« # 帽子屋のサブカル講座拡大版、大阪でも! | トップページ | # 『図解 英語基本語義辞典』、奇跡の復刊! »

2018.12.11

# 大阪レッスンシリーズ、予定の新ネタ

リンク:「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#11)

1811301


おかげさまで残席わずかとなりました。

大阪編では、9/30に東京でお伝えした内容に加え、新ネタをいくつか増やす予定です。


ひとつは、これです。

リンク:Gigazine:歴史上最も影響力のある映画は「オズの魔法使」

以前も、どなたかに「英語圏のネタ元として、『オズの魔法使い』はどうですか?」と訊かれたことがありました。たしかに、いろいろな場面で比喩として出てきますね。

そのほか、この記事に出てくる映画はいくつか取り上げようと思います。


そして、もうひとつはこちら。

日本語訳としては、ほぼ30年ぶりの新訳です。

これがどうやら、翻訳者の視点で見ても、いろいろ興味深いようです(12/8の十人十色「辞書をめぐる冒険3」で、大久保さんから伺いました)。12/10発刊ということで、間もなく手に入ります。

もちろん、私は聖書について蘊蓄を傾けられるわけではありません。あくまでも、翻訳者としての立場で取り上げます。


ということで、年明け早々1月20日の「レッスンシリーズ in 大阪」

御用お急ぎでない方は、ぜひ、お付き合いください。

10:44 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # 帽子屋のサブカル講座拡大版、大阪でも! | トップページ | # 『図解 英語基本語義辞典』、奇跡の復刊! »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)