« SDL Trados Studio 2011発表セミナー | トップページ | MultiTerm アーキテクチャの考察 --- なんだろね、この無意味なデータサイズは »

2011.09.09

用語認識バッチ、公式にも発表

★★
しばらく前にご紹介した、「Studio 2009 で用語認識が機能しないとき」のバッチファイルの存在が、日本語ブログでも公式に告知されました。

リンク: [サポート便り]用語認識しない、赤い線が表示されない場合の対応方法 - SDL Japan

原因を次のように説明しています。

Studioを起動する前に、Trados 2007を起動していた場合に起きることがあります。
それは、用語認識の連携がSDL MultiTerm 2009 –SDL Trados 2007 Workbench の状態になり、SDL MultiTerm 2009-SDL Trados 2009 Studioの連携が切れてしまうからです。

ここの記事では、LaunchStudio.bat というファイル名になっています(以前ご紹介したときのファイル名は Multiterm Activator for SDL Trados Studio 2009 SP2.bat)が、中身を比較したら、思った通りまったく一緒でした。

02:02 午前 Trados 機能, バージョン - Studio 2009 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/52682384

この記事へのトラックバック一覧です: 用語認識バッチ、公式にも発表:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)