« 2018年1月 | トップページ

2018.02.19

# EBWin4、Web検索URLの更新版

汎用辞書ブラウザEBWin4で、URLを登録しておいて各種辞書サイトを検索できる「Web検索」の機能については、これまでにも何度かご紹介しました。

昨年7月には、(たぶんレッスンシリーズの後で)私が手元で登録しているURLリストも公開しています。

参考リンク:side A: # EBWin4のURLリスト - 8/17版


ところが、辞書サイトのURLはわりと頻繁に変わったりします。

特に最近多いのは、URLの先頭で httphttps に変更されるケースです。

HTTPSで始まるサイトは、大ざっぱに言うとSSLというしくみでセキュリティが強化されています。以前から、オンライン決済を使うサイトなどは必ずHTTPSでした。一般のサイトはHTTPも多かったのですが、Google先生が「HTTPSサイト以外は信頼しないかんねー」と言ったりした経緯もあって、HTTPSに移行するサイトが増えています。

EBWin4に登録してあるURLを調べたところ、やはりほとんどのサイトがHTTPSに移行していました。

HTTPのままでもリダイレクトされるので、使えるには使えるのですが、この際ですから更新しましょう。


今回の更新にはもうひとつ理由があります。

イギリス語系の辞書サイトも、たいていはアメリカ語の検索オプションが用意されています。

1802191
こちらはOxford Dictionaryのサイト。

1802192
これはCambridgeです。


このようにサイト上では選択できなくても、オプション設定でBritish/Americanを切り替えられるサイトもありました(Macmillan)。


どの場合も、切り替えて検索してみると、結果のURLが違いました。URLのどこかにAmericanとかUSなどの文字列が追加されているケースがほとんどです。


そこで、British/Americanを使い分けられるサイトは、せっかくなのでEBWin4のWeb検索でも登録を分けてしまおうということです。


以下に最新のURLを掲載します。http→ https の変更だけではない場合もあるので、該当する辞書をお使いの場合は、まるっと変更してください。

※昨年7月より、いろいろ増えています。

※以前と変わっていないURLも一部あります。

※赤字が、米語系のサイトです。

ジャパンナレッジ
http://japanknowledge.com/psnl/search/basic/?q1=

WikiPedia(jp)
https://ja.wikipedia.org/wiki/

WikiPedia(en)
https://en.wikipedia.org/wiki/

Wiktionary
https://en.wiktionary.org/wiki/

Google Japan
https://www.google.co.jp/search?output=&sitesearch=&hl=ja&q=

AHD
https://www.ahdictionary.com/word/search.html?q=

Cambridge
https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/

Cambridge American
https://dictionary.cambridge.org/us/dictionary/english/

Collins
https://www.collinsdictionary.com/dictionary/english/

Collins American
https://www.collinsdictionary.com/us/dictionary/english/

Longman ※米語はないようです
https://www.ldoceonline.com/dictionary/

Macmillan
https://www.macmillandictionary.com/dictionary/british/

Macmillan American
https://www.macmillandictionary.com/dictionary/american/

Merriam-Webster
https://www.merriam-webster.com/dictionary/

Webster Learner's
http://learnersdictionary.com/definition/

Merriam Unabridged(有料)
http://unabridged.merriam-webster.com/unabridged/

Oxford Dictionary
https://en.oxforddictionaries.com/definition/

Oxford American
https://en.oxforddictionaries.com/definition/us/

Oxford Learner's
https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/

Oxford Advanced American
https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/

Oxford Reference
[URL]http://www.oxfordreference.com/search?q=
[Post]&searchBtn=Search&isQuickSearch=true

