« PCスキル - フォルダーオプション | トップページ | 翻訳依頼はPDFにする前のファイル形式でお願いします »

2012.03.25

PCスキル - Microsoft Officeのおせっかい設定


Microsoft Officeは、翻訳業界でもほぼ標準のファイル形式(少なくともそのひとつ)で、Word、Excel、PowerPointは、好むこと好まざるとにかかわらず、避けて通ることのできないアプリケーションです。

特にWordとExcelでは、翻訳作業では邪魔になる初期設定があるので、インストールしたらまず、この"おせっかい"設定をオフにすべきです。

翻訳者のためのPCスキル講座、第2回として、Wordのおせっかい設定について説明しようと思います(Excelでもだいたい同じです)。

実は私の環境でも長い間、Officeは2003(まで)しかインストールしていなかったのですが、ちょうど新しいWindows 7マシンにOffice 2010もインストールしたところなので、そちらも併せて紹介します。


Word 2003の場合(それ以前でもほぼ同じ):
[ツール]→[オプション]
[ツール]→[オートコレクトのオプション]

Word 2010の場合(2007でもたぶん同じ):
[ファイル]→[オプション]
[ファイル]→[オプション]→[文章校正]→[オートコレクトのオプション]

Word 2003:
[ツール]→[オプション]→[編集と日本語入力]タブを選択します。

1203251

まず、[文字列の選択時に単語単位で選択する]は必ずオフに。デフォルトだとこれがオンで、任意の文字列を選択しようとしても単語単位になってしまいます。[段落の選択範囲を自動的に調整する]もオフがお奨め。[[貼り付けオプション]ボタンを表示する]も、ふつうは使わない機能なのでオフがいいでしょう。


Word 2003:
[ツール]→[オートコレクトのオプション]を選択します。

[オートコレクト]タブ
[入力オートフォーマット]タブ
[一括オートフォーマット]タブ

のオプションはすべてオフにします。

Office 2007以降では、例のリボンインターフェースがちょっとうざったいですが、このオプション変更については特に不自由ありません。

Word 2010:
[ファイル]→[オプション]→[詳細設定]を選択します。

おもしろいことに、Word 2003まではデフォルトでオンになっていた[文字列の選択時に単語単位で選択する]オプションが、Word 2010ではデフォルトでオフになりました。Microsoftさんのほうでも、つまりそういう認識に変わったということなのでしょう。

[段落の選択範囲を自動的に調整する]は、あいかわらずデフォルトでオンになっています。

切り取り、コピー、貼り付けについては、細かいオプション設定が増えましたね。これは、私も設定をいじってみてないので何とも言えませんが、有効に使えるかもしれません。


Word 2010:
[オートコレクトのオプション]は、[ファイル]→[オプション]→[文章校正]に移動しました。

1203254_2

これを開くと、設定項目は2003までとだいたい変わりません。

1203255

[オートコレクト]タブ
[数式オートコレクト]タブ
[入力オートフォーマット]タブ
[オートフォーマット]タブ

のオプションをすべてオフに。

ちなみに、Office 2010はまだあまり使っていないので、リボンがどのくらい不自由か、それをどう回避するかは、まだ模索していません。機会があればまたエントリにします。

08:00 午後 翻訳者のPCスキル |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/54307138

この記事へのトラックバック一覧です: PCスキル - Microsoft Officeのおせっかい設定:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)