2016.12.02

緊急提言 --- Tradosで一人前の翻訳者???

side TRADOS、すっかり更新頻度が下がってますが、これだけは書いておかないといけませんね。


Tradosを使うようになったら翻訳者として一人前


みたいな世迷い言まで出回っているのでしょうか。


そんなことは絶対にない


と肝に銘じてください。本末転倒もはなはだしい。


もし、どこかでそんなセールストークがまかり通っているのだとしたら、そんな営業トークは相手にしないこと。


翻訳祭で、少しでもこういうことを分かってもらえたのなら、ほんとうに甲斐があったなあと思います。

03:51 午後 Trados 全般 | | コメント (1) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2016.04.29

Trados Studioのマッチ率について


最近、こちらの更新がすっかり少なくなってしまいました。

私自身のTrados使用率が下がっているということもありますが、最近は通翻クラスタの中でも、私などよりずっとStudioに詳しい人が増えてきたおかげでもあります。


それでも久しぶりに、これは書いておかないと、というネタがあったので、GW初日の空き時間を使って書きとめておきます。


SDL Trados 2007以前と比べて、Studioになってから解析に疑問があるということを、これまでも何度か書いてきました(参照:side TRADOS: Trados Studioの解析に大きな疑問


この前提で特に注意したいのが、

マッチ率ごとの支払い条件

です。具体的に言うと、

Studio案件の場合、50-74%レンジの単価が新規翻訳の単価より安い条件は、翻訳者に圧倒的に不利

だということです。


-->続きを読む

01:19 午後 バージョン - Studio共通 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.09.18

MultiTermが動かんぞ……


MultiTermも当然、2015になりますが、あら、起動しない……。

ノートPCでは何事もなく起動したんだけど、なんでだろと思いながらググったら、猫先生のサイトがヒットしました。

リンク:女は翻訳でよみがえる MultiTermのファイルがCanonのフォルダに!

ここで紹介されているのは2009/2011あたりの話なのですが、エントリの日付は今年の2月です。

キヤノンのプリンタソフトがインストールされているPCにMultiTermをインストールすると、MultiTerm.exeなどのファイルがなんと! C:\Program files (x86)\Canon\Easy-WebPrint EX のフォルダに入ってしまうのです。確かにこのフォルダに入っていました(^^;) そういえば、去年の夏からキヤノンに変わったのでした。

なんじゃ、そりゃ…… と呆れながら調べてみたら……

1509176

あはは、ほんとだ。なんですか、このアホさ。まあ、インストール中に表示されたパスに気づかなかった私もアホですが。

-->続きを読む

12:38 午前 Trados 全般, バージョン - Studio 2015 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

Studio 2015ファーストインプレッション


さて、そんなわけで無事にインストールとアクティベーションの済んだStudio 2015について、ファーストインプレッションです。

1509178

起動して最初の印象。

地味!

今さら感もありますが、最近主流のフラットデザインになりました。色使いなども実に控え目で、同じ機能がどこに行ったのか、ちょっと戸惑うかもしれません。


-->続きを読む

12:04 午前 バージョン - Studio 2015 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.09.17

SDL Trados Studio 2015のインストールとライセンス


Studio 2015がリリースされるとわかった4月に「大胆予想」をしたものの、実際にリリースされてから私自身はまだインストールしていませんでした。


最大の理由は、ライセンス認証の仕組みが変わるということで、

2015をインストールすると、2014のライセンスはどうなるのか?

が、よくわかっていなかったからです。


が、サン・フレアさんで2015を前提にしたセミナーも始まりましたし、いつまでもそうは言ってられないので、重い腰を上げました。なお、ライセンスについては、サン・フレアのTrados講師、山田修司さんにもご教示いただきました。m(__)m


Studio 2015で初めてTradosを導入する場合は特に気にしなくていいのですが、これから2014/2011からアップグレードする方は、以下の点にご注意ください。


-->続きを読む

11:35 午後 Trados 全般, バージョン - Studio 2015 | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.16

