« Idiom についての愚痴~ツールとしての完成度の低さ | トップページ | Studio 2009 - オンラインヘルプの使い方 »

2011.01.22

Studio 2009 SP3 の累積アップデート(CU 9)


昨年末のエントリで書いたように(ライセンス - 再インストールとライセンスの返却について)、メインのデスクトップマシンに Studio 2009 をインストールしましたが、まだ一度も起動したことがありませんでした。

ちょっと用事があって先ほど初めて起動してみたら、最新の更新版が公開されているというメッセージが表示されました。メッセージのスクリーンショットは取り忘れてしまいましたが、

リンク: CU9 Released Today (5 January)

Proz のこの記事に書かれているように、Cumulative Update 9 ということです。更新を適用すると、Studio のバージョンは 9.1.22522 になります。

SP3 公開以降は、いろいろとエラーの報告があるようで、昨年の 12/10 にも修正パッチが公開されていました。今回の Cumulative Update は、今までの Cumulative Update を含んでいるということなので、12 月の修正内容も反映されているのだろうと思いますが、アップデート公開の履歴情報というものがまったく見つからないので、詳しいことは判りません。

今回の Cumulative Update で大きいのは、

[Start Java Runtime Engine when starting up SDL Trados Studio]

というオプションが追加されたこと。たしかに、更新後の Studio 2009 を起動してみたら、JRE が自動的に起動しまた。

Sp3cu91

前掲の記事によると、「Studio 2009 で用語の追加や編集が安定する」ということなので、やはり Java 関連の不具合だったみたいですね。JRE の自動起動は、オプション設定でオフにすることもできます。

12/10 の修正パッチもそうでしたが、このアップデートも[マイ アカウント]→[マイ ダウンロード]では公開されていません。Studio 2009 を起動すると適用されます。

【2011/1/22 21:49 追記】
こちらの記事について、別エントリで重要なコメントをいただきました。昨年 12 月の修正パッチを当てた結果、2007 のライセンスが消失する、ということがあったそうです。私は、つい上記のアップデートを適用してしまい、そのコメントをいただいてから慌ててライセンスを確認しましたが、無事のようでした。このエラーの再現条件は今のところ不明です。
今現在 2007 で案件が稼働している方は、2009 の CU 9 を適用するのをしばらく待ったほうがいいかもしれません。

07:43 午後 Trados 全般バージョン - Studio 2009 |

はてなブックマークに追加

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Studio 2009 SP3 の累積アップデート(CU 9):

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)