« # 柳瀬尚紀『辞書を読む愉楽』 | トップページ | # 『翻訳事典 2019-2020』がすごい! »

2019.01.26

# 『図解 英語基本語義辞典』の索引EPWING

こちらでも何回かご案内してきた『図解 英語基本語義辞典』が無事に書店に並びはじめ、同業者の皆さんも次々とお買い求めになっているようです。


この本は、通読したり、折にふれて手に取ってみるほうがいいのですが、もちろん「辞書として引く」こともできます(当たり前ですが)。


そうなると、やはり私たちとしてはEPWING辞書環境で引けるといいな、と思ったりもします。

そこで、巻末の「さくいん」から、見出しとページ番号だけをEPWING化したデータを作ってみました。もちろん、発行元のアドスリーさんと、著者である政村秀實先生の許可はいただいております。


データはこちらからダウンロードできます。
※すぐにZIPファイルのダウンロードが始まります。


よろしければ、ご利用ください。


この形式、つまり

見出し語と最小限の情報だけをデータ化

して、

実際には書籍のほうを引いてもらう

というスタイルは、5年ほど前に宮脇孝雄さんの『英和翻訳基本辞典』のテキスト化から始まりました。最初に公開してくださったのは、翻訳家の越前敏弥さん。

リンク:『英和翻訳基本辞典』インデックス: 翻訳百景

ただし、このときはただのテキストファイルだったので、Jammingなどでは「ユーザー辞書」という扱いでした。これを、辞書ブラウザに登録して他の辞書といっしょに引けるようにEPWING版にしてくださったのが、いつもおなじみ、EPWINGジェダイの大久保克彦さんです。

リンク:side A: # 『英和翻訳基本辞典』もEPWINGに--見出しプラスアルファ

見出しとページ番号だけでなく本文のごく一部も載っています。が、きちんと読もうと思ったら、書籍がないと話になりません。


そのすぐ前には、故・山岡洋一さんが遺してくださった「翻訳訳語辞典」もデータ化されています。

リンク:山岡洋一『翻訳訳語辞典』の見出しだけEPWING

こちらは、見出しとURLという構成です。JammingだとURLから直接はジャンプできませんが、EBWin4だとURLをそのままクリックして「翻訳訳語辞典」サイトを開くことができます。


見出し語は、宮脇さんの『英和翻訳基本辞典』が472、『図解 英語基本語義辞典』が500です。辞書として引くだけでなく、ふだんから読んでおくべき必読書という位置付けではありますが、

載ってるか載ってないか

を調べられるのがこの形式のメリットです。

10:37 午後 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 柳瀬尚紀『辞書を読む愉楽』 | トップページ | # 『翻訳事典 2019-2020』がすごい! »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)