« プロジェクト用翻訳メモリーについて | トップページ | Legacy Converterが2014に対応 »

2014.10.04

プロジェクト用翻訳メモリーを作る

★★★

さて、けっこう増えつつあるStudio指定案件ですが、つい最近こういうのに遭遇しました。

1410045

100%で訳が埋め込まれているのに、該当する既訳がメモリーのフィールドに表示されていません。


話はちょっとそれますが、これと同じ状況がIdiom Desktop(元のDeja Vu)では当たり前でした。Idiomでは、プロジェクトを作成するとき、まず英日の100%既訳ペアを作ってから、その後でいわゆるファジーマッチに当たる既訳ペアだけをTMとして格納するらしいからです。だから、100%既訳の内容はメモリー内のルックアップで利用できない可能性がある。アホみたいな作りでしょ。

Tradosでそんな状況に遭遇したことはなかったのですが、どうも今回のプロジェクトはそれと似た作りになっているようなのでした。


いったい、どういう工程でこうなるのかわかりませんが、

  1. まず、100%(厳密には、文脈まで見て一致とみなされたPerfect Match)を確定したバイリンガルファイルを作成する。
  2. 次に、Perfect Match部分を除外したメモリーを用意する。
  3. 新規プロジェクトを作成し、1. のファイルと2. のメモリーを組み込む。

みたいな流れ?

よくわかりませんけど、「Perfect Matchはもうファイル上で確定しているから、それが再利用されることはない。それ以外をメモリーにしておけばいいんじゃね」という発想でしょうか。100%既訳の一部を再利用することは想定していないのか?


こういう場合、「メモリーに含まれていない100%既訳の文をメモリーに反映」すればいいのですが、メインメモリーの状態は変えたくありません。そこで、この状態からプロジェクト用メモリーを追加してみることにしました。

手順は以下のとおり。

  1. [プロジェクト]ビューで該当のプロジェクトを選択し、右クリックメニューから[一括タスク]→[プロジェクト用翻訳メモリーの入力]を選択します。

    1410046

    後はウィザードをどんどん[次へ]進めばプロジェクト用メモリーが作成されます。

  2. [プロジェクト]ビューで該当のプロジェクトを選択し、右クリックメニューから[一括タスク]→[プロジェクト用翻訳メモリーの更新]を選択します。

    1410048

  3. ウィザードで[次へ]を2回繰り返すと、次のダイアログが開きます。

    1410049

    設定はデフォルトのままでOK。これで、「翻訳済み」の既訳がプロジェクト用メモリーに取り込まれます。「翻訳中」や「未翻訳」はもちろん取り込まないので、チェックボックスはオフ。

  4. [プロジェクトの設定]でメモリー構成を確認してみると、下図のようになりました。

    14100410

  5. エディタで開いてみると、

    14100411

    無事にこうなりました。

それほど複雑な作業ではありませんが、まあ、これが必要なケースはレアでしょう。たぶん。

10:17 午前 バージョン - Studio 2014, バージョン - Studio共通 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/60418685

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト用翻訳メモリーを作る:

コメント

はじめまして。
私はStudio 2011と2014を使っているのですが、
OSがVistaだと両方とも訳文にメイリオが適用できません。
フォントの調整のところでメイリオを選ぶと
MS UI Gothicが適用されます。

Windows 7だと問題なく適用できるので、訳がわかりません。
なぜこのようになるのか、お分かりになりますでしょうか?

私のマシン固有の問題かもしれませんが、
お力をお借りできると幸いです。

投稿: Kiki | 2014/10/04 22:00:48

Kikiさん、コメントありがとうございます。

Vistaですか....

私の環境は、Windows XPからVistaはスキップして、今は全部のマシンがWindows 7なのでこれは検証できないのですが...

[フォントの調整]で、もちろん[言語]を日本語にしてからメイリオを選んでるんですよね?

投稿: baldhatter | 2014/10/04 22:21:05

はい、言語は日本語にして、元ファイルの書式は適用せず、タグのみを適用する設定を選んでいます。

同じファイルと設定なのにWindows 7なら大丈夫というのが不思議です。

投稿: KiKi | 2014/10/05 9:42:25

KiKiさん(case-insensitive?)

うーむ。なにぶんこちらににVista環境がないので、お役に立てません。ちょっと検索もしてみましたが、同様のケースは見つかりませんでした。

申し訳ございません。m(__)m

投稿: baldhatter | 2014/10/05 20:00:56

いえいえ。ありがとうございます。
これを機会に、Windows 7ダウングレード権の付いたPCに移行しようかと思っています。

今まではバージョン違いでサブPCを揃えていたのですが、1台をいきなり8以降にするのは妙なことになりそうな気がしますので(笑)

投稿: Kiki | 2014/10/05 22:20:06

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)