« # 柳瀬尚紀の『ことばと遊び、言葉を学ぶ』 | トップページ | # 複数単語(連語)の検索方法 - EBWin4 »

2018.06.08

# EBWin4を32bit版に戻した話とAutoHotKey

5月中旬に、EBWin4を64bit版に切り替えた話を書きました。

リンク:side A: # EBWin4 64bit版

アプリケーション自体には問題ありません。が、なぜかAutoHotKey(AHK)経由で使えなくなってしまいました。

いつもどおり、

Clipboard =
Send,^c
ClipWait,1
StringReplace, New, Clipboard, %A_Space%, , All
Run, B:\Dictionaries\EBWin4(x64)\EBWin4.exe /M=a /S="%New%"

こんな感じのスクリプトなのですが……。

ちなみに、私はEBWin4の起動オプションを使って、検索方法をいくつか使い分けています。

検索語を指定して--

Ctrl + E → 前方検索:起動オプションは /M=p

Ctrl + Shift + E → 自動検索:起動オプションは /M=a

Alt + Shift + E → 条件検索:起動オプションは /M=k

Ctrl + Alt + Shift + E → 全文検索:起動オプションは /M=f

Ctrl + Alt + Shift + E → 全文検索:起動オプションは /M=f

Ctrl + Shift + A → 全文のAND検索


また、自動検索のときは、検索語に対しては

StringReplace, New, Clipboard, %A_Space%, &, All

という文字列操作を行い、複数単語の間のスペースを詰めています。これ、大切な話なので、次の記事で書きます。


ところが、EBWin4を64bit版にしたら、どうもこのスクリプトがうまく動きません。丸2日くらい格闘しましたが、どうにもならない。

ので、結局もう一度EBWin4 32bit版(最新の4.5.5)をインストールしたら、無事に動くようになって、AHKスクリプトも今までどおり使えるようになった、というオチです。

08:33 午前 辞典・事典, パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 柳瀬尚紀の『ことばと遊び、言葉を学ぶ』 | トップページ | # 複数単語(連語)の検索方法 - EBWin4 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)