« 訳文を生成できないとき | トップページ | PCスキル - 文字コードをもうちょっと意識する »

2012.12.29

Wordマクロで訳文の生成

★★
前エントリで書いたようにクリーンアップがうまくいかないときの対処法のひとつに、Wordのマクロを使うという方法があります。


その前に、念のためですが前提を確認しておきます。それは、

「訳文の生成」(クリーンアップ)には、2つの意味がある

ということです。つまり、

(ア)バイリンガルファイルを訳文のみのファイルにする

(イ)オリジナルファイルを生成する

の2つです。

前エントリと同じく作業内容の分類を考えると、

1-A. WordファイルをWord上で翻訳する場合
1-B. WordファイルをTagEditorで翻訳する場合
2-A. 他形式のファイルを変換してWord上で翻訳する場合
2-B. 他形式のファイルをTagEditorで翻訳する場合

があるわけですが、

1-A. の場合は、(ア)=(イ)ということになります。

※バックアップを生成するように設定しておかないと危険です。

1-B. の場合、イコールではありませんが、(ア)と同時に(イ)も実行されます。つまり、ttxファイル(バイリンガル)をクーンアップすると、ttxはそのままで、元のWordファイル形式で訳文のみのファイルが生成されます。

2-A. の場合は、(ア)で訳文のみのWordファイルが生成されるだけで、(イ)は得られません。中間処理が必要になります。

2-B. は1-B. と基本的に同じです。

Wordのマクロで対処できるのは、1-A. の場合と、せいぜい1-B. の場合だけです。

マクロの操作は、Word 2003までと、Word 2007以降で違います。

【Word 2003の場合】

[ツール]→[マクロ]→[マクロ]を選択して、[マクロ]ダイアログを開きます。

1212281

tw4winClean.Mainを実行します。


【Word 2007以降の場合】

[開発]リボンで[マクロ]ボタンを押して、[マクロ]ダイアログを開きます。

同じく、tw4winClean.Mainを実行します。

[開発]リボンが表示されていない場合(たぶんデフォルトでは表示されていません)は、

[ファイル]→[オプション]→[リボンのユーザー設定]を開いて、[開発]を有効にする必要があります。

1212282


マクロと言っても、要するに、隠し文字を全部削除しているだけのこと、です。やろうと思えば、手作業の置換でもできるでしょう。

ただし、この場合は

原文でセンテンス間にあったスペースが、訳文だけになったときにもそのまま残ってしまう

ので、句点(。)の後の半角スペースを削除する必要があります。ご注意ください。

09:49 午後 Trados 機能 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/56419981

この記事へのトラックバック一覧です: Wordマクロで訳文の生成:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)