WebLSD
https://lsd-project.jp/cgi-bin/lsdproj/ejlookup04.pl?opt=i&query=

Urban Dictionary
https://www.urbandictionary.com/define.php?term=

Green's
https://greensdictofslang.com/search/basic?q=

訳語辞典
http://www.dictjuggler.net/yakugo/?word=

類語玉手箱
http://www.thesaurus-tamatebako.jp/?s=

コトバンク
[URL]https://dic.yahoo.co.jp/search/?ei=UTF-8&fr=kb&p=
[Post]&dic_id=all&stype=full ※なくても可

goo辞書(RHD2が使えます)
[URL]https://dictionary.goo.ne.jp/srch/all/
[Post]/m0u/ ※必要

Dictionary.com(レイアウト崩れ)
[URL]http://www.dictionary.com/browse/
[Post]?s=t ※なくても可

The Free Ditctionary(レイアウト崩れ)
https://www.thefreedictionary.com/

OneLook(レイアウト崩れ)
[URL]https://www.onelook.com/?w=
[Post]&ls=a ※なくても可

英辞郎
https://eow.alc.co.jp/search?q=

英辞Pro(有料)
https://eowp.alc.co.jp/search?q=

MSランゲージポータル
[URL]https://www.microsoft.com/ja-jp/language/Search?&searchTerm=
[Post]&langID=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E&Source=true&productid=%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%A3%BD%E5%93%81
※必要

KOD(有料)
[URL]https://kod.kenkyusha.co.jp/service/search/search_frame.jsp?back=false&page=form.jsp&methodName=%95W%8F%80%8C%9F%8D%F5&sortkey=index&field=
[Post]&subMethod=wildcard&method=normal&book=normal-set&checkedBook=plus_e&checkedBook=eidai&checkedBook=eiwa&checkedBook=lumi_eiwa&checkedBook=wadai_j&checkedBook=waei&checkedBook=lumi_waei&checkedBook=plus_j
※必要

07:06 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.18

# Wifi Keyboard + EBPocketで作る準PASORAMA環境

2/4の「脱・辞書の持ち腐れ」セミナーでは、アプリの名前をちらっと出しただけだったので、改めてご紹介しておきます。

かつてのPASORAMAのように、パソコンからスマートフォンやタブレット上の辞書を操作できる環境を、PASORAMAほど完全ではないながら、部分的に再現するしくみです。

≪重要≫
PCとスマートフォン/タブレットは、同じネットワーク上にある必要があります。たとえば一般家庭であれば、PCを有線/無線接続している同じルーターに、スマートフォン/タブレットもWi-Fi接続していることが前提です。

使うのは、次の3つのアプリです。

Wifi Keyboard
Wiki_keyboard_4

EBPocket
Ebpocket_3

Evernote
Evernote_4


※私がAndroidを使っていないので、紹介するのはiOS環境だけです。「Wifi Keyboard」はAndroid版もあるのですが、同じかどうか確認していません。


ただし、「辞書を操作できる」と言っても、できるのは基本的に、

PC上のブラウザを使って端末上で入力する

言い換えれば、「ブラウザ上で入力した文字列を端末に渡す」だけです。

PASORAMAのように辞書の内容がPC上に表示されるわけではなく、表示されるのは端末のアプリ上です。検索以外の操作(検索方法の切り替え、スクロール等)はアプリ側で行うことになりますし、もちろんコピーもできません。それでも、検索語をPC側、つまりふだんのキーボード上で入力できるというのは雲泥の差です。この環境のおかげで、アプリ辞書の導入がだいぶ気軽になりました。

逆に、「ブラウザ上で入力した文字列を端末に渡す」しくみなので、用途は辞書引きに限りません。たとえば、PCで見ているページをiPadで開きたいときは、URLをコピーそのままiPadに入力できます。

以下、iPadで説明しますが、iPhoneでもだいたい同じだと思います。

1. Wifi Keyboard

無料アプリですが、日本語対応させるには240円かかります。Wifi Keyboardは自体は、インストールしても何もしません。ATOKなどと同じように、使えるキーボード設定が増えるだけです。

