« SDL OpenExchange のアプリケーション | トップページ | SDL Trados Studio 2011 登場間近の模様 »

2011.06.25

ttx 指定でも Word で作業

★★
こんなことに今まで気づかなかったなんて、不覚でした。

今までは、ttx ファイルを支給されたら、素直に TagEditor を使っていたのですが、最近 TagEditor でたびたび入力不可の症状が現れるようになり --- ちょっとずつ頻度が上がってる感じです ---、ふと思いついて、TagEditor の中身をぜんぶ Word に貼ってみました。TagEditor 上で全コピーして Word に貼り付けるだけです。

あら、あっさり解決。

もちろん、いつまでも Word に縛られているのも不本意なのですが、TagEditor の使いにくさに比べればずっとマシです。しかも、自作のマクロもいろいろと組み込んであるので、作業効率もかなり違います。

もちろん、納品する ttx ファイルは作らなきゃいけませんが、Word で作業が終われば、ttx はバッチ翻訳で作ればまったく問題なし。TagEditor で作業したのとまったく同じ ttx が出来上がります。

タグを含むファイルでも、外部タグ/内部タグがちゃんと区別され、Word 上で正しい書式(スタイル)が引き継がれました。

ただし、一見して正しいスタイルのようでも、セグメントを開閉するとタグのスタイルが変わってしまう --- スタイルとしては TW4WinInternal と書いてあっても、なぜか見かけが黒い、とか --- ことがありました。これはおそらく、貼り付ける前の Word の初期ファイルに Trados 専用のスタイルがなかったためです。

そういうときのために、私は外部タグ/内部タグのスタイルを持ったテンプレートファイルを用意してあります。

110625_tra_1

文字列は別に何でもかまいません。

TagEditor で全コピーした内容をこのファイルに貼り付ければ、外部タグ/内部タグのスタイルが正しく設定されます。

11:49 午前 Trados Tips |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/52036980

この記事へのトラックバック一覧です: ttx 指定でも Word で作業:

コメント

はじめまして、いつも参考にさせていただいており大変感謝しております。

今日、TagEditorが頻繁に異常終了するようになり困っていたところ、この方法でなんとか作業できるようになり、感激しております。

大変恐縮ですが、「外部タグ/内部タグのスタイルを持ったテンプレートファイル」の作成方法についてもう少し説明いただければとても嬉しいです。厚かましいお願いで申し訳ありません。
(TagEditorは、XP SP2→SP3および2007→2007Suiteへのアップグレードなどを、全て納品後に試そうと思っています。他にもすべきことをご存知でしたらご教授いただければ幸いです。)

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: mako | 2011/07/07 15:49:37

mako さん、コメントありがとうございます。少しでもお役に立てたのであれば何よりです。実はウチの TagEditor も、ときどきではなくまったく日本語入力がきかない状態になっています。

> 「外部タグ/内部タグのスタイルを持ったテンプレートファイル」の作成方法

あ、別に特に変わったことをしているわけではありません。Word の書式スタイルは(特別に設定しない限り)ファイルごとに保持されるので、新規ファイルを作成するのではなく、以下のようにするのが簡単です。

1. すでに内部タグと外部タグのある Trados 翻訳ファイルを開く。

2. 外部タグと内部タグを1つずつ残して、あとの内容を削除する(残す内容は別になんでも OK)。

3. ただの *.rtf ファイルとして保存する、もしくはテンプレートファイル(*.dot)として保存する。

4. *.rtf ファイルで保存した場合は、開くたびに上書きすることになります。*.dot ファイルなら、開くたびに「新規ファイル」になります。

XP SP2 → SP3 のアップグレードは急いだほうがいいですね。セキュリティ上。2007 → 2007Suite については特に必要な注意点はなかったと思います。

投稿: baldhatter | 2011/07/09 9:01:54

baldhatterさん、初歩的なことにもかかわらず丁寧にご説明いただき、ありがとうございました。感謝いたします。

「JVMが作成できない」エラーも出ていたので、Proz.comで紹介されていた「tempフォルダ内のファイルを削除する」を実行したところ、 TagEditor がなんとか動くようになりました。しかし、またすぐにおかしくなりそうなので、word 上での作業に慣れておこうと思っています。

http://jpn.proz.com/forum/sdl_trados_support/48982-failed_to_create_java_virtual_machine-page2.html#1617257

SP3へのアップグレードも早急にいたします。
本当にありがとうございました。

投稿: mako | 2011/07/09 15:21:10

Proz にはけっこういろいろと情報がありますね。

そうこうしているうちに、Studio 2011 が発表されてしまいました。

投稿: baldhatter | 2011/07/19 21:29:32

いつも参考にさせていただいています。
Wordで翻訳納品したのに .ttx を出せと言われて困っています。
TagEditor で開こうとすると、「saved as a bilingual document in word だからだめ」と開けません。
Prozで探しまくって、すべてを試しましたがだめでした。

「、ttx はバッチ翻訳で作ればまったく問題なし」

という部分を、もう少し教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: Masae | 2013/06/15 17:39:10

Masaeさん、コメントありがとうございます。


> TagEditor で開こうとすると、「saved as a bilingual document in word だからだめ」と

それって、もしかしたら翻訳が済んだバイリンガル状態のWordファイルを開こうとしていませんか? それはできません。

> ttx はバッチ翻訳で作ればまったく問題なし

いったんWord上で翻訳した後(=メモリーはできている)で、ttxを作るときには、

★初期状態(=原文のみ)のWordファイルをTagEditorで開い

てください。開けたら[登録して閉じる/次の不完全一致を開いて取得]ボタンを使えば、最後まで一気に翻訳されます(Word上の書式情報やタグによっては、いちいち止まってしまうこともあります)。

あるいは、

★初期状態(=原文のみ)のWordファイルを[ツール]→[翻訳]で翻訳

します。

これでいかがでしょうか?

