« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.23

TagEditorでの最初の操作


つい最近も質問を受けたので、TagEditorで翻訳する場合の、最初の操作について説明します。TagEditorを使うという以上、言うまでもなくバージョン2007までに対応した話です。


TagEditorを使うとき、まず理解しておきたいのは、

元のファイルとは別にバイリンガルファイルが作られる

という点です。これがWordファイルで翻訳する場合の最大の違いです。

Wordファイルを翻訳する場合も、状況は2種類あります。

Wordファイル自体がターゲット
Wordファイルを直接編集し、ソース言語のWordファイル → (翻訳) → バイリンガルのWordファイル → (訳文生成) → ターゲット言語のWordファイル、というプロセスをたどります。

Wordが中間ファイルの場合
オリジナルはHTML/XML、FrameMakerファイルなどの構造化文書で、それをいったんWordファイルに変換して翻訳するケースです。オリジナルファイル → (変換処理) → ソース言語のWordファイル → (翻訳) → バイリンガルのWordファイル → (訳文生成) → ターゲット言語のWordファイル → (逆変換) → ターゲットファイル、というプロセスをたどります。


一方、TagEditorを使う場合には、種類にかかわらずオリジナルファイルはそのままで、*.ttxというバイリンガル中間ファイルが生成されます。

1. オリジナルファイル(Word、Excel、PowerPoint、HTML/XMLなど)をそのままTagEditorで開きます([ファイル]メニューから開く、ドラッグ&ドロップする、など)。

2. TagEditorの[ファイル]メニューから[別名(バイリンガル)で保存]を選択し、元のファイル名 + .ttx というファイル名で保存します。

この時点で、オリジナルファイルは更新されていません。これ以降も、上書き保存(Ctrl + S)するたびに更新されるのは *.ttx だけで、オリジナルファイルは更新されません。

3. 翻訳が終わり、Workbenchで[訳文の生成]を実行すると、その時点で初めてオリジナルファイルがターゲット言語版に更新されます

[訳部の生成]を実行するときは、オリジナルファイルが同じフォルダになければなりません。逆に言うと、同じフォルダにあるオリジナルファイルは[訳部の生成]で上書き更新されてしまうので、ソース言語版のオリジナルを確保しておきたい場合は、このフォルダとは別の場所にコピーで残しておく必要があります。

TagEditorで翻訳する場合、Word/Excel/PowerPointなどのファイルはそのまま開けますが、HTML/XMLなどの構造化文書の場合は、タグ構造が文書ごとに異なるので、タグ定義を指定する必要があります。

それが指定されているのが、*.ini という拡張子の「タグ設定」ファイルです。

*.iniファイルは自分で作ることもできますが、対象ファイルにあわせてクライアントや翻訳会社から支給されるのが普通です。

06:24 午前 Trados 機能 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.05.10

翻訳フォーラム大オフ 2012


(side Aの内容と同じです)

今年も、翻訳フォーラムの大オフが開催されます。

例年は、通称「勉強会」と大オフが別々に開催されるのですが、今年は昼間からシンポジウム形式の勉強会を開き、夕方からそのまま打ち上げになだれ込むという形になりました。


公式の告知ページはこちら。
翻訳フォーラム大オフ2012に関するお知らせ

参加ご希望の方、興味のある方は、まず告知ページをご覧ください。

日程:6/15(金)
シンポジウム:午後1:00より
打ち上げ:午後6:30より

飜訳フォーラムに登録していなくても、こちらの告知ページにある申込み方法で参加できます。

シンポジウムのテーマは、「翻訳者の頭ん中 翻訳中の思考プロセス」


そして、今回のシンポジウムは、この春号から始まった『通訳・翻訳ジャーナル』の連載「翻訳者のための作戦会議室」と連動しています。

平日ではありますが、ご都合のつく方はぜひご参加ください。

06:08 午後 その他 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加