訳会社から届くパッケージを展開すると、プロジェクトの設定はたいてい、こうなっているはず。[一致精度最小値]は、デフォルトの70%のままです。

ということは、

マッチ率が70%未満の既訳はあっても再利用しなくていい

という設定なわけです。にもかかわらず74-50%レンジの単価を下げるというのは、Trados運用の理屈に合いません(厳密に言えば、単価を下げてもいいのは74%~70%の範囲だけです)。


そして、この問題がさらに深刻なのがStudioの場合です。以下のスクリーンショットをご覧ください。特に、マッチ率に注目です。

1604291

前から書いているように、新旧の差分がわかりにくいのですが、ちょっとカスタマイズしてあります。青の太字が追加された箇所、赤の小さい字が削除された箇所です。といったって、これで差分を確認するという気にはとうていなれませんね。


You’ve finished your planning, everything’s recorded in your calendar, and now you just want to shred through your to-do items and get things done.


So you can spend your planning time working on deeper things, like how you are actually going to approach your items and get them done.


共通点は下線を付けた部分だけ。これが、Studioでは

55%

と言われているわけです(実際、同じ条件をTrados 2007で再現すると、一致精度最小値を30%まで下げてもヒットしません)。


問題なのは、Studioのこの解析ロジックですが、たぶんSDLさんは直してくれないでしょう。であれば、翻訳者が自衛するしかありません。

01:19 午後 バージョン - Studio共通 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加