« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.07.16

Studio - この見にくい(醜い)インターフェースをどうにかしてほしい


まだStudio 2015はインストールしていません。インストールとライセンスのことをまだ整理できていないので……

いったい、なんでライセンスの仕組みを変えたりしたんでしょうね。まあ、これまでトラブルが絶えなかったからかもしれませんが。


さて、レガシーのTrados(Workbench)と、Studioアーキテクチャで大きく変わったことのひとつが、TMウィンドウでの差分表示です。

以前は、現在の原文が上段に、TMにある原文と訳文が下段に配置されたうえに、差分が蛍光ペンのような色分けで示され、個人てきにはわりと見やすかったと思っています。

1507155

それが、StudioではWordの修正履歴のような表示になりました。

1507151

※色や太字は私がカスタマイズしていますが、デフォルトはもっと見にくかったと思います。

これ、Studioになって以来、なんとかして慣れようとしたのですが、どうしても慣れることができません。どうやったって、

見にくい

し、

醜い


この画面で「差分をみながら部分翻訳」なんて、絶対やる気になりません。

でも、あまり話題にならないところを見ると、Tradosユーザーのみなさんは平気なんでしょうか。


ためしに、同じセグメントをStudioとレガシーの両方で開いてみました。

1507151

上段に現在の原文、下段にTMの原文と訳文が表示されていますが、上段だけ見ても挿入なのか変更なのか区別できません。下段は下段で、about以下はぜんぶ違うわけですが、なんでこんな表示をするのか……。

1507152

レガシーのWorkbenchのほうが、よほど直感的にわかりやすい気がします(万全ではないですけど)。

ところで、上の例は59%マッチでした。デフォルトの最小マッチ率設定(70%)では表示されない候補です。

レガシーでは、最小マッチ率を50%前後に落としても、いろいろと再利用できたと思っているのですが、Studioではデフォルトのままがいいのかもしれません。


では、もう少しマッチ率が高く、デフォルトでも表示される例を。

1507156

これで83%だって言われても、私には無理です。17%分の労力で対応することは、とうていできません。

1507157

こっちのほうがだいぶマシ。どこに差分があるか一目でわかるし、後半、to... the... of... のところも、要するに前置詞と冠詞だけ同じなのね、とすぐに理解できます。

(マッチ率も、かなり差がありますねぇ)


すでに何度か書いているように、マッチ率の計算がそもそも翻訳者に不利になっているのに、Studioの差分表示だと、マッチ率がいくら高くても差分がわかりにくい場合が多く、結果的に作業負荷はますます増えている。

単にインターフェースの問題なのだから、表示オプションを増やすとか、やりようはいくらでもあると思うのですが。

この辺が、まだ試していない2015で実は変わっていたりしません?

12:24 午前 バージョン - Studio共通 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加