« 自動翻訳(Beta)- SDL Trados 2007のオプション機能 | トップページ | ATOKの使いこなし - 辞書/辞典の追加 »

2010.10.16

Studio 2009 の自動翻訳 - これでいいのかな

★★
前々エントリ、前エントリと立て続けにアップしてから、もう一度 Studio 2009 の自動翻訳について調べてみました。

SDL のサイトにこんなページがあって、不出来なヘルプより、こちらのほうが役に立つようです。
リンク: ビデオチュートリアル - SDL Trados Studio 2009

前々エントリで、こう書いたばかりです。

さて、自動翻訳を実際に使ってみるには、[ファイル]→[サーバー]で機械翻訳のサーバーに接続しなければならないのですが、

だって、ヘルプにこう書いてあったんだもん。

自動翻訳を使用するには、自動翻訳サーバーを追加してから、そのサーバーに接続する必要があります。

でも、これはウソでした。日本語版ヘルプを信じた私が間違っていました。

自動翻訳のサーバーを追加するには、[プロジェクトの設定]→[翻訳メモリと自動翻訳]を使います。つまり、ローカルのメモリーやサーバー上の共有メモリーを追加するときと同じように、SDL/Google/Language Weaverのサーバーを指定できるのでした。

Tra2009101016autotransdlg4

そこで、現在選択できる 3 つの機械翻訳エンジンをさっそく試してみることにしました。

まずは、いちばん見てみたかった Language Weaver のサーバー(ただし、ダイアログのオプションから察すると正式版ではなく、SDL Trados Studio ユーザー用に用意された先行お試し版のようです)。

Tra2009101016autotransdlg5lw

ダイアログに2つの訳文候補が表示されています。マッチ率が「91%」になっているのがローカルのメモリーでヒットした既訳、「AT」となっているのが、Language Weaver のエンジンから取得された訳文です。

次は、Google 翻訳。

Tra2009101016autotransdlg5ggl

まあ、五十歩百歩といったところですね。

で、自前の SDL サーバーなんですが、こちらを指定するとプロトコルエラーとなって結果が返ってきません。原因は不明です。

【2010/11/14 追記】
その後、SDL の方にこの件を確認する機会がありました。[SDL 自動翻訳]のオプションは、日本語に対応していないそうです。そのため、私がやったこのサンプルのように「英語-日本語」を指定していると、エラーになってしまうと。

09:21 午後 Trados 機能バージョン - Studio 2009 |

はてなブックマークに追加

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Studio 2009 の自動翻訳 - これでいいのかな:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。