[設定]→[一般]→[キーボード]→[キーボード]と進み、[新しいキーボードを追加...]をタップして[Wifi Keyboard]を選択します。

1802181_2

こうなればOK。

1802182_2

これで、オンスクリーンキーボードを切り替えると、Wifi Keyboardが表示されるようになります。切り替えると、一瞬だけ

1802183

と表示され、すぐにIPアドレスの表示に切り替わります。

1802184

このIPアドレスを、PC上のブラウザのアドレスバーに入力すれば、

1802185

ブラウザ上でこんなインターフェースが開くはずです。この画面で文字列を入力し、Enterキーを押せば、iPad側に文字列が渡されます。


ただし、この入力インターフェースは、iPad上で入力フィールドにフォーカスがある状態でないと使えません。それ以外の状態のときは、

1802186

このようにDisconnectedとなって入力できなくなります。

このしくみを、iPad上の個々の辞書アプリで使ってもいいのですが、準串刺し環境になるように組み合わせるられのが、EBPocketです。EBWin4と同じシリーズとしてと公開されているアプリで、iPad上でEPWINGデータを使うことができます(ここでは、EPWING辞書を使うのが目的ではないので、その説明は割愛)。

有料版と無料版がありますが、できれば有料版を。以下に紹介する串刺し的使い方には、有料版が必要です。

EBPocketには、EPWINGデータを登録して使うことができるほか、「Web検索」という便利な機能があります(有料版のみ)。文字どおり、よく使うWebサイトを登録して辞書引きと並んで検索できる、つまりEBWin4の「Web検索」と同じ機能です。

ところが、EBPocketのWeb検索には、もうひとつ便利な使い方があります。iOSにはアプリから別アプリ呼び出すしくみがあり、その呼び出しをURLで指定することができます。このしくみを「URLスキーム」といい、アプリ固有のURLが公開されていれば、それをふつうのURLと同じようにWeb検索に設定できるのです。

物書堂のアプリはほとんど、このURLが公開されています。

リンク:物書堂のサポートページ

このページを見ると、辞書ごとのスキーム名と、指定方法が書いてあります。

たとえば、物書堂『ウィズダム英和・和英辞典 2』のURLスキーム名はmkwisdom2と分かるので、

設定メニュー(歯車アイコン)から[Web検索]を選んで---

1802187_3

mkwisdom2:///search?text=

と入力するだけです(名前は適宜)。

1802188_4

Web検索に、辞書は8個まで登録できます。

なお、物書堂アプリは、右上の[…]メニューを開くと[URLスキームをコピー]というコマンドが用意されているので、登録はさらに簡単になっています。


実際にブラウザ上で入力し、EBPocketで検索した画面は、たとえばこのようになります。

1802189

「内蔵辞書」というのはEPWING辞書。「外部辞書」以下に出てくるのが「Web検索」に登録したアプリ辞書です。ここから辞書名をタップして選択すると、各アプリに移ります。

他の辞書を見るには、いちいちこの画面に戻ってくる必要があります。ただし、物書堂のアプリどうしは、アプリ内でも移動できるようになっています。


ということで、Wifi Keyboardの準備をし、EBPocketでWeb検索を設定すれば、iPad上でアプリ辞書を引くのは格段に楽になります。

さて、PASORAMAと大きく違うのは、iPad上で検索した結果をPC側に取り込めないという問題です。これは、Evernoteを使って解決しました。

iPad側で検索結果をコピー(部分でも全部でも)したら、iPad上のEvernoteで新規ノートを作り、そこに貼り付けます。PC上のEvernoteで同期を実行すれば、コピーした内容をPC側ですぐに利用できます。


辞書データがアプリ中心になってきた今、この

Wifi Keyboard + EBPocket + Evernote

というセッティングは、私にとっては重要な辞書環境のひとつになりました。iPadをお持ちの方はぜひお試しください。

02:42 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.15

# 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』 ―

いま、日本人全員に読んでほしい本。

それはありえないとして、少なくとも

教育に携わっている者

は全員必修。そして、翻訳者も含め

ことばに携わっている者

にも、準必修のはずだ。

目次

第1章 MARCHに合格―AIはライバル
 AIとシンギュラリティ
 偏差値57・1 ほか
第2章 桜散る―シンギュラリティはSF
 読解力と常識の壁―詰め込み教育の失敗
 意味を理解しないAI ほか
第3章 教科書が読めない―全国読解力調査
 人間は「AIにできない仕事」ができるか?
 数学ができないのか、問題文を理解していないのか?―大学生数学基本調査 ほか
第4章 最悪のシナリオ
 AIに分断されるホワイトカラー
 企業が消えていく ほか
(Amazonより)



