« Tips - TagEditor のプレビューを外部で | トップページ | WinAlign の文字化け - 進歩なし »

2010.01.30

Tips - Trados ウィンドウの配置と Workbench のステータスバー

★★★
誰も話題にしてませんし、たぶん開発側も気づいていないようなのですが、実ははるか昔のバージョン 2.0 の頃から 2007 に至るまで、Workbench にはウィンドウ配置に伴うマイナーな不具合があります。それは、

Workbench をウィンドウの最下部に配置していると、
バッチ処理ウィンドウのステータスバーが見えない

ということです。

Trados のメインインターフェース、つまり Workbench と TagEditor のウィンドウをどう配置するかは、ユーザーの好みによって違うかと思います。

Trawindow2

これは、TagEditor を下、Workbench を上に配置する使い方。これに対し、

Trawindow1

こんな風に TagEditor を上、Workbench を下に配置する使い方もあります。最近はディスプレイが大型化、ワイド化していますが、この 2 つを横並びに配置している人は、さすがにあまりいないでしょう。

私は後者の配置で使っています。そして、この配置でバッチ処理、たとえば「解析」を選択すると、ウィンドウが開くわけですが、

Trawindow3

実はこのデフォルト位置では、[ファイルを解析]ウィンドウの最下部にあるステータスバーが見えていないわけでした。そうなると、たとえば解析中にエラーメッセージが表示されても、エラーに気づかない可能性があります。

Trawindow4_2

ウィンドウをちょいと上に移動すればいいので、まあ、だからこそ 10 年以上問題になっていないのだろうと思いますが、使い始めたばかりの人がメッセージを見落とす可能性があるので、念のためエントリにしてみました。

03:51 午後 Trados Tips |

はてなブックマークに追加

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/47430918

この記事へのトラックバック一覧です: Tips - Trados ウィンドウの配置と Workbench のステータスバー:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)