« 迷惑なマーカータグ | トップページ | SDL MultiTerm SP4 が公開されましたが... »

2011.03.26

Word 上のフォントの問題

★★★
Workbench + MS Word という環境で作業していると、Word 上のフォントが不ぞろいでかなり汚くなる場合があります。

110326_tra_font_1

たとえば、赤で囲んだ部分は、最初がMSゴシックで始まり(「この章は」)、その次は原文からコピーしたので Times New Roman になり(「Oracle Database」)、その後から入力した部分はMS明朝になっています。しかも途中からは、Workbench のウィンドウからコピーしたためにフォントサイズまで変わっています。青で囲んだ部分もMSゴシックとMS明朝が混在しています。

この問題、実はごく初期の頃からよく知られており、しかも 2007 に至るまでとうとう解決されないまま終わってしまいました。なぜかというと、翻訳作業に MS Word を使う場合でも、最終的なファイル形式は HTML や FrameMaker などに変換されてしまうので、Word 上のフォントは何も問題にならないからです。最終的に Word 形式(doc など)になる場合でも、たいていは DTP 工程でテンプレートを当てるので、やはりフォントは何でもいいことになります。

つまり、これから書くことはほぼ私個人の趣味的な領域であって、Trados 使用にどうしても必要という内容ではありません。

Word 上でフォントが不ぞろいになってしまうのは、「Word 上の標準スタイル」と「Workbench のフォント設定」が違っているからです。上の例でも、Word(このファイル)の標準スタイルは、

110326_tra_font_4

[書式]が[MS 明朝]ですが、Workbench の[ファイル]→[設定]→[フォント]を見ると、

110326_tra_font_5

[訳文の既定フォント]が[MS ゴシック]になっています。

Workbench と MS Word を組み合わせて使うとき、この 2 通りのフォント設定は以下のように機能します。

1. セグメントを開いて文字を入力すると Workbench の[訳文の既定フォント]が優先される。
2. 原文から文字をコピーすると、その直後からは Word 上の「標準スタイル」に切り替わる。
3. 標準スタイル割り当てのショートカット(後述)を使うと、当然「標準スタイル」に切り替わる。
4. メモリーから[取得]すると Workbench の[訳文の既定フォント]が使われる。

翻訳作業中には、当然これらの作業が入り交じるので、フォントがぐちゃぐちゃになるわけです。3. に書いた「標準スタイル割り当て」というのは、内部タグを挿入した直後に必要になります。Word 上では、タグも文字スタイルとして設定されているだけなので、

110326_tra_font_7

タグの後にそのまま入力を続けると、こんな風になってしまいます。そこで、</strong> の後でこのショートカットを使います。デフォルトでは[Ctrl]+[Space]キーです。

書式が違うだけで 100% 一致が正しく認識されないこともあり、

110326_tra_font_2

この状態で Trados メニューの[取得]を使うと、

110326_tra_font_3

こうなります(上記 4. の動作)。

最初に書いたように、ふつうはこういう操作でフォントが混在していても何も問題はないので、たいていの人はその状態で納品しているみたいですが、私はどうしてもこの混在が我慢できません。訳文を見直すときに気が散るし、そもそも

MS明朝の汚さ

に耐えられないからです(100% 表示ならあまり気にならないのですが、私はだいたいいつも 140% くらいで表示しています)。

そこで、何の役にも立たないと思いますが、フォントをそろえるための私の設定/操作を紹介しておきます。


Word の[形式を選択して貼り付け]機能をキーに割り当て

Word の通常のコピー&ペースト操作では書式情報が維持されます。原文から文字列をコピーするとき、書式情報を持たないテキストとして貼り付ければ、標準スタイルを引きずらずに済みます。Word の[編集]→[形式を選択して貼り付け]で、

110326_tra_font_6

テキストを選択すればいいのですが、もちろんこれでは手間がかかりすぎので、マクロ化してキーを割り当てています。マクロはこんな感じ。

Sub A_pasteText()
 Selection.PasteSpecial Link:=False, DataType:=wdPasteText, Placement:= _
  wdFloatOverText, DisplayAsIcon:=False
End Sub


選択した文字列にフォントを指定

選択した文字列を「すべてMSゴシック」にするとか、「すべて MS UI Gothic」にするという操作をマクロにして使います。


[Ctrl]+[Space]は使わない

翻訳の途中ではなく、最後にだけタグを挿入するようにすれば、[Ctrl]+[Space]は使わずに済みます。

どうでもいいような "ひと手間" なのですが、ひとつだけ利点があります。Workbench 標準の書式([訳文の既定フォント])だけを使うので、メモリーに不要な書式情報が増えないということです。

[訳文の既定フォント]以外を使っていないメモリー
110326_tra_font_8

フォントが混在しているメモリー
110326_tra_font_9

こように書式情報の入っているメモリーは、後々の処理でもけっこう邪魔になることを、知っている人はよく知っていると思います。

06:51 午後 Trados Tips |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/51222485

この記事へのトラックバック一覧です: Word 上のフォントの問題:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)