この本の趣旨はいたってシンプルだ。

AI は人類にとって神になったり脅威になったりはしないし、シンギュラリティも到来しない。だが、AI が人間の仕事の多くを代替する社会はすぐそこまで迫っている。「AI に代替されない新しい労働の需要も生まれる」という楽観論は多いが、筆者はそれに与しない。なぜなら、「AI に代替されない仕事」に、いまの日本人の多くは就けないかもしれないからだ――

本書は、AI の歴史も振り返りながら、AI という用語に関する誤解、AI の実力と限界を解き明かし、シンギュラリティが到来しないと言える根拠を数学者として提示する。そのうえで「AI は基本的に『読解』ができない」「AI は意味を理解しない」という大前提を導き出す。ところが、いまの中高生、ひいては日本人の大半が、「意味を理解しない、読解ができない」という点で実はAI と五十歩百歩であるという空恐ろしい事実を指摘する。

AI に対処できない仕事は残るし、新たに生まれて来るだろうが、

現代日本の労働力の質は、実力をつけてきたAIの労働力の質にとても似て

おり、それはつまり
AI では対処できない新しい仕事は、多くの人間にとっても苦手な仕事である可能性が非常に高い

のだという。

その可能性を端的に表しているのが、「中高校生の実に多くが、AI 並みの読解力すら持ち合わせていない」という調査結果で、これは2016年頃からあちこちのニュースで話題になった。

この調査「リーディングスキルテスト(RST)」の手法についても本書では詳しく説明してあるだけに、読んでいて本当に背筋が寒くなる。

AI が進化して人間を超えるという未来は来ないかわりに、人間のほうが退化し始めている。この現状はもっともっと周知されるべきであり、少なくとも教育関係者は100%、筆者の説く危機感を共有すべきである。そして、この問題には国を挙げて早急に対策しなければならない。


本書は、書籍でもKindleでもいいので、ひとりでも多くの人に読んでもらいたい。なぜなら、

この本の印税は1円も受け取らないことに決めました。2018年度からRSTを提供する社団法人「教育のための科学研究所」に全額が寄附されます。それを原資としてリーディングスキルテストのシステムを構築し、問題を作ることで、一人でも多くの中学1年生が無償でテストを受けられるようにします。

ということだからだ。

教育のための科学研究所」というのは、著者の新井紀子氏が設立した一般社団法人である。


本論も実に衝撃的だが、

AI とAI 技術は違う。AI はまだどこにも存在しない

「ビッグデータ」という語も、人々の幻想を生んでいる

日米でのAI に対する姿勢の違い ~ 第五世代コンピュータの負の遺産

読解に必要な「係り受け解析」「照応解決」「同義文判定」「推論」「イメージ同定」「具体例同定」

3つの経済原則「一物一価」「情報の非対称性」「需要と供給」

デジタルとは「同時に多数の人々が情報を共有するための仕組み」

などなど、重要なキーワードとフレーズが次々と出現し、「AI のいま」を知るにも(私たち素人には)ちょうど手頃だ。

ちなみに、本書と併せて(できれば、本書より前に)、こちらも読んでおくといいだろう。

こちらの著者、川添愛氏の名前は、「教科書が読めない~」にも登場する。

私たち翻訳者も、この現状を冷静に受け止めなければならない。翻訳者にとって、これからの脅威は機械翻訳そのものではない。読み手の大半が満足な読解力を持たなくなり、まして文章の良し悪しなどは評価しなくなることだ。そして、機械翻訳なみの文章が日本語の標準になってしまう―。

