« 検索で正規表現を回避 | トップページ | SDL Trados Studio 2015、大胆予想 »

2015.03.13

指定していない正規表現の回避方法

★★
前のエントリで書いた、検索機能の変な挙動(side TRADOS: ただの検索でも正規表現?)ですが、これは2014のSP2で入ってきちゃったバグだろうと、しんハムさんがおっしゃってました。たしかに、タイミング的にはそんな感じです。

この挙動を回避する方法が、シーブレインさんのブログで紹介されていました。

リンク:つぼログ。-IT翻訳の現場から-: Trados Studio のちょっとホラーな検索機能

おもしろいタイトルにひかれて見てみたら、そういう話でした。


ちなみに、このブログを運営しているシーブレインさんの方も、4月のJTFスタイルガイドセミナーに登壇します。

リンク:JTFスタイルガイドセミナー|JTF 日本翻訳連盟

4/13(月)、私が担当する第1部に続く第2部です。翻訳会社の人に直接役に立つ内容ですが、翻訳会社がスタイルガイドをどう扱っているか、フリーランス翻訳者としても知っておくと必ず参考になるはずです。

さて、検索機能の不審な挙動の回避方法です。

簡単に言うと、

1. 正規表現を使ってもいないのにエラーと言われる。

2. [使用]をオンにして[ワイルドカード]を選択すし、[使用]をオフにする。

3. いったん検索ウィンドウを閉じる

1503131

ということです。これをやると、あ~ら不思議。エラーがなくなります。しかも、これは「つぼログ」さんに書いてなかったのですが、いったんこの操作をすると、

引き続き正常に動作する

ということです。これはうれしい。


ただし、いったん[使用]をオンにして[正規表現]を選択し、またエラーが出ると、

1503132_2
(このエラー表示は正しいわけです)

またヘンな挙動が復活します。

たしかに、なかなかホラーなバグでした。

03:02 午前 バージョン - Studio 2014 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/61272703

この記事へのトラックバック一覧です: 指定していない正規表現の回避方法:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)