« Idiom に見るローカリゼーションツールの実例 | トップページ | Studio 2009 SP3 の累積アップデート(CU 9) »

2011.01.19

Idiom についての愚痴~ツールとしての完成度の低さ


Idiom Desktop Workbench のことを書いたので、ついでですから今まで書きたかった愚痴を書き連ねてみます。

このアプリケーション、翻訳会社にいた時代から数えるとそれなりに長い付き合いになります。最初の頃は、呆れるほどインターフェースもお粗末で、とても売り物になりそうにない状態でした(実際、今に至るまでこのクライアント自体は無償です)。ソースクライアントを通じていろいろとフィードバックを続けた結果、ようやくある程度使いものになるようになりましたが、今でもこれを使うときは非常に frustrating です。

これに比べれば、SDL Trados のほうが何倍もマシです。

最悪なのは、翻訳メモリーのルックアップをまともに使えないこと。翻訳メモリーを使うときって、定型的な表現は訳文もなるべく合わせようと思うわけですが、そのような目的でメモリー内を検索しようとしても、まずムダです。

細かい話になりますが、メモリーアーキテクチャの設計思想が Trados などとまるで違います。信じられないことですが、100% やコンテキストマッチ(前後の文脈まで含めた、100% より確実な一致部分)と同じ原文をルックアップしても、その対訳はメモリーに存在していません。どうしてかというと、既訳を埋め込むときに使うメモリーリポジトリと、プロジェクトに同梱されるメモリーが同じ内容ではないからです。既訳として使える 100% 対訳は、埋め込んだ時点で用済みと見なされ、それ以外に利用できる対訳データベースをプロジェクトに同梱する、という発想のようです。

そういうアーキテクチャの根幹部分については、そういうものと諦めれば済みますが、実際の操作時にイライラさせられるのは、インターフェースの不完全さです。

たとえば、タブキーによるフォーカス移動がおかしいので、フォーカス位置を間違えると予想もしない動作をしてくれます。カーソル移動も不自由で、[Ctrl] + [Home] で先頭に移動したくても、簡単にはいきません。

また、前回のエントリではファイル名がタグ表現されていましたが、タグの扱いも頭が悪いとしか言いようがありません。タグの表示には 2 つのモードがあって、[Display Tags] をオフにすると、こんな風に表示されます。

Idiom7

この {1501} という例でわかるように、タグはすべて、1 つのプロジェクト内で連番の変数に置き換えられています。元が同じタグであっても、場所が違えば番号が異なるので、たとえば <B> タグが複数あっても、コピーして使うとエラーになります。いったい、こういう発想はどこから生まれたのでしょうか。

一方、[Display Tags] をオンにすると、タグはいわば簡易表示されます。

Idiom8

タグの存在で作業者を煩わせない、というありがた~い配慮と推察されます。タグの完全な内容を確認したいときは、カーソルを置くとポップアップ表示されるのですが、ここにもインターフェースの不完全さがいかんなく発揮されます。

Idiom5

上図の場合、実は 17 番のセグメントがアクティブです。この状態だとカーソルが矢印になり、15 番セグメントに含まれるタグをポイントすればこのようにポップアップされます。ところが ---

Idiom6

こちらは、そのタグを含む 15 番セグメントがアクティブな場合です。カーソルがアイビームになっています。どうも、このときのホットスポットがきちんと認識されないらしく、アイビームをタグに重ねてもなかなか内容がポップアップ表示されません。

つまり、翻訳中のセグメントに含まれるタグを確認したいときに限って、なかなかポップアップされず、原典を見たほうが早いということになるわけです。

そのほかにも、

- 用語集を利用して、訳文候補で勝手な置き換えをしてくれる
- もともと 1 センテンスだった原文が分断されるケースが Trados より多い
- にもかかわらず、セグメントの縮小/拡大にはバグがあるらしく、まともに使えない
- アナライズ(に類する操作)にも不具合があって、使うことを禁止されている
- よく落ちる

などなど、素敵な機能がてんこ盛りです。

作業者にとってほとんど拷問具のようなこんなアプリケーションを利用するプラットフォームが、一時的にとは言え、なんで普及しかけたのかというのは、ローカリゼーション業界の最大のミステリーだと私は思っています。

03:09 午前 ローカリゼーション |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/50625756

この記事へのトラックバック一覧です: Idiom についての愚痴~ツールとしての完成度の低さ:

コメント

IdiomWorldServer を毎日使用していて、最近気づいたので一言。
カーソルがアイビームの時は、タグの先頭の方に合わせると、内容が表示されるようです。もちろん理由は不明ですが。

いつもとても参考にさせていただいています。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Blue Plum | 2011/01/20 17:37:26

Blue Plum さん、コメントありがとうございます。

> タグの先頭の方に合わせる

そうですね。体験的かつ感覚的はそうだと私も思います。ところが、アイビームのときだと、タグの近くにもってくとカーソル自体が消えちゃうので、ますますイライラさせられます。

投稿: baldhatter | 2011/01/20 21:20:06

初めて書き込みさせていただきます。通常は Trados 2007 ~ 2014、TW XLIFF Editor で仕事をしており、約 6 年ほどになります。今回初めて (今さらの) Idiom 案件を (うっかりよく確認しないま) 受けてしまい、何とかなるだろうとインストールから始めたものの、特にルックアップの酷さにはさすがに呆れてしまい、二度と Idiom 案件は受けまいと誓いながら、ヒーコラしています。。

投稿: TH | 2015/08/30 2:06:07

THさん、コメントありがとうございます。

> 特にルックアップの酷さにはさすがに呆れてしまい

ですよねー。こんなソフトウェアがどうして、一時期あれほど普及したのか不思議なのです。

「二度と受けない」が正解かと思います。仕事は選ばないと^^;

投稿: baldhatter | 2015/09/07 10:14:51

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)