« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018.12.18

# 『図解 英語基本語義辞典』、奇跡の復刊!

私があちこちでおすすめしている辞書

『図解 英語基本語義辞典』

が、なんと復刊されます。2019年1月に発売されるとのことです!


コメント欄に情報をくださった発行元の方から、チラシもいただきました。

1812181

PDFファイルはこちら:図解英語基本語義辞典 復刊チラシ


PDFでチラシをダウンロードしていただくと、注文書が付いています。

コメントをくださった方によると、

本書を全国の書店に配本したく、(中略)そのためチラシにより、「最寄りの書店」さんから「発売元の丸善出版」に注文を出してほしいのです

ということですので、ご購入をお考えの方は、ぜひとも上記チラシをダウンロードし、

書店注文

にてお買い求めください!


元々の値段は分からなくなっているのですが、2,800円というのは、かなりリーズナブルだろうと思います。

この辞書、今年2月のこの記事をはじめ、あちこちでおすすめしています。

リンク:禿頭帽子屋の独語妄言 side A: # 『図解 英語基本語義辞典』と『図解 英単語イメージ辞典』

1812182_2

おすすめしておきながら、実は絶版で、最近は古本もだいぶ高騰していました。6,000円~30,000円超まで!


たびたび残念に思っていたところへ、この記事に発行元の方からコメントをいただきました。


発行元は、学術書などを中心に扱っているアドスリーという出版社。

こちらが、著者である政村秀實先生の許可を得て、丸善出版から出るということです。


最近は、Twitterで話題になってこんな本が復刊するという事件もありましたが、この辞書も、そういう幸運に巡り会えたようです。

06:31 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.12.11

# 大阪レッスンシリーズ、予定の新ネタ

リンク:「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#11)

1811301


おかげさまで残席わずかとなりました。

大阪編では、9/30に東京でお伝えした内容に加え、新ネタをいくつか増やす予定です。


ひとつは、これです。

リンク:Gigazine:歴史上最も影響力のある映画は「オズの魔法使」

以前も、どなたかに「英語圏のネタ元として、『オズの魔法使い』はどうですか?」と訊かれたことがありました。たしかに、いろいろな場面で比喩として出てきますね。

そのほか、この記事に出てくる映画はいくつか取り上げようと思います。


そして、もうひとつはこちら。

日本語訳としては、ほぼ30年ぶりの新訳です。

これがどうやら、翻訳者の視点で見ても、いろいろ興味深いようです(12/8の十人十色「辞書をめぐる冒険3」で、大久保さんから伺いました)。12/10発刊ということで、間もなく手に入ります。

もちろん、私は聖書について蘊蓄を傾けられるわけではありません。あくまでも、翻訳者としての立場で取り上げます。


ということで、年明け早々1月20日の「レッスンシリーズ in 大阪」

御用お急ぎでない方は、ぜひ、お付き合いください。

10:44 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加