« Studio 2009 初歩 - タグの操作など | トップページ | 迷惑なマーカータグ »

2011.03.02

Studio 2009 - 日本語版クイックスタートガイドがあった


SDL Trados Studio 2009 をお持ちの方はご確認ください。プログラムグループから

[SDL]→[SDL Trados Studio 2009]→[Documentation]→[Quick Start Guides]

を選択して表示されるガイドって、英語版ですよね? 私の環境は SP3 ですが、それでも英語版のままです。

今までも何回か触れたように、SDL さんのドキュメントは十分に日本語化されたためしがないので確認すらしてなかったのですが、ひょんなことで、このクイックスタートガイドなどが

実は日本語化されていた

ことがわかりました。SDL さんって、どうしてこう、

ユーザー対応が下手

なんでしょうね。ドキュメントの翻訳だけでなくサイトの作りも今みっつくらいだし。そういう点で損してる部分はかなり大きいはずです。

"sdl trados studio 2009" "クイックスタートガイド"

でググってみると、「SDL Trados Studio 2009へのアップグレードサポート」というページが 2 つヒットします(2011/3/2 午前 8:30 時点)。

http://www.translationzone.com/jp/landing/sdl-trados-studio-2009-upgrade.asp
http://www.sdl.com/jp/language-technology/landing-pages/stt/sdl-trados-studio-2009-upgrade.asp

ただし、このページには各種ドキュメントへのリンクがありますが、いずれも英語版、もしくはリンク切れです。上に挙げた URL の 1 つ目など、SP2 公開時のままです。やはりサイトの管理もダメダメのようです。

そこで思い出したのが、SDL から送られてくるメール。ただし、一般の営業メールではなく、登録ユーザーに送られてくるアップデート情報などのサポートメールです。探してみたら、2010/11/15 付で「SDL Trados Studio 2009 SP3 についてのお知らせ」というメールがあり、その中でクイックスタートガイドが日本語化されたと書いてありました。

110302

メール中のリンク先ページは、さっきググって見つけたページとほぼ同じですが、内容が更新されています。

リンク: SDL Trados Studio 2009へのアップグレードサポート

このページに、3 冊のクイックスタートガイドへのリンクがありました。
- 翻訳メモリ管理(pdf 1278 KB)
- 翻訳とレビュー(pdf 2838.2 KB)
- プロジェクト管理(pdf 2111.1 KB)

クイックスタートガイドのほか、「インストールとライセンス登録」などにも日本語ドキュメントがあります。ただし、「アップグレードプロセス」のセクションにあるドキュメントは依然として英語版でした。

これは SDL さんに限ったことではないのですが、IT 企業でも翻訳(ローカリゼーション)会社でも、外資系は最近、日本語環境が以前ほど優遇されなくなった感じです。日本のユーザーなのか日本というマーケットそのものなのかわかりませんが、かなり軽視されています。

私がここでたびたび書いているようなことは重々承知という人も、SDL ジャパンの中にはいるはずなのですが、製品についてもユーザーサポート態勢についても、なかなか思うようにいかないようです。

とは言え、SDL さんにとって日本はそれなりのマーケットには違いないでしょうから、あまり長くこんな状況が続いたら、いつかは見放されると考えていただきたいと思います。

ちなみに、私が手元のメールに気づく前にたまたま日本語版クイックスタートガイドを見つけたのは、

trados studio sqlite

というキーワードで検索した結果からでした。SQLite で Studio 2009 のメモリーを触れないものか、とちょっと考えていたところです。

09:14 午前 Trados 全般, バージョン - Studio 2009 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/51010432

この記事へのトラックバック一覧です: Studio 2009 - 日本語版クイックスタートガイドがあった:

コメント

Madhatterさん、お久しぶりです。

Studio 2009 の日本語版クイックスタートガイドってあるんですね。良い情報をありがとうございます。後でチェックしてみます。

>いつかは見放されると

Trados 2007 が必要になって昨年(欲しくなかったのですが)Studio 2009 にアップグレードしましたが、未だにStudio指定の案件は一件もないうえ、学習曲線がフラットライナーに近い私にはとっつきづらくて使っていません。で、遂にmemoQを買ってしまいました。サポートの返事はすぐに返ってくるし、クイックスタートガイドは英語版でも23ページしかないので読みやすいし。画像がたくさん入ったマニュアルなどの作業ではmemoQ、お勧めです。

投稿: 小熊 | 2011/03/26 13:10:20

小熊さん、ほぼ 1 年ぶりですね。

> 遂にmemoQを買ってしまいました

お、そうですか。私も昨年 9 月にJAT のイベントで垣間見てから、ぜひ試してみたいと思いつつ、まだ手が回っていません。何か耳寄りの情報があったら、またぜひ。

とは言いつつ、こちらは当分、それどころではない落ち着かない日々か続きそうですが...

投稿: baldhatter | 2011/03/26 13:45:49

非常に失礼なことをしてしまいました。Baldhatterさんなのに書きまちがえてしまってごめんなさい。

投稿: 小熊 | 2011/03/26 23:56:48

小熊さん、どうぞお気になさらずに。昔はそのハンドルを使っていたので、それをご存じだったのかと思ってました^^;

投稿: baldhatter | 2011/04/14 13:44:29

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)