Studio - この見にくい(醜い)インターフェースをどうにかしてほしい


まだStudio 2015はインストールしていません。インストールとライセンスのことをまだ整理できていないので……

いったい、なんでライセンスの仕組みを変えたりしたんでしょうね。まあ、これまでトラブルが絶えなかったからかもしれませんが。


さて、レガシーのTrados(Workbench)と、Studioアーキテクチャで大きく変わったことのひとつが、TMウィンドウでの差分表示です。

以前は、現在の原文が上段に、TMにある原文と訳文が下段に配置されたうえに、差分が蛍光ペンのような色分けで示され、個人てきにはわりと見やすかったと思っています。

1507155

それが、StudioではWordの修正履歴のような表示になりました。

1507151

※色や太字は私がカスタマイズしていますが、デフォルトはもっと見にくかったと思います。

これ、Studioになって以来、なんとかして慣れようとしたのですが、どうしても慣れることができません。どうやったって、

見にくい

し、

醜い


この画面で「差分をみながら部分翻訳」なんて、絶対やる気になりません。

でも、あまり話題にならないところを見ると、Tradosユーザーのみなさんは平気なんでしょうか。

-->続きを読む

12:24 午前 バージョン - Studio共通 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.04.23

パッチワーク翻訳について考える


マニュアルやヘルプのように部分改訂されたドキュメントのうち、変わっていない部分はそのまま手を着けず、更新された部分だけ翻訳することを、業界では俗に「パッチワーク翻訳」と呼んでいます。

更新のない部分、つまり100%完全一致箇所について、新規箇所の10%くらい翻訳料を払うというのはまだ良心的なほうで、まったく翻訳料を払わないというのも珍しくありません。


ちょっと考えただけでも、翻訳する側としては「とびとびなんて訳しにくい」というのが当たり前の反応ですが、発注する側としては「翻訳しない箇所なんだから払わない」と考えるわけで、こちらも向こうにしてみれば当たり前ということなのでしょう。

両社の認識には深くて大きいギャップがあります。

この大きいギャップの原因はそもそもどこにあるかというと、

翻訳とは原文を訳文に置き換える作業なのかどうか

という認識の差なのかもしれません。


-->続きを読む

08:03 午前 ローカリゼーション, 関連ツール | | コメント (3) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.04.17

SDL Trados Studio 2015、大胆予想


何日か前からちらちらと噂が流れたと思ったら、今日(4/17)、案内メールが届きました。

SDL Trados Studio 2015がまもなくリリース
業界最先端の翻訳支援ツールの最新バージョン、SDL Trados Studio 2015がまもなくリリースされます! この最新バージョンには何を期待できるのでしょうか。まずは、SDL Trados Studio 2015が翻訳の品質向上に役立つ理由をいくつかご紹介しましょう。


だそうで、さっそくリンク先を見てみました。

SDL Trados Studio 2015が まもなくリリースされます。

さすがに、このページだけではわかりません。

「プレビューシート」(英語版)というものをダウンロードできるらしいので、そちらをざっと見てみました。


以下、そのプレビューシートに基づく、帽子屋の大胆予想です。

-->続きを読む

01:58 午後 Trados 全般, バージョン - Studio共通 | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.03.13

指定していない正規表現の回避方法

★★
前のエントリで書いた、検索機能の変な挙動(side TRADOS: ただの検索でも正規表現?)ですが、これは2014のSP2で入ってきちゃったバグだろうと、しんハムさんがおっしゃってました。たしかに、タイミング的にはそんな感じです。

この挙動を回避する方法が、シーブレインさんのブログで紹介されていました。

リンク:つぼログ。-IT翻訳の現場から-: Trados Studio のちょっとホラーな検索機能

おもしろいタイトルにひかれて見てみたら、そういう話でした。


ちなみに、このブログを運営しているシーブレインさんの方も、4月のJTFスタイルガイドセミナーに登壇します。

リンク:JTFスタイルガイドセミナー|JTF 日本翻訳連盟

4/13(月)、私が担当する第1部に続く第2部です。翻訳会社の人に直接役に立つ内容ですが、翻訳会社がスタイルガイドをどう扱っているか、フリーランス翻訳者としても知っておくと必ず参考になるはずです。

-->続きを読む

03:02 午前 バージョン - Studio 2014 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2015.03.02

検索で正規表現を回避

★★
前エントリで書いた検索ダイアログの挙動、なにが困るって

正規表現というものを知らなかったら、対処のしようがない

ということです。


対策は簡単。

正規表現をおぼえなくてもいいので、検索文字列の前に

半角の円記号(\)

を付けてください。

-->続きを読む

03:42 午前 バージョン - Studio 2014 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

ただの検索でも正規表現?

