« Workbench の設定 - [設定]-[置換] | トップページ | SDL Trados Studio 2011 - SP1 公開されたけど...... »

2012.02.15

doc/docx ファイルを TagEidor で開くということ


かつては、Microsoft Word が Trados 環境の標準インターフェースでしたが、ある時期から(TagEditor が使い物になるようになってから) Word ファイルでも TagEditor が標準あるいは推奨のインターフェースということになりました。

以前から Trados 翻訳の社内フローが確立している翻訳会社であれば、今でも

- オリジナルが Word ファイルの場合は Word を使う(doc、rtf)
- HTML や XML の場合は TagEditor を使う(ttx)

というところも多いのですが、会社によっては、Word ファイルでも TagEditor を使うようにということで ttx を支給してくるところがあります。

でも、ですねー。こんなファイル、作業する気になります?

1202151_2

Word ファイルを ttx として開くと、内部的に指定されているフォント情報がこんな風にすべてタグになって表に出てくるわけですね。で、このタグの作りというのが実に

くっだらねー

わけです。ファイルの別のところでスタイルとしてまとめて指定すりゃいいものを、書式が変わるたびに同じタグを何度も何度も繰り返していて、その頭の悪さにめまいがします。

こういうときは、TagEditor 上でタグ表示の切り替え機能を使うと、だいぶ見やすくなります。

120215te1
これがフル表示。

120215te2
これが簡易表示。

1202152

でも、これだとどれがイタリック指定でどれがボールド指定かわかりませんからね。タグを正確に扱うには不向きです。

こんな環境で翻訳するって、SDL さんは本気で推奨してるんですかね。これでやれって強制されたら、さすがの私でも光速で断りますよ。

もっとも、最近の SDL さんの推奨はこれではなく Studio ですけどね。

ちなみに、私が最近いつもやっているように、ttx の中身をそのまま Word にコピーしても、やはりこんな風になります。

1202153

でも、私の Word 環境には

選択範囲のタグを一括削除する

というマクロが用意してあるので、鬱陶しいタグを瞬殺して

1202154

こうやってから心置きなく編集し、改めてタグを追加します。

でも、こんな苦労をしなきゃいけないのは、わざわざ ttx 形式でファイルが支給されたからで、Word ファイルを最初から Word として開けば、こんな苦労はしなくて済むわけですよね。

1202155

こうやって、Word 上の書式としてふつうに再現されるのを訳文でも反映すればいい。

※ただしこの場合、セグメントを閉じるとフォント情報が維持されないとか、そういうトラブルもあったりしますが。

それからもうひとつ、Word 上のフォント書式をタグとして扱うと、

1202156

こんな風に、日本語で指定されているフォント情報が Trados の TM 内では文字化けしてしまい、マッチ率に微妙に影響するという素敵なおまけもあります。

03:44 午後 Trados 雑記 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/53990288

この記事へのトラックバック一覧です: doc/docx ファイルを TagEidor で開くということ:

コメント

OmegaTを使っていますが、docxの不要なtagを一括削除する方法がないかとさまよいこのページに辿り着きました。この記事中に書いてある不要なタグを一括削除するマクロの作り方についてご教示頂ければ幸いです。

投稿: Dreamer | 2015/05/10 0:43:32

Dreamerさん、コメントありがとうございます。
いろいろ忙しくしていたため返信が遅くなりました。

やってることは簡単で、
・範囲選択する(訳文フィールドのすべて)
・タグを検索する \<*\>
・空文字列で置換する
というだけです。

こんな感じ

Selection.Find.ClearFormatting
Selection.Find.Replacement.ClearFormatting
With Selection.Find
.Text = "\<*\>"
.Replacement.Text = ""
.Forward = True
.Wrap = wdFindStop
.Format = False
.MatchCase = False
.MatchWholeWord = False
.MatchByte = False
.MatchAllWordForms = False
.MatchSoundsLike = False
.MatchFuzzy = False
.MatchWildcards = True
End With
Selection.Find.Execute Replace:=wdReplaceAll


投稿: baldhatter | 2015/06/12 7:03:58

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)