« Xliff Previewer | トップページ | プロジェクト用翻訳メモリーを作る »

2014.10.04

プロジェクト用翻訳メモリーについて

★★
Trados Studio環境における「プロジェクト用翻訳メモリー」については、だいぶ前に記事にしました。

リンク:side TRADOS: Studio 2009 初歩 - 2 つの翻訳メモリーの存在


プロジェクト用メモリーを使うケースはいくつか考えられます。

ケース1:
・もともとメモリーがあった
・そのメモリーをプロジェクトに追加する(= 参照する)が、更新はしたくない
 (初期状態で残しておきたい)

ケース2:
・大きい親プロジェクト全体で参照する親メモリーが1つある
・下位プロジェクトでは、親メモリーを参照するが更新はしない
・下位プロジェクト用の子メモリーだけ更新したい

親にあたるほうが「メインメモリー」、子が「プロジェクト用メモリー」です。


新規プロジェクトを作成する手順の最後で[プロジェクト用TMなしで準備]を選択すると、

1410041

このように、プロジェクトセットの中にTMフォルダがありません。指定した(または新規作成した)メモリーは、別のところにあります。

一方、プロジェクト作成手順の最後で[準備]を選択すると、

1410042

TMフォルダと、その下位の「ja-JP」フォルダが作成され、その中の*.sdltmファイルが更新されていきます。

このメモリー構成を[プロジェクトの設定]で見てみると、次のようになっています。

1410043

ツリー構造になっている上のほう(この場合は「testTM-2.sdltm」)がメインメモリー、ぶら下がっているほう(「test_141004-2_testTM-2.sdltm」)がプロジェクト用メモリーです。

※プロジェクト用メモリーの名前は、メインメモリー名の前にプロジェクト名が追加された形になっているのですね。

上のほうで[更新]にチェックが付いていますが、実際に更新されるのは下のほう、つまりプロジェクト用メモリーです。


お客さんからパッケージとして送られてくる場合には、そのパッケージを展開したプロジェクト構成の中にTMフォルダがあるのがふつうで、これがメインメモリーということになります

1410044

この中にプロジェクト用メモリーが作られていることもありますが、私は今までほとんど見たことがありません。

このプロジェクト用翻訳メモリーを、自分で作らなければならない場面に遭遇しました。

次のエントリでご紹介します。

09:41 午前 バージョン - Studio 2014, バージョン - Studio共通 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/60418531

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト用翻訳メモリーについて:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)