« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.30

MultiTerm - 用語集の作成 - MultiTerm 5.5 から

★★
これまで、MultiTerm のことはほとんど書いたことがありませんでした。理由は単純、自分があまり使わないからです。クライアントから支給される用語集は、今でも Excel ファイルなどのほうが多く、MultiTerm 形式で支給されるケースは稀です(あくまでも私の場合です)。

支給ファイルから変換してわざわざ自分で MultiTerm 形式の用語集を作る必要性もさほど感じていないのですが、手順だけは紹介しておこうと思います。

バージョンは、MultiTerm 2009 を使用します。2007 でも MultiTerm 自体の見かけはほぼ同じですが、変換のプロセスが若干違います。最近であれば、Studio 2009 を購入すると 2007 も付いてきますが、MultiTerm は 2009 のライセンスになると思います。

最初は、MultiTerm 5.5 以前のファイル形式(*.mtw)から 2009 形式の用語集を作成する手順です。ちなみに、MultiTerm のデータフォーマットは、5.5 を境に大きく変わりました。

おおまかに言うと、旧ファイルから 2009 形式の用語集を作成するには、

1. MultiTerm Convert で、インポートファイル(*.xml)を作成する
2. MultiTerm で用語ベース(*.sdltb)を作成する
3. 用語ベースに *.xml ファイルをインポートする

という手順をとります。まず、この点をおさえておきましょう。手順の 2 と 3 は、別のファイル形式から作成するときでも共通です。

  1. Windows の[スタート]メニューから、[プログラム]→[SDL]→[SDL MultiTerm 2009]→[SDL MultiTerm 2009 Convert]を選択して SDL MultiTerm 2009 Convert を起動します。

  2. 初期画面の次の[変換セッション(2/7)]ダイアログはデフォルト設定で OK なので、そのまま[次へ]。

  3. [変換オプション(3/7)]ダイアログで、変換オプションとして[MultiTerm 5 形式]を選択します。[次へ]。

    Mtremconv5501


  4. [ファイルの指定(4/10)]ダイアログで、[入力ファイル]に 5.5 形式の *.mtw ファイルを指定します。他のフィールドには自動的に値が指定されますが、そのままだと *.mtw ファイルと同じ階層にファイルが作成されます。下の図では、*.mtw のあるディレクトリの下位にフォルダを作ろうとしています。

    Mtremconv5502_2


  5. [次へ]をクリックします。変換元の *.mtw にパスワードが設定されている場合には、[User ID]/[Password]を指定する必要があります。だいたい、super/super(小文字)で通ります。

    Mtremconv5504

    元ファイルが「評価」され、次のダイアログに進みます。

    Mtremconv5505


  6. [ロケールの割り当て(5/10)]ダイアログ。ソース言語とターゲット言語は「インデックスフィールド」として設定されています。[使用可能なインデックス フィールド]で「English」を選択し、右の[ロケール]フィールドから適切な言語を選択します(ここでは[English (United States)])。

    Mtremconv55061

    「Japanese」のロケールは、たぶんデフォルトで[Japanese]になっています。

    Mtremconv55062


  7. [エントリ構造をカスタマイズ]を選択していない限り、[次へ]をクリックするとサマリー画面になって、ステップはいきなり「8/10」に飛びます。サマリーを確認すると、[変換(9/10)]ダイアログに進んで変換が始まります。

    Mtremconv5507

ここまでで、SDL MultiTerm 2009 Convert による変換が終わり、インポートファイル(*.xml)が作成されます。次は、MultiTerm 本体での操作に移ります。

  1. [プログラム]→[SDL]→[SDL MultiTerm 2009]→[SDL MultiTerm 2009]で MultiTerm 2009 を起動し、[用語ベース]から[用語ベースを作成]を選択します。

  2. 用語ベースウィザードのステップ 1/5、[用語ベースの定義]で、[既存の用語ベース定義ファイルを読み込む]を選択し、[参照]をクリックしてファイルを選択します。ここで選択するのは、上記の手順で xml ファイルと同じ場所に作成される *..xdt ファイルです。

