« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.21

Studioインターフェースの決定的な使いにくさ


今回の記事は単なる個人的な感想、またはただの愚痴です。


原文-訳文の横並びインターフェースというのは個人的にどうしてもなじめないのですが、世間的にはどうも横並びOKのほうが多数派のようです。「ただの愚痴」、と言わざるをえないのはそのため。

でも、ですよ。

今回2014をインストールして、ショートカット設定をいじっているうちに改めて気付いたんですよ。縦横以前に、今のインターフェースには、決定的に欠けてる翻訳者視点があるんじゃないか、と。

それは、

翻訳中って原文を選択すること多いよね?

ってことです。



MultiTermで提供される訳語だけで事足りているならともかく、ふつうはそんなこと、まずありません。であれば、たとえば(外部の)辞書をひくときだって

原文の一部をコピー

しますよね。

それから、Trados Studio内でメモリー検索するときも、やはり

原文の一部をコピー

するはずです。訳文側でコピーして[F3]押したら、エラーになるか、そうじゃなくても訳文内の検索になっちゃいますから。


ということはつまり、翻訳作業中というのは、

原文フィールドと訳文フィールドの間を行ったり来たり

するはずなんです。何度も何度も。


だとしたら、その移動がスムーズにいかないインターフェースって、翻訳作業にとって決定的にマイナスということになりませんか?


SDL Trados 2007までであれば、WordでもTagEditorでも、矢印キーでその移動ができました。

一方、Studioではその移動キーのデフォルトが[F6]です。

1312215


もしかしたら、キーボードよりマウスを多用する人にとってはたいした差ではないのかもしれません。でも、できるだけキーボード上から手を離したくないユーザーにとって、矢印キーと[F6]っていうのは、使い勝手がぜんっぜん違うわけですよ。

キーボード主体派にとって、矢印キーというのはもともと多用するキーなので「準ホームポジション」みたいな一群です。だからブラインドタッチしていても、ホームポジションと矢印キーとの移動は無意識にできる。でも、[F6]となるとブラインドでは操作できません(できる人もいるのかもしれませんが...)。

これが、デフォルトで[F6]なんていう、いかにも後付け的な設定ではなく[Tab]キーならまだわかります。フィールド間を[Tab]と[Shift]+[Tab]で行き来するというのはわりと普通で、ホームポジションからの移動もしやすいからです。実際、Idiomは[Tab]で移動できます。

ところが、Studioだとショートカット設定の機能を使っても[Tab]には割り当てられない(システムで占有されていて、ただのタブ文字入力に使われている)。


つまり、原文フィールドと訳文フィールドの間を頻繁に行き来するというのを、明らかに想定していないわけです。

そーいえば、某社の社内ツールも、いちおう縦並びになっているのに原文と訳文の間が同じように行き来しにくいですね。


ということで、縦並びか横並びかというだけでなく、原文フィールドと訳文フィールドの間の行き来をどれだけちゃんと考えてくれているか、というのが翻訳支援ツールでは非常に重要なポイントだと思うのですが、どうでしょう。

02:34 午前 バージョン - Studio 2014, 翻訳メモリー | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

SDL Trados Studio 2014 - 整合機能を使おうと...


ファーストインプレッションの続きです。


ちなみに、現時点(12/21)でもヘルプは日本語化されていません。、きっと今ごろ、一所懸命どこかで翻訳されているんだと思いますが...


次は、今回のリリースの目玉機能であるはずの整合機能(従来のWinAlignに相当する機能)をさっそく使ってみました。

……が、使ってみたらいきなり挫けたというお話です。


整合のプロセスが以前とは大きく違います。

WinAlignでは、

・原文ファイルと訳文ファイルを指定する

・整合する

・結果をテキストとしてエクスポートする

・そのテキストを新規メモリーにインポートする

という流れでしたが、新しい整合機能では、

・まずメモリーを作る

・原文ファイルと訳文ファイルを指定する

・整合すると結果がメモリーに読み込まれる

という流れになります(ということをヘルプで知りました)。


それで、さっそく[ようこそ]画面で[ホーム]→[文書を整合]を選択してみました。

13122110

え?



はあ?

お前は何を...(以下自粛)



いきなりガックリです。これから整合してメモリーを作ろうというのに、

整合済みの翻訳の翻訳メモリを選択します。

って言われてしまいました。いったい何を選択しろと?


