« 「フィールド情報」について | トップページ | SDL Trados Studio 2011発表セミナー »

2011.08.27

Idiom プロジェクトファイルの中身を参照する


Idiom Desktop Workbench は、私の知る限り最悪の翻訳環境です。インターフェースの操作性も劣悪ですが、それ以上にメモリーや用語の参照性、再利用効率が悪いという、アーキテクチャとして致命的な欠陥を持っています。

それでも、今でもときどき亡霊のように、これを使う案件が飛び込んできたりするので、自分用のメモも兼ねて、せめてもの Tips を紹介しておきます。

Idiom 環境のプロジェクトは、*.xlz または *.wpz(サブプロジェクト)という拡張子のファイルで、この中に翻訳対象もメモリーも用語集も含まれています。どちの形式も、実は圧縮ファイルなので、

拡張子を zip に変えて解凍

すれば、中身を直接参照することができます(XML ファイルです)。

Idiom では、Trados などのコンコーダンス検索(に当たる機能)を実行しても必要な情報を得られることはほとんどありませんが、この方法でプロジェクトファイルを直接参照すると、既訳などの情報を拾えることがけっこうあります。XML ファイルの構造をもう少し解析すれば、その情報のあり方まで判ると思うのですが、そこまで付き合う気はないので、話はこんだけなのですけど。

03:48 午前 関連ツール |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/52576166

この記事へのトラックバック一覧です: Idiom プロジェクトファイルの中身を参照する:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)