    Mtremconv5508


  3. ステップ 2/5、[用語ベース名]では、[表示名]のみ必須です。

    Mtremconv5509


  4. ステップ 3/5、[インデックス フィールド]では右側のウィンドウに「EN-US」と「JA」がもう設定されていると思います。そのまま[次へ]。

    Mtremconv5510


  5. ステップ 4/5 と 5/5 はどちらもそのままで OK(私も完全には理解していません)。ここまでで用語ベースが完成した状態になります。

    Mtremconv5513

最後は、今作った用語ベースに用語ファイル(*.xml)をインポートするステップです。

  1. MultiTerm 2009 の左ペイン下で、[カタログ]ボタンを押します(MultiTerm 2007 までは、[用語ベース]メニューにインポート機能があったかと思います)。

    Mtremconv55132


  2. 左ペイン上のツリーで[Import]を右クリックし、[実行]を選択します。

    Mtremconv5514


  3. インポートウィザードのステップ 2/8、[全般設定]で、*.xml ファイル(MultiTerm Convert で作成したファイル)を選択します。

    Mtremconv5515


  4. ステップ 3/8、[検証の設定]で、無効なエントリを記録するファイルを適当に指定します。各オプションはとあえずデフォルトのまま[次へ]。

    Mtremconv5516


  5. インポートが開始されます。このステップはちょっと時間がかかります。コーヒーでもどうぞ。

    Mtremconv5517


  6. これで用語集が完成し、MultiTerm のインターフェースで使えるようになります。

    Mtremconv5518

    「Module」や「Category」のフィールドが文字化けしているのは、変換元の *.mtw の文字コードが UTF ではなかったせいかもしれません。

作成した用語ベースを開くには、[用語ベース]→[用語ベースを開く]を選択して sdltb を選択します。

Mtremconv5519

リストの先頭にチェックボックスが付いていることで判るように、用語ベースは複数を同時に開くことが可能です。これも、5.5 までの MultiTerm と大きく違う点のひとつです。

06:38 午後 Trados 機能 | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

Word ファイルのプロパティにも注意


別のことを書こうとしていたのですが、その過程で Word ファイルの[プロパティ]が厄介であることに、今さらですが気づきました。以下、Office 2003 を前提にした話ですので、最近のバージョンでどうなっているかはわかりません。

Tips - パス名にもご注意」や、「メモリーに残される情報 - Studio 2009」に書いたように、ファイルにはいろいろな情報が残るものですが、それは Word や Excel などの Office ファイルでも同様です。

そのような情報が書き込まれないように設定するオプションは、いちおう用意されています。Word / Excel で、[ツール]→[オプション]→[セキュリティ]タブを開くと、[保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する]というチェック・ボックスがあります。このオプションのことは、わりとよく知られているので、チェックを外しておくよう推奨しているページもよく見かけます。

100930_word_2

ところが、[ファイル]→[プロパティ]で表示される情報のうち、[タイトル]や[テンプレート]に設定される情報はこのオプションの対象外だったようです。

100930_word_1

たとえば、、会社名などの入ったテンプレートファイル(.dot)をベースにして文書を作成すると、[タイトル]フィールドにも、いちばん下の[テンプレート]にも、その .dot のファイル名が残ってしまうようです。

[タイトル]のほうはこの[プロパティ]画面で削除して文書を上書き保存すれば消えてくれます。やっかいなのは、[テンプレート]という情報。この画面では編集できないようになっています。

どうするかというと、Word の[ツール]→[テンプレートとアドイン]を操作するのですが、ここからはちょっと話がややこしくなります。また、以下の内容はあくまでも私が試した操作の結果であり、正式な手順かどうか裏はとっていませんのであしからず。

100930_word_3

上に書いたように、テンプレートファイルをベースにして文書を作成した場合には、このダイアログの[文書の作成に使用するテンプレート]というフィールドに、そのテンプレートファイルの名前が入っています。これを変えればいいと想像はつくのですが、テンプレートを変えれば当然、文書内のスタイルなども変わってしまいます。それを回避するには、[文書のスタイルを自動的に更新する]のチェックボックスをオフにします。こうすれば、テンプレートを変えても今の文書のスタイルは維持される......はずなのですが。

使用したテンプレートファイルが同じマシン上に存在しない場合には、この方法で OK でした。上のダイアログの[添付...]ボタンをクリックして、たとえば Normal.dot などを選択し、[文書のスタイルを自動的に更新する]のチェックを外して保存すれば、文書のスタイルも維持され、[プロパティ]のテンプレート情報も更新されました。

ところが、使用したテンプレートファイルが同じマシン上に存在すると、[文書のスタイルを自動的に更新する]のチェックを外していても、このダイアログを閉じるだけでスタイルが変わってしまいます。どういう理屈でそうなるのか、まったく不明。