★★
前回(といっても、もう3か月以上も空いてますが...)、QA Checkerの「単語リスト」でも正規表現を使える、というか、指定しなきゃいけない場合がある、ということを書きましたが、実は

ただの検索でも正規表現の指定が必要

らしいことがわかりました。


試しに、検索ダイアログで、半角丸括弧を検索文字列に指定してみてください。

1503021_2

こんな風に、エラーマークが表示されませんか?

赤い感嘆符にカーソルを合わせると、エラーの詳細が表示されます。

正規表現にエラーがあり、使用できません:解析中 "(" - )が足りません。

なんだそうです。

これ、正規表現のこと知らなかったら、何を言われてるかすらわかりませんよね?



-->続きを読む

03:14 午前 バージョン - Studio 2014 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.11.16

QA Checker - 「単語リスト」でも正規表現

★★
QA Checker 3.0は、false negativeも多いながら、なかなか便利に使える検証機能です。そのなかでも特に使い途の多いのが、間違った形と正しい形を指定できる「単語リスト」ですが、ヘルプに書いていないと思われる点を見つけました。

1つ前のエントリに、「単語リスト」をヘルプで検索する話を書いたのも、これのためです。


そしてこれは、エラーメッセージに表示される「詳細情報」がめずらしく役に立ったという事例でもあります。


とある案件で、英和翻訳にはめずらしく「和文でも疑問符を使う」という指定がありました。ただし、

疑問符は全角の?

半角の ? はNG

ということなので、じゃあ「単語リスト」を使ってみようと思ったわけです。

1411162_2

-->続きを読む

07:17 午後 バージョン - Studio 2014 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.11.15

Studio 2014ヘルプのその後


今年5月2日のエントリに対する9月19日時点の追記として

オンラインヘルプの日本語版、いつの間にか、日本語の検索が機能するようになっていました。

と書きましたが、実はいまだに十分には機能していないようです。いまだに、というか、おそらくこのまま変わらないんじゃないかと思います。


-->続きを読む

12:10 午後 バージョン - Studio 2014 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.10.11

Trados Studioの解析に大きな疑問


Trados Studioで、既訳とのマッチ状況と、表示されるパーセンテージを見ていると、ときどき納得のいかないことがあります。

Studio案件が少ないうちは目をつぶっていましたが、そろそろ無視できない状況になってきたので、ちょっとレポートしておきます。機会があったら、SDLの中の人にも伝えようと思っています。

逆の場合もありそうですが、大雑把に言うと、Studioのほうが

パーセンテージが高く出る

ことが多いようです。そもそも、

マッチ率の計算があきらかに変

なこともしばしばです。

プロジェクト全体になるとこの差が報酬総額にかかってくるので、早急になんとかしなければいけませんが、検証がなかなか難しいので、マッチ率計算についてだけ、ひとまず実例で示します。


-->続きを読む

01:40 午後 Trados 全般, バージョン - Studio共通 | | コメント (14) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.10.05

Legacy Converterが2014に対応

★★
SDL OpenExchangeで無料公開されているLegacy Converterというサポートアプリケーションについてご存じなければ、まずこちらをご覧ください。

リンク:side TRADOS: Studio案件を2007環境で - Legacy Converter

Trados Studio用に支給されたファイルを

・レガシーのTrados環境、つまりSDL Trados 2007(以前)で翻訳し、

・その結果をTrados Studioに戻せる

という実にありがたいツールです。


残念なことに、Studio 2011用に開発されたバージョンのまま、2014には対応していなかった(きっと、sdlxliffのフォーマットが変わったんでしょうね。エラーになります)のですが、気になって探してみたら、開発元のサイトではStudio 2014対応版が公開されていました。

リンク:SDLXLIFF To Legacy Converter

1410051

OpenExchangeサイトのほうはまだ、2009/2011のみ対応の旧バージョン(1.0.0.37)のままなので、使いたい場合は上の開発元サイトで、

Download Legacy Converter SDL Trados Studio 2014

というリンクからどうぞ。

08:47 午前 Trados 機能, バージョン - Studio 2014 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加