« Studio 2009 で「用語認識」が機能しない場合 | トップページ | 2007/2009 の同居環境でも Register バッチが必要かも »

2011.04.29

Workbench に TMX ファイルをインポートするときのエラー

★★★
諸事情により、Idiom Desktop Workbench や SDL Trados Studio 2009(あるいは、その他の翻訳支援ツール)のメモリーを SDL Trados 2007 の Workbench で使いたい場合があります。

そういうときは、業界標準の *.tmx ファイル形式でエクスポートし、Trados Workbench でインポートすることになりますが、たいていはこんなエラーに遭遇すると思います。

Tmximporterror1

この症状については Proz.com などでもすでに報告があり、解決方法も紹介されていますが、私も必要になることがあったので、ここでも紹介しておきます。

原因は、*.tmx ファイルのエンコーディングにあります。

標準の *.tmx ファイルは、冒頭の XML 宣言がこのようになっています。

Tmximporterror2

encoding="utf-8" で、ファイルももちろん UTF-8 形式で保存されています。

ところが、SDL Trados 2007 Workbench にインポートするファイルは、UTF-16 でなければならないのでした。したがって、*.tmx ファイルをまずテキストエディタで開き、1 行目を次のように書き換えます( 8→16 にするだけ)

<?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>

そのうえで、ファイル自体も UTF-16 で保存し直します。こうすれば、Trados Workbench に無事インポートできます。

ちなみに、Workbench 側から *.tmx 形式でエクスポートしたファイルには、なんと encoding 指定がありません。

Tmximporterror3

09:40 午後 Trados 機能 |

はてなブックマークに追加

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Workbench に TMX ファイルをインポートするときのエラー:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)