« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.07.13

ワードカウントは必ず自分でも実行

★★
この話はもっと早く書いておくべきでした。

(関連エントリ: Workbench の設定- [オプション]-[翻訳メモリ オプション]


Trados案件、特にマッチ率のレンジによる重み付け(=ファジーマッチの単価は完全新規の何分の一かになる)がある案件の場合、あらかじめお客さんからワードカウントが送られてきて、それが発注額になるというケースも普通です。

先方がTradosを正しく使っていれば、このワードカウントが間違っていることはそれほどありません。自分の環境で実行しても、ほぼ同じ結果が出ます(まったく同じ条件でカウントしても、たいていは誤差が出ます。その原因はよくわかりませんが、これは単価換算の幅でおおむね吸収できる程度の誤差です)。


ところが、ごくまれに、お客さんが出してくるワードカウントが間違っている場合があって、気をつけないとこちらが損をしてしまいます。


ワードカウントに影響するのは、Workbenchの[オプション]→[翻訳メモリ オプション][ペナルティ]タブの設定です。


なお、このタブの設定については、幸い日本語化されている標準添付のマニュアルに記載されています。詳細は、そのマニュアルも併せてご覧ください。

[プログラム]→[SDL International]→[SDL Trados 2007 Freelance]→[Documentation]→[Translator's Workbench User Guide]

の2-36から2-40ページです(パスはバージョンによって少し違います)。

デフォルトでは、このようなペナルティ設定になっています。

1207131


しかし、実際の現場では次の赤丸のように設定を変えていることも少なくありません。

1207132

[整合ペナルティ]は、WinAlignを使っていなければ関係ありませんし、[機械翻訳によるペナルティ]も同様です。

HTMLやXMLの場合はもともとファイル上の書式はどうでもいいので、[異なる書式によるペナルティ]も影響ありません。

お客さんとは、ワードカウントのときこのペナルティをどのように設定しているのか、まず相互に確認するようにしましょう。

タグ付きファイルにいちばん影響があるのは、[固定要素の不一致によるペナルティ]です。しかし、実際には

[原文のタグが異なるときはペナルティを課す]

というオプションもオンにしておかないと、タグの違いがマッチ率に十分反映されません。


実例で示します。

1207133
:[原文のタグが異なるときはペナルティを課す]オフのとき

1207134
:[原文のタグが異なるときはペナルティを課す]オンのとき

このオプションの違いだけで、2%の差が出ています。


実は、Trados Workbenchは、既訳と原文でタグに差があるときは原文の現状に合わせてタグを自動的に置換することになっているので、これが十全に機能するのならタグにペナルティを課さなくてもいいわけです。ところが実際には、上の例でわかるように、この機能はまともに機能しないことのほうが多い。

したがって、このペナルティの差は実質的な作業負荷に影響してくるのです。

1207135

上の行がこのペナルティをオンにした場合、下の行がオフにした場合です。特にマッチ率の高いレンジに差が出ます。


こういう細かい話、SDLさんでも説明される機会が少ないせいか、実際にTradosを使っている会社でもちゃんとわかっていない場合があるようです。送られてきたワードカウントを鵜呑みにしていると、知らないうちに損をしているかもしれません。


念のため、キットを受け取ったら自分でも必ず解析を実行するようにし、もし大きい差異があったら、きっちり確認をとるようにしましょう。

07:41 午前 Trados 機能 | | コメント (7) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加