« はじめてStudio案件がきた | トップページ | ワードカウントは必ず自分でも実行 »

2012.06.12

Studio 2009 初歩 - セグメントの操作


(タイトルには2009としてありますが、2011でもおおむね共通です)

なにしろ自分がそうなので、2007までのユーザーがStudioを初めて使うときの戸惑いを中心に書いてみることにします。

2007までは、WordとTagEditorのどちらを使う場合でも、翻訳中のセグメント = アクティブセグメントは、一目でわかりました。翻訳中のセグメントは色分け表示され、そのような状態にする操作を「セグメントを開く」と言い、元に戻す操作を「セグメントを閉じる」と言っていました。

Studioのインターフェースでは、今までのような「セグメントを開く、閉じる」操作がなくなったので、セグメントを扱うときの感覚を少しだけリセットする必要があります。


ファイルの先頭から順当に進んでいるかぎり、

カーソルのあるセグメント = アクティブセグメント

です。

1206122

このように、カーソルのあるセグメントがハイライトされてアクティブとわかります。

訳文の確定 + メモリーへの登録 + 次のセグメントへの移動

という一連の操作にショートカットが割り当てられている点も2007までと同じなので(ただし詳しくは後述)、ここまでは従来の2007ユーザーでもあまり抵抗なく進みます。

問題は、いちど訳したセグメントに戻って修正するときの操作です。


たとえば次の図では、36行目がアクティブです。

1206123

この状態で34行目に移動(カーソルを置く)しても、それだけで34行目はアクティブにならず、したがって34行目で確定登録したはずの訳文がメモリーウィンドウにも現れません。

アクティブにするには、[Alt]+[Home]を押す、あるいは何か文字を入力する必要があります。

ただし、この動作はオプションで変更できます。[ツール]→[オプション]→[エディタ]で、[暗黙行のアクティブ化を有効にする]というオプションをチェックすれば、カーソルを移動しただけで移動先のセグメントがアクティブになります。こっちのほうが使いやすいように思うのですが、どちらがデフォルトだったか、わからなくなりました。



ところで、上の太字のオプションも、例によって意味がよくわかりませんね。何か記事にしようとすると、ほぼ毎回インターフェース訳の不備が見つかるというのも、ほとんどお約束になってきました。英語版では、

Enable implicit row activation

です。implicitの掛かり方を間違えたことがわかりますが、「暗黙行」とか訳した人は、いったい何をイメージしてたのでしょうか......

セグメントの翻訳が済んで「確定+登録+次へ進む」ときも、ちょっと注意が必要です。

訳文の確定 + メモリーへの登録 + 次のセグメントへの移動

には2つのショートカットがありますが、「次」が何かに大きな違いがあります。

[Alt]+[+] …… 次の未確定セグメントに進む

[Ctrl]+[Alt]+[Enter]……次のセグメントに進む

つまり、これも冒頭から順当に進んでいる場合には特に差がないのですが、いったん終わったセグメントに遡って修正・確定するときは、動作がまったく違ってくることになります。

たとえば100行目まで進んだところで、ある訳語を検索して修正しなければならなくなったとします。該当する訳語が20行目と30行目にあるとしたら、20行目を修正・確定するときは、[Ctrl]+[Alt]+[Enter]とすれば次の21行目に進みますが、[Alt]+[+]とすると101行目まですっ飛んでしまうわけです。

2007まででショートカットを多用してきたユーザーであれば、

2007の[Alt]+[+] = Studioの[Ctrl]+[Alt]+[Enter]
2007の[Alt]+[*] = Studioの[Alt]+[+]

という対応になっていることにお気づきかもしれません(2007式にカスタマイズすることもできます)。

この違いにさえ慣れれば、Studioインターフェース上でも、入力自体は比較的スムーズに進むでしょう。

ところで、上の説明で私はショートカットを[Alt]+[+]と書いていますが、製品上では

[Alt]+[Add]

と書かれています。これ、明らかにローカライズの手抜きですよ。


03:15 午前 バージョン - Studio 2009 , バージョン - Studio 2011 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/54939551

この記事へのトラックバック一覧です: Studio 2009 初歩 - セグメントの操作:

コメント

>> [Alt]+[+] …… 次の未確定セグメントに進む
このショートカットは私の環境では[Ctrl] + [Enter]と出ています。
Freelance版のSP3(ビルド番号9.1.2307.8)です。
Professional版のSP3でも[Ctrl] + [Enter]だったと思います。
バージョンが違うんでしょうか?

投稿: Banks | 2012/06/12 6:09:30

Banksさん

私、ショートカットをけっこうカスタマイズしちゃうんで、2009環境についてはちょっと自信がありません(ビルドは同じです)。が、特にいじっていない2011を見ても、やはり

[Alt]+[+] …… 次の未確定セグメントに進む
[Ctrl]+[Alt]+[Enter]……次のセグメントに進

こうなっています。

投稿: baldhatter | 2012/06/19 20:48:12

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)