この場合どうするかというと、作成時に使ったテンプレートファイルを別の名前でコピーし、[添付...]でそのコピーを指定するしかありません。これなら、名前は変わってもテンプレートとしての情報が同じだから文書のスタイルが維持されるということです。

いつもながらではありますが、Office の摩訶不思議な仕様のおかげで、今日は半分もつぶれてしまいましたとさ。

03:00 午後 関連ツール | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.09.28

「総目次」ページを作りました

ブログという性質上、これまでは私の思いつくままエントリを書き連ねてきただけで、体系的に提示することはできませんでしたが、このたび、過去のエントリを内容別に並べたメニューのページを作りました。

味も素っ気もない HTML ページですが、とりあえず機能すると思います。

左カラムの「side TRADOS 総目次」からどうぞ。

08:21 午後 Trados 全般 | | コメント (1) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

License Manager で気づいたこと


最近こちらによくコメントをくださる野咲さんが、翻訳フォーラムでライセンスに関する FYI を書いてくださっていたので、私も試してみました。で、そのとき久しぶりに SDL License Manager を開いて気づきました。

Tralicense100928

赤線の項目に注目。TagEditor、Workbench、WinAlign のそれぞれ、日本語のユーザーインターフェースにもライセンスがあるってことなんでしょうか。特定言語のインターフェースにだけライセンスがあるって、ほかでは見たことないんですけど。

03:06 午後 Trados 全般 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.09.23

Studio 2009 初歩 - 2 つの翻訳メモリーの存在

★★
今回、こちらにまとめて記事を書こうと思い立ったそもそもの理由は、Studio 2009 における翻訳メモリーのあり方を、自分も初めて知ったからでした。しかも、そのことが書かれているまとまったドキュメントは --- 例によって --- 見つからず、ヘルプからいくつかの情報をつなぎ合わせて、ようやく理解できたので、これは書いておかねば、と思った次第です。

私が遭遇した ??? な状況から説明します。前回開いた「FHONYAKU-Sample-100923」プロジェクトの、2days-chap2-en.htm.xliff ファイルを開いて、新しい訳文を登録してみました。

Tra2009100923editorview4

この原文-訳文ペアがメモリーに登録されたことを確認するために、メモリー内検索(コンコーダンス検索)を実行してみると、ちゃんと表示されます(コンコーダンス検索は、2007 までより良くなっています)。

Tra2009100923concordance

ところが、[翻訳メモリ]ビューで開いたメモリーでは、いくら検索してもこのペアが出てこなかったのです。

Tra2009100923memviewsearch1

トリックは、2 つのメモリーの存在にありました。ヘルプで探したところ、「メインの翻訳メモリー」「プロジェクト用翻訳メモリー」という区別がありました。

メインの翻訳メモリーとは、プロジェクトを作成するときに追加した、オリジナルのメモリーファイルのこと。

プロジェクト用翻訳メモリーとは、プロジェクトを作成して、プロジェクトディレクトリ(My Document ...以下)にコピーされたメモリーファイルのこと。

なんだそうです。

つまり、前々エントリ(Studio 2009 初歩 - プロジェクトファイルの物理的な配置)でも書いたように、作業の進行中オリジナルのファイルはいっさい(翻訳対象ファイルもメモリーも)更新されず、プロジェクト用ファイルだけが更新されていく、その仕組みの一環なわけでした。

で、私が「いくら検索しても出てこない」と思っていたのは、[翻訳メモリ]ビューで開いていたメモリーが、このプロジェクト用翻訳メモリーではなく、オリジナルのほうだったからです。

たしかに、オリジナルのメモリーファイルは、タイムスタンプも更新されていません。

Tra2009100923exp1

というわけで、[エディタ]ビューで次々と翻訳ペアを確定していくときに更新されるのは、My Document 以下にあるプロジェクト用翻訳メモリーだったという結論。

オリジナルのメモリー、つまりヘルプで言うところの「メインの翻訳メモリー」を更新するコマンドは、別にちゃんと用意されています。[ファイル]→[一括タスク]→[メインの翻訳メモリの更新]です。

ここまで理解するのに、半日くらいかかりました。

有料の講習会では、こういうところもキチンと教えてくれるのでしょうか。

03:47 午後 バージョン - Studio 2009 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

Studio 2009 初歩 - 各ビューのはたらき

★★
Studio 2009 の画面左側、ナビゲーションバーに並んでいる

[ホーム]
[プロジェクト]
[ファイル]
[レポート]
[エディタ]
[翻訳メモリ]