投稿: baldhatter | 2013/06/16 9:30:37

baldhatterさん、早速のお返事をありがとうございました!

何をすべきかがわかって、とても助かりました。
今日中に ttx を作らなければならないので、本当に感謝です。

メモリはあるので、早速、バッチ翻訳([登録して閉じる/次の不完全...]を使って作業を始めました。

文節ごとに毎回止まってしまいますが、
続けていけば最後にたどりつけるのは安心です。

ただ、すぐに問題にぶつかってしまいました。
あと3点ご教示いただけませんでしょうか?

(トレーニング以外で TagEditorを使うのは実は今回がはじめてです。)


「少なくとも1つのタグが訳文から削除されています。このまま続けますか?」
がよく出てきます。

1. Wordで翻訳中に、原文のWord上では改行がしていないのですが、
変にセグメントが切れていた箇所がありました。

例: AA (ie: XX), or BB.

(ie: XX), の後でセグメントが分かれていたので、文節の結合をしました。

こういう箇所では、
上記のメッセージを無視していいでしょうか?
そもそも、結合をやるべきではなかった?

2. どのタグが抜けているのかは、どうしたら確認できますか?

例:
Note: ---原文 (はタグです)
注記   ---訳文
    
こんな所でタグを変更した覚えはないので、不安です。
の終了タグが次の文の終わりにあるのが理由なのかしら、と思いますが、 それが確認できれば、気にしなくていいものですか?

3. 原文に対する訳文がないとき

上記の 1 にも似ていますが、
1つの文が2つのセグメントに切れていたため、Word で前のセグメントだけに訳文を入れました。
後半のセグメントには訳文がありません。
TagEditor では、 Word Trados のように「閉じる」がないので、先に進めません。
どう処理すればよろしいのでしょうか?

(だんだん恐ろしくなってきました(汗))

お忙しいところ、初心者の質問で恐縮ですが、どうぞご教示ください。

投稿: Masae | 2013/06/16 12:29:56

> 「少なくとも1つのタグが訳文から削除されています。このまま続けますか?」
> (ie: XX), の後でセグメントが分かれていたので、文節の結合をしました。

セグメントの結合とタグの不整合は本来関係ないのですが、結合したことによって、原文中のタグが変わっていませんか。そのタグを訳文にも反映する必要があります。


> どのタグが抜けているのかは、どうしたら確認できますか?
> こんな所でタグを変更した覚えはないので、不安です。

ときどきある現象です。Word上とTagEditor上ではセグメントの切り方が少し変わってしまうことがあります。そのため、開始タグや終了タグがセグメントに入ってくるかこないか違ってしまう。
どのタグが抜けているかは目で確認するしかありません。原文に合わせてください。


> 1つの文が2つのセグメントに切れていたため、Word で前のセグメントだけに訳文を入れました。
> 後半のセグメントには訳文がありません。

空のままでセグメントは閉じられません。後半のセグメントを空にするのではなく、訳文ほ前半と後半に適当に割り振ってください(対訳として合わなくなりますが、セグメントが切れていた以上、しかたがありません)。

投稿: baldhatter | 2013/06/16 12:38:19

昨日は本当にいろいろとありがとうございました。
おかげさまでどうにかttxを納品できました。

今後に備えるために、Wordに貼り付けるテンプレートを作りました。
しかし、Wordファイルを新規作成する際に、マイテンプレート(ユーザー作成テンプレート)がどこにも表示されません。

どこ行っちゃったの?と
いろいろ調べてみたら、次の作業が必要でした。
私なりに苦労しましたので、ご報告します。

■Word 2007
 作成したテンプレートを「マイテンプレート」に表示させる

1. テンプレートの保存先を指定する
   Word のオプション --> 詳細設定 --> 全般 --> ファイルの場所で、
   「ユーザーテンプレート」の保存場所を指定

2. テンプレートを作成する保存する
  Wordテンプレートとして名前を付けて保存する場所に、
  上記1. で設定したフォルダを指定する

 (「名前を付けて保存」ウィンドウの、左ペイン(フォルダ表示)の1番上の「Microsoft Office Word」をクリック --> 1で設定したフォルダが表示されるので、[保存]をクリック

これで、「マイテンプレート」に表示されるようになります。

投稿: Masae | 2013/06/17 14:46:45

masaeさん、詳しい説明ありがとうございます。

そういえば、2007以降(私は2010です)で、テンプレートをこのように使ったことはまだありません。参考にさせていただきます。

投稿: baldhatter | 2013/06/21 21:48:29

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)