「これまでも、日本語は時代とともに変わってきたのだから」などと呑気に構えていられる変化では、おそらくないだろう。文化現象を担う器としての言語ではなくなってしまうのではないか、というほどの危機だ。

08:16 午後 書籍・雑誌 | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2018.02.14

# ソフトウェアは、まずメニューを見よう

2/4のレッスンシリーズ「脱・辞書の持ち腐れ」では、EBWin4など辞書ブラウザの基本は説明しませんでした。配布資料には、当日スキップした内容も載せてありますが、ソフトウェアの使い方までは扱っていません。

また、フェロー・アカデミーでもオンライン講座が公開されていますが、やはりEBWin4の使い方には触れていません。


EBWin4に限らないのですが、ソフトウェアをインストールしたら、とにかくいろいろ触ってみることです。よほどのことがなければ壊れませんし、最初だったら、万が一にも壊れてしまったら再インストールすれば済みます。

特に、

メニューをひととおり開いてみる

のが、機能を知るにはいちばんの近道です(リボンインターフェースなら、メニューではなくリボン)。


初めて入ったレストランでも、まずはメニューを見ます。そういう意味で「メニュー」というのはいい用語です。


たとえば、EBWin4をインストールしたのであれば、こんなメニューが並んでいます。

1802141

こういうメニュー(あるいはリボン)をひとつずつ開いて、どんな機能が並んでいるか見てみようということです。

Tradosのようにややこしい(かつ不親切な)ソフトウェアだと、出てくる機能名を見ても何のことか分かりませんが、EBWin4くらいなら、だいたい理解できそうです。

[ファイル]メニュー
1802142menu1_2

だいたいどれも、機能どおりの名前で並んでいます。[Tools]だけは、サブメニューを開いても意味不明でしょうが、こういうのは最初は必要ありません。

[編集]メニュー
1802143menu2_2

[編集]メニューは、どのアプリケーションでも共通点が多く、たいていは「切り取り」「コピー」「貼り付け」「全選択」などのコマンドが並んでいます。固有なのは、[検索一致リストのコピー]と[ユーザ辞書]ですが、名前とかけ離れてはいません。

[辞書]メニュー
1802143menu3

これは一目瞭然。登録した辞書が並ぶだけです。初期状態では空っぽということになります。

[グループ]メニュー
1802144menu4

これも初期状態では空っぽですが、辞書のグループが並びます。

[表示]メニュー
1802145menu5_2

一部、英語のコマンドもありますが、最初のうちこういうのは無視します。

[検索]メニュー
1802146menu6

検索オプションを切り替えるメニューですね。すぐ下のドロップダウンでも選べます。

[ヘルプ]メニュー
1802147menu7

これもだいたい、どんなアプリケーションでも似たようなものでしょう。


メニューのほかに、ツールバーも見ておきます。メニューと同じ機能もありますが、ときどき、ツールバーにしかない機能もあったりします。

1802148toolbar


こうやってひととおりメニューを眺めると、たとえばEBWin4の場合には、

・辞書を追加して……

・必要があればグループを編集して……

・検索オプションをいろいろ切り替えて……

・検索できるのね……

と、ソフトウェアの機能が大まかにイメージできるようになります。

ということで、最初はたぶん

[ファイル]メニューから[辞書の追加]を選ぶんだろう

と予想できます。選んでみると、

1802149

CATALOGというファイルを選べと言われます。

じゃ、CATALOGファイルって何?

ということになったら、ヘルプを見てください。EBWin4のヘルプは、わりと親切なほうです。

18021410

これで、EPWING形式の辞書なら「CATALOG」、LogoVista辞書なら「辞書名.idx」を選ぶと分かります。

とは言え、EBWin4の辞書登録には、ちょっとしたコツがあります。

それを次のエントリで書きます。


02:06 午前 翻訳者のPCスキル | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.12

# 辞書は、かならず版と発行年を確認して使おう

この1月に『広辞苑』の新版が出て、いろいろと話題になっています。今回が第七版だということも、だいぶ知られているでしょう。

ちなみに、『広辞苑』の最近の発行年はこうでした。

1991年 第四版
1998年 第五版
2008年 第六版
2018年 第七版

大ざっぱに言うと、最近は10年周期で改訂されてきたことになります。


英語でも国語でも、辞書は

発行年

版(バージョン)

