« # 知識不足、経験不足で語る強さ|怖さ - 最新のある事例について | トップページ | # 第29回翻訳祭、会員メリットもあわせてご紹介 »

2019.09.15

# 『トールキン 旅のはじまり』

★★★★☆ ここ1週間くらい、イヤ~なものばかり見続けていて、ソウルジェムが真っ黒になりかかってました。
 

1909151

(本文とは無関係)

 
 昨日この映画を観たおかげで、だいぶ浄化された気がします。
 
1909152

 
 束教授ことJ. R. R. トールキン(1892~1973)の青年期を描いた、わりとオーソドックスな青春映画です。The HobbitThe Lord of the Rings を執筆した当時のことを詳しく描いているわけではありませんが、Middle Earth 世界を創造した作者の前半生と、なによりあの世界の背景にある 
 
トールキンの心象風景
 
が、とてもよく映像化されていました。 ピーター・ジャクソン監督作品のシーンとか流用するのかと思ってましたが、プロダクション的にまったく無縁だったようです。
 
トールキンはなぜ Middle Earth を作り上げたのか、Beren と Luthien の物語のモチーフはなんだったのか、The Lord of the Rings 全編を貫く fellowship というテーマはどこから生まれたのか ―― トールキンファンなら、あちこちで頷くはずです。
 
そして、ラストは感涙もの。
 
そうそう、スタートレックTNGとDS9を見ている方には、うれしいおまけもついています。あのオブライエンが、いい感じに歳をとって、後見人となる神父さんの役で出てきます。
 
たぶん、間もなく上映は終わってしまうと思います。そのうちDVDなどで観ようとい方は、ぜひ、The Hobbit の英語版を読んでから観ることをおすすめします。

12:20 午後 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # 知識不足、経験不足で語る強さ|怖さ - 最新のある事例について | トップページ | # 第29回翻訳祭、会員メリットもあわせてご紹介 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)