の構成と動作は、ちょっとトリッキーでした。知らないでいると頭ん中が ??? となります。

[ホーム]と[レポート]は見れば判るので、その他のビューについて説明します。

[プロジェクト]ビュー

[プロジェクト]ビューには、複数のプロジェクトが並ぶこともあります。

ただしアクティブにできるプロジェクトは 1 つだけ。ダブルクリックすると、アクティブなプロジェクトがボールドで表示されます()

Tra2009100923createproj12

この例では「FHONYAKU-Sample-100923」がアクティブになっています。

不要なプロジェクトは右クリックして削除できますが、[リストから削除]というコマンド名が示すとおり、この表示リストから消えるだけで、物理ファイルが削除されるわけではありません。


[ファイル]ビュー

アクティブなプロジェクトに属するファイルが表示されます。上の例では FHONYAKU プロジェクトをアクティブにしたので、

Tra2009100923fileview1

このようなファイルが表示されています。「Security-Sample-100923」プロジェクトをアクティブにすると、[ファイル]ビューはこうなります。

Tra2009100923fileview2

[プロジェクト]ビューと[ファイル]ビューがこのように関連付けられているのは納得できます。[ファイル]ビューで翻訳対象をダブルクリックすると、[エディタ]ビューで開かれます。


[エディタ]ビュー

これが、翻訳の実作業でメインとなるビューです(実際の操作については、またそのうち)。

Tra2009100923editorview2

さて、[エディタ]ビューの左に並んでいるファイル名にご注目ください。ここ、私がどうも納得いかない点です。

前述したように、[プロジェクト]ビューで指定したアクティブプロジェクトと[ファイル]ビューに表示されるファイルは連動しているのですが、[エディタ]ビューには、プロジェクトの区別なく複数のファイルが並ぶようなのです。もちろん、それぞれのファイルを選択すれば、関連付けられているプロジェクトやメモリーが適切に選択されるのですが、この表示のしかたはどうにも解せません。


[翻訳メモリー]ビュー
もっと不思議なのは、[翻訳メモリー]ビューの挙動です。

プロジェクトの作成からの流れでいけば、[翻訳メモリー]ビューには当然、各プロジェクトで指定したメモリーが現れると思いますよね。ところがさにあらず。プロジェクト作成の直後、このビューは

Tra2009100923memview1

空っぽで、明示的にメモリーを追加する(開く)必要があるんでした。

Tra2009100923memviewopenmem_2

しかも、このとき開くメモリーについても、注意が必要です。

稿を改めます。

03:09 午後 バージョン - Studio 2009 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

Studio 2009 初歩 - プロジェクトファイルの物理的な配置

★★
プロジェクトが完成したところで確認しておいたほうがいい点があります。それは、プロジェクトで使う各ファイルが実際にはどこに配置されているのか、ということ。

翻訳支援ツールに限らず、アプリケーションを使うときって、こういうアーキテクチャ的なポイントは必ず抑えておきたいものですよね。でないと、思わぬ落とし穴にはまったりします。

デフォルトでは、プロジェクトファイルは以下のディレクトリに配置されます。

C:\Documents and Settings\<ログインユーザー>\My Documents\SDL Trados Studio\Projects\<プロジェクト名>

<プロジェクト名>は、ウィザードでプロジェクト名として指定したそのままです。したがって、Windows ファイルシステムで禁止されている文字( ? / . など)は使えない)は、プロジェクト名にも使えないことになっています。

この直下に *..sdlproj という拡張子の XML ファイルがあって、プロジェクト設定の情報が記録されています。

このディレクトリに、だいたい以下のフォルダがあります。

en-US フォルダ…… 原文ファイルと、それから生成した *.xliff ファイル
ja-JP フォルダ …… 訳文ファイルの *.xliff ファイル
TM フォルダ …… サブフォルダに、TM(*.sdltm)

エクスプローラで開くとこんな感じです。

Tra2009100923exp2

そして重要なことは、これから翻訳作業を進めていくと、プロジェクト作成のときに選択したオリジナルのファイルではなく、

プロジェクトディレクトリの中のファイルが更新される

ということです。この点を間違えると、オリジナルのほうが作業ファイルもメモリーも更新されていない、と悩むことになります。

もちろん、悩んだのは私です。

02:14 午後 バージョン - Studio 2009 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

Studio 2009 初歩 - 既存データからプロジェクトを作成


私も最近は、Studio 2009 からすっかり離れっぱなしでしたが(2009 指定の案件はいっこうに来ませんし)、業界内では、「2009 の案件が動いています」とか「2009 使いやすいですよ」という声も聞こえ始めてきたので、自分のメモを兼ねて初歩編をまた書き始めてみます。

