トップページ | バージョンのまとめ »

2009.09.16

Tips - 「訳語検索」

(オリジナル投稿 2007/4/19)★★

Trados Workbehch には、メモリ内で原文を検索する「訳文検索」という機能があります。ギョーカイの人は、英語メニューのまま「コンコーダンス一致」なんて言ったりします。

知ってる人は知ってるかもしれませんが、その使い方のヒントです。

検索対象として複数の単語を入力した場合の動作は、AND 検索です。だから熟語などはそのまま入力して検索したくなりますが、実はここに、気付きにくい落とし穴があります。この機能で複数単語を指定した場合、

品詞による重み付けはない

ということです。どういうことかというと、たとえば "...each role that participates in..." という英文に遭遇した場合、人間なら、that や in を辞書でひいたりせず、role または participate という意味上の重要度の高い単語から調べていきますね。その重要度の判断を「重み付け」と、ここでは言っています。

ところが Workbench で "role" や "participate in" の既訳を確認したい場合、そのまま "each role that participates in" と入力してしまうと、その中の 5 単語がまったく平等に検索されることになります。運よくそのままの用例があれば求める訳文にたどり着くのですが、そうでないと、これらの単語が無関係な文脈に、しかも順不同で出現している訳文しか返ってこないことになります。

この例では結局、"participate" だけで検索したら、求める既訳が見つかりました。

--------------------
Trados Workbench の検索ロジックが今一つおバカなのは「訳語検索」に限ったことではありません。ふつうにセグメントを翻訳しているときの検索動作も実は意外と頼りにならないことを、Trados ユーザならたぶん知っていると思います。少なくとも、複数の候補がヒットしたときは、一致率の低い候補も確認してみることをお勧めします。

08:41 午前 Trados Tips |

はてなブックマークに追加

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tips - 「訳語検索」:

コメント

Trados 5から使い続けて今は2011だけど、未だに全くコンコーダンス検索は全く使えないまま。ついさっき登録したセンテンスに入っている単語すらヒットしない。訳語検索が使えないのがこのソフトは致命的。凄くストレスになる。ソースが日本語の場合は更に絶望的に使い物になりません。どうでも良い機能ばかり沢山つけて、致命的な部分は直さないまま。作ってる奴は馬鹿じゃないのか? と怒鳴って早十余年。一向に直る気配はないですね。馬鹿だと思います間違いなく。もうこの仕事辞めたい┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: 翻訳者A | 2014/09/13 13:54:56

翻訳者Aさん

> Trados 5から使い続けて今は2011だ

Trados 5の頃から比べれば、2011のコンコーダンスはだいぶマシになってますよ。使い方が間違ってるんじゃないですか。


> ついさっき登録したセンテンスに入っている単語すらヒットしない。

それはもしかすると、メインTMとプロジェクトTMの違いかもしれません。2011以降であれぱ、それほど「ヒットしない」というようなことはあんまりないはずです。


> 作ってる奴は馬鹿じゃないのか? と怒鳴って早十余年。

私も「バカじゃないの」と年中言ったり書いたりしてますけど、そういう環境を使わなければいけないとしたら、その制約のなかで回避策とか次善策を何とか見つけて先に進むのがプロというものでしょう。それが本当にイヤなら、使うのやめればいいだけのこと。

投稿: baldhatter | 2014/09/14 16:44:31

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)