はい、こーゆーときは、迷わずインターフェースを英語に切り替えて再現してみましょう。

1312219

Choose a translation memory for the aligned translations.

って書いてありますね。

よくある過去分詞の訳し違いです。


すいません、そんなわけで、実際の整合機能の実力を見るには至りませんでした... また改めて挑むことにします。

02:05 午前 バージョン - Studio 2014 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

SDL Trados Studio 2014 - インストールとファーストインプレッション


JTF翻訳祭(11/27)のとき、SDLさんのブースにいったら、「まだブログに書いてくれてないじゃないですかー」とお叱りw の言葉をいただいちゃいました。

ペコリ

そんなわけで、遅くなりましたが、Studio 2014をインストールして使い始めてみましたので、その辺のことを書いておきます。



インストール

もしかしたら、そのうち変わるかもしれませんが、私がインストールした時点(12月初旬)では、インストーラが英語のみでした。まあ、それで困る人はいないはずですが。

1312211

Lincense Agreementも英文です。

1312212

それでも、インストール自体は何事もなく終わります。今回は短時間で終了しましたが、Javaとか.NET Frameworkの有無によっては当然、所要時間は変わるでしょう。


起動とアクティベーション

初回の起動後には当然アクティベーションが必要ですが、ここで非常に重要な注意があります。

2014の発売以前から、SDLの人もくどいくらいに繰り返していましたが、

2014のアクティベート前に2011のライセンスを返却

しなければならないということです。

1312214

もっと具体的に言うと --- これ、やっちゃう人がいそうなので --- 2011をアンインストールしてから2014をインストールするという場合には、必ず

2011のアンインストール前にライセンスを返却

することを忘れずに、ということになります。ライセンスを返却せずにアンインストールしてしまうと、後がけっこう厄介です。

もっともっと現実的に言うなら、2011と2014は共存していても問題ないので、

・2011をアンインストールせずに2014をインストールする

・2011でライセンスを返却してから2014をアクティベートする

・2011をアンインストールする

という手順でまったく問題ありません。


2014にアップグレードした後でも、2011のアクティベーションは可能です。といっても、同時に2つをアクティベートすることができないのは今までと同じです。

Freelance Pluseを購入すればライセンスが2つ付いてくるので、2014と02011を同時に使うことができます。


互換性とパフォーマンス

2011指定の案件に2014を使い、返却パッケージを作成してみましたが、納品後に何も言われなかったので、2014と2011の間の互換性は問題なさそうです。ということで、私は2011を完全にアンインストールしちゃいました。ただ、2009のほうは互換性が未確認なので残してあります。

パフォーマンスは、32ビットXPマシン上でさえ若干速くなったように感じます(一応デュアルコアだし)。起動に時間がかかる点は変わっていませんが、起動後の動きはこれまでより軽快です。

もっといいマシンにインストールしたら、またご報告します。


ファーストインプレッション

リボンインターフェース。非表示にして画面を広く使えるというメリットはありますが、「どの機能がどこにあるのかわかりやすくなった」という感じは特にない気がします。

結局、これは以前も書いたことがありますが、カテゴリ分けというのは基準が単一ってことはなくて、どうしても恣意性が残っちゃうわけですよ。レンタルビデオ屋のジャンル分けと同じ。たとえばエディタ・ビューのとき、[詳細]タブなんて「その他」程度の意味しかないでしょう。「知らなきゃどこにあるかわからない」のはやっぱり変わらない。

これはTradosに限ったことじゃありませんが、リボンインターフェースが従来型のメニューより使いやすいとは、どうしても思えません(あくまでも個人の感想)。

というところで、気を取り直してパッケージを開いてみますが、

1312216

こういうところがちっとも直ってないんですよね。パッケージのインポートが終わったんだか終わってないんだかわからない。どうして、こういうユーザビリティにもっと気を遣わないのかなぁ。

それから、訳文側にカーソルがあるとき[F3]キーを押す(メモリー内検索)と、

1312217

このエラーが出てくるバグも残っていました。


あんまりいい話が書けなくてすいません、SDLさん。

ひとまずここまでにしましょうか。

01:35 午前 バージョン - Studio 2014 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加