« Studio 2009 初歩 - 2 つの翻訳メモリーの存在 | トップページ | 「総目次」ページを作りました »

2010.09.28

License Manager で気づいたこと


最近こちらによくコメントをくださる野咲さんが、翻訳フォーラムでライセンスに関する FYI を書いてくださっていたので、私も試してみました。で、そのとき久しぶりに SDL License Manager を開いて気づきました。

Tralicense100928

赤線の項目に注目。TagEditor、Workbench、WinAlign のそれぞれ、日本語のユーザーインターフェースにもライセンスがあるってことなんでしょうか。特定言語のインターフェースにだけライセンスがあるって、ほかでは見たことないんですけど。

03:06 午後 Trados 全般 |

はてなブックマークに追加

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: License Manager で気づいたこと:

コメント

野咲です。

baldhatter さん。

あちこちで、いろいろ、お世話になっております。


|日本語のユーザーインターフェースにもライセンスがあるってことなんでしょうか。


日本語というか、「2 バイト言語にはそれぞれ」ということかもしれませんね。

License Manager にアクセスするきっかけとなった AutoSuggest 辞書ですが、
訳文が日本語など、2 バイト言語の場合、使えませんから……。

そして、

Japanese UI for AutoSuggest Dictionary

なんて作って、またご商売なさろうと……。

投稿: 野咲 aka sam | 2010/09/28 21:01:36

あら、Auto Suggest はまだ 2 バイト対応してないんですか。
ちょうど SP3 も公開されたので、とりあえずインストールしてみますね。

投稿: baldhatter | 2010/10/07 20:15:17

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)