« 膨大な数のファイルを扱うときの Tips | トップページ | TagEditor における見かけの書式 - その2(ヘルプの不備) »

2010.01.22

JRE 6(1.6.0_17)にアップデートしたら 2006 の挙動が変

★★★
昨日 1/21、メインマシンで Java の自動アップデート通知が表示され、うっかり JRE 6(1.6.0_17)にアップデートしてしまいました。

そしたら、SDL Trados 2006 の挙動がちょっとおかしくなりました。解析機能で ttx や htm ファイルをアナライズできなくなっています。ほかにマシン構成を変更した覚えはないので、今のところいちばんの容疑者はこれ。

2007 と 2009 をインストールしているサブマシンのほうは Java の自動アップデートをオフにしてあったのですが、油断しました。みなさんも、Java のアップデートにはくれぐれもご用心を。

ついでなので、メインマシンの Trados も 2007 に移行しました。

03:44 午後 Trados 全般 |

はてなブックマークに追加

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRE 6(1.6.0_17)にアップデートしたら 2006 の挙動が変:

コメント

Javaのランタイムも影響するんですか。
私はよく.NETの方で虐められておりました。
e-taxが半端に古いバージョンでないと動かないので。
→e-taxをやめました。

投稿: すみっこ兼業翻訳者 | 2010/01/23 9:51:21

> e-taxをやめました

もう今さら手書きには戻りたくないなぁ。

私は、e-Tax にはサブマシン(Java Update を止めてあったほう)を使っています。

投稿: baldhatter | 2010/01/27 10:20:12

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)