最初は、すでにメモリーや用語集が存在する状態からプロジェクトを開始することを想定します。

以前から Trados を使っていて、しかも 2007 で Synergy というプロジェクト管理アプリケーションを使用していなかったユーザーには(私がそうです)、このプロジェクトベースという考え方がなかなか厄介です。要は、「翻訳ファイル + メモリー + 用語集」というセットで扱い、しかも作業の進捗まで管理しようということで、まあ、翻訳者的発想ではなく発注側の発想ですね。


Studio 2009 を起動すると[ホーム]画面が開くので、まず[ファイル]→[新規作成]→[プロジェクト]を選択します。次の画面でウィザードが始まります。

Tra2009100923createproj01

[プロジェクト テンプレートを~]は[Default]のままで大丈夫(プロジェクト設定のひな型です、たぶん)。このまま[次へ]をクリックして……

Tra2009100923createproj02

プロジェクトの[名前]を入力します。これは必須。進捗を含めてプロジェクトを管理したい場合には[締め切り日]と[顧客]も入力します。ここでは省略して[次へ]……。

Tra2009100923createproj03

言語設定は、別の設定機能で指定してあるデフォルトのペアになります。ここでは[原文言語]が英語、[訳文言語]の[選択した言語]が日本語です。[次へ]……。

Tra2009100923createproj04

[プロジェクト ファイル]、要するに翻訳対象ファイルを選択します。ファイル単位でもフォルダ単位でも OK。フォルダ単位で選択した後で、

Tra2009100923createproj06

このように特定のファイルだけを削除することもできます。ここで削除を選択しても、オリジナルのファイルは削除されません。ここで設定しているのは、あくまでもプロジェクトに使うファイルだからです。つまり、ここで指定したファイルやフォルダは、(プロジェクト用の専用ディレクトリにコピーされ)、ファイルを削除しても、それはコピー対象でなくなる、ということにすぎません。[次へ]……。

Tra2009100923createproj07

いよいよ、メモリーの追加です。以前動かしたときには、ここで不具合があり、*.tmx ファイル(従来の Trados メモリー形式)を直接指定するとエラーになりましたが、今は大丈夫のようです。[追加]→[ファイル共有タイプの翻訳メモリ]を選択して *.tmx ファイルを指定すれば、自動的に 2009 形式(*..sdltm)に変換されます。[次へ]……。

Tra2009100923createproj08

用語集を追加します。ここでは、

Tra2009100923createproj09

*.mdb ファイルを選択しています。これは、最近の MultiTerm が使っているデータベース(Access ファイル)。かなり昔の MultiTerm 形式(.mtw)や、Excel ファイルなどを直接指定することはできません。たぶん、以前のバージョンの Trados を使って *.mdb 形式にする必要があります。

これ以降は、順に[次へ]でウィザードの最後まで進めば、ファイル解析まで完了します。

これでプロジェクトが完成し、対象ファイルもメモリーも用語集も用意できたので、実際の作業に入れるはずですが、ナビゲーションバーに並んでいる

[ホーム]
[プロジェクト]
[ファイル]
[レポート]
[エディタ]
[翻訳メモリ]

という 6 つのビューをちゃんと理解しておかないといけません。

01:55 午後 バージョン - Studio 2009 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

メモリーに残される情報 - Studio 2009


以前、*.ttx ファイル(TagEditor バイリンガル形式)にファイルのフルパスが記録されるという記事を書きましたが(Tips - パス名にもご注意)、その後、SDL Trados Studio 2009 では、TM 情報として

Windows のコンピュータ名¥ログインアカウント名

が残るというコメントをいただきました。

確認したところ、たしかにそのとおりで、画面では、

Tra2009_100923_tminfo1

翻訳メモリーを参照したとき、その情報が表示されます。拡大すると、↓です。

Tra2009_100923_tminfo2

私のサブマシン名と、ログインアカウント(Admin のまんま)がそのまま表示されています。

この情報は、*.sdltm(2009 固有形式のメモリーファイル)にも残っています(バイリンガルファイルですが、テキストで開くとシングルバイトであれば見つかります)。

*.sdltm ファイルを納品することは想定されていないので、この情報を発注元に渡してしまうという事態はまずないと思いますが、*.ttx の場合と同様、あるいはそれ以上に気持ちが悪いことは確かです。

01:17 午後 バージョン - Studio 2009 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加