« SDL Trados Studio 2009 - SP2 をインストール | トップページ | 単語登録のコツ »

2010.06.12

翻訳環境研究会、お礼と資料

去る 6 月 10 日、日本翻訳連盟の「翻訳環境研究会」でお話をさせていただきました。

リンク: JTF 日本翻訳連盟

私としては予想外に大勢の方にご参加いただきました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

準備不足のため、事前に用意しておいた資料と当日使った資料に一部相違があり、ご迷惑をおかけしました。最終バージョンをファイル形式別にアップロードしましたので、ご希望の方は以下のリンクからどうぞ。なお、どちら圧縮ファイルにも、補足の Excel データが入っています。

OpenOffice ファイル形式はこちら
PowerPoint ファイル形式はこちら

ご参加のみなさんに対してタイトルどおりの情報提供ができたのかどうかは、はなはだ心許ないのですが、

- 「人」とのつながりが大切
- アウトプットがあればインプットも増える

という持論は、今回の研究会を通じても自分で再確認できた気がします。みなさん、本当にありがとうございました。

01:21 午後 その他 |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/48608427

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳環境研究会、お礼と資料:

» 第2回JTF翻訳環境研究会「元気の出るIT翻訳 〜負けないIT翻訳者をめざして〜」(2010/06/10)に行ってきました。 トラックバック 「翻訳会社、やってます!」奮闘記 Part2
5月下旬に届いた1通のメール。それは日本翻訳連盟からの「JTF 事務局ニュース」でした。そのメールは「元気の出るIT翻訳 〜負けないIT翻訳者をめざして〜」という講演の案内で、講演者の名前は見覚えがある方。 講演者の baldhatter 氏(あえてハンドルネームで書かせていた....... [続きを読む]

受信: 2010/06/14 15:50:17

コメント

翻訳環境研究会で前向きなお話をいろいろと聞かせていただき、ありがとうございました。タイトル以上の情報提供だったと思います。 「『人』とのつながりが大切、アウトプットがあればインプットも増える」ということは、実践されておられる上に、お人柄もあると思います。
メインの内容には私もうなずくこと大でしたが、その他、初めて知ったのが「Zチャート」、勇気がなくて今まであまりできなかったのが「翻訳会社さんへの提案」(以上2つは私もやってみたいと思っています)、それから「ATOKの用語登録数の多さ」でした。私はたくさん登録すると何をどう登録したか忘れてしまうんですが、何かコツがあればぜひお教えください。

投稿: テデスコ | 2010/06/12 15:22:34

最前列にて拝聴させていただきました。前向きな思考と実践的な内容で、まさにご自身が翻訳の効率アップと質の向上のために日々実践されていることをご披露いただき、有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

たとえば私の場合、TMを使用しての作業で「100%一致箇所に支払がされないことになっているが、修正が必要と思われる100%一致箇所がある」場合については、できる限り修正を行い、その旨コメントをつけて納品してはきましたが、こういったことに直面する度にストレスを感じており、それが多少のモチベーション/効率の低下につながっていました。boldhatterさんのお話では、「これは翻訳会社に自分をアピールし、また、恩を売るチャンスである。」とのこと。確かにおっしゃる通りで、そしてこの思考ですと気持ちも上がりますね!


不定詞が1つの英文に4つでてきて、嫌になりそうになっても、「英文の執筆者はライティングの勉強中なのだろう」のように考えるようにしているとのこと、確かにこのように思考すれば、少し楽しくできそうです。

IT関連内でいろいろな分野の翻訳に挑戦されてきたこと、ATOKの用語登録数が1000個、などなど、工夫/挑戦/努力あって今のご成功に至っていることを、改めて感じました。大いに元気をいただけました!
また、和訳が「IT調」にならないように、ご自身でルールを設けていらっしゃるお話には、さすがだなあと思いました。

一方でハンドル名の由来もご紹介いただき、硬軟織り交ぜてのお話で楽しかったです。
そして"make sure"の訳語については(ジョークの映像を交えてご紹介いただきました)、今後は、どんなに急いでいても、どんなに疲れていても、慎重に選択すべきである(さもないと危険 笑)であることを再認識しました。

以上、長文、乱文にて失礼いたしました。

投稿: choco | 2010/06/12 19:38:13

講演、ありがとうございました!

苦節(?)数年、リアルでお会いすることが出来ました。
初めてお会いするとは思えないくらいに、普通にお話できたのが嬉しかったです。

当日の資料をダウンロードいたしました。Excel ファイルも貴重な情報源となります。ありがとうございます!

また、いろいろと参加していきたいと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿: ishida | 2010/06/14 15:54:41

テデスコさん、ご来場ならびにコメントをありがとうございます。用語登録については、近々アップしますが、かな入力とローマ字入力ではちょっと状況が違うかもしれませんね。

投稿: baldhatter | 2010/06/18 12:59:16

choco さん、ご来場ならびにコメントをありがとうございます。

> 英文の執筆者はライティングの勉強中なのだろう」のように考えるようにしている

建前建前^^; 実際には、PC の前で「バカかお前は~」みたいに罵りながら作業してます。互学会でも別の場でもいいのですが、IT翻訳者だけの分科会みたいのを開くと盛り上がるかもしれませんね。

投稿: baldhatter | 2010/06/18 13:02:32

ishida さん、ご来場ならびにコメントありがとうございます。トラックバック元もありがとうございます。

> 苦節(?)数年、リアルでお会いすることが出来ました

いやもう本当に長かったです^^
オンラインで知り合った方には、たいていその後なんらかの形でお会いできることが多いのですが、ちょっと時間がかかりました。まだまだお話ししたいことはたくさんありますので、また一度、飲みにでもいきましょう(私が会社にご挨拶に伺ってから、とか)。

投稿: baldhatter | 2010/06/18 13:05:40

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)