を確認したうえで使うというのが、基本中の基本です。

しかも、私たち翻訳者は電子データを使うことが多いので、

書籍版と電子版の違い

電子辞書などでの収録状況

まで把握しておかないと、それぞれの辞書を十分には使いこせないことになります。そんな例をいくつか紹介します。


最初に取り上げるのは、『明鏡国語辞典』(大修館書店)です。

「明鏡」の発行年度と版は次のとおり。

2002年 第一版
2010年 第二版

では、みなさん、お手元の「明鏡」はどちらだか把握していますか?

LogoVista版をお使いであれば、まず第二版です。

カシオの電子辞書、この5年くらいの製品であれば、これもおそらく第二版でしょう。

セイコーインスツル(SII)のDAYFILERシリーズなどは……、これが意外なことに第一版なんですね。

このように、電子辞書端末などのプラットフォームの場合、製品の発売時期と、収録コンテンツの版が必ずしも比例しないことがあります。

たとえばOxford Thesaurus of Englishは、第3版(2009)が最新ですが、カシオの製品では、この2月に出る最新モデルに至るまで、なぜか第2版のままです。こういうところにも、注意が必要ということになります。


さて、その「明鏡」で奇特という単語を引いてみてください。版によって記述が違うはずです。


《名・形動》 行いや心がけがまれに見るほどすぐれていること。殊勝。きどく。「今時―な人もあるものだ」 [派生]‐さ 【明鏡】

《名・形動》 行いや心がけがまれに見るほどすぐれていること。殊勝。きどく。 「今時━な人もあるものだ」
[注意]近年、「こんなものを買うなんて奇特なやつだ」など、風変わりの意でも使われるが、誤り。 [派生]‐さ 【明鏡二】
(赤字は引用者)


第二版では、最近の使われ方を載せたうえで、それを誤りと断じています。

「明鏡」はこのように「誤り」と断じることが多い辞書です。「奇特」の新しい使い方を、たとえば『三省堂国語辞典 第七版』は、〔俗〕というラベルを付けて示すだけで、「誤り」とは指摘していません。

※『明鏡国語辞典 第二版』で「誤り。」を全文検索すると、557件もヒットします。参考までに、『岩波国語辞典 第七版』では41件、『新明解国語辞典 第七版』では21件にとどまっています。ほかの言い方で指摘しているケースもあるとは思いますが、傾向は明らかです。

「明鏡」の誤り指摘はいきすぎ、という指摘もあります。しかし、翻訳しているときには正用・誤用についてわりと保守寄りのほうが無難なことも多いので、そういう拠り所として「明鏡」は便利です。

次は、『ランダムハウス英和大辞典 第二版』(以下、「RHD2」)です。実は、私も今日まで気づいていなかったのですが、RHD2は、

書籍版と(私たちがいま使っているほとんどの)電子版

とで内容が同じではありません。


お手元のRHD2で、memeを引いてみてください。

おそらく、《インターネット》というラベルが付いているはずです。

1802112
これがDF-X10001の画面。

1802114
こちらは、ジャパンナレッジ収録のRHD2。


RHD2の発行年は1993年ですから、常識的に考えると、このラベルが付くにはちょっと早すぎます(たとえば、『データパル』では1998年版に「インターネット」あり)。


ということで書籍版を確認してみると、meme という単語そのものが載っていないことが分かりました。
※私の手元には今ないので、お持ちの方にご協力いただきました m(__)m

念のために、RHD2の製品ヘルプを見てみると、

ランダムハウス英語辞典 (Windows版)
1998年11月26日 Version 1.0 発行
2002年11月29日 Version 1.5 発行

と書籍版より新しく、またReadmeには

この度は、『ランダムハウス英語辞典』をご購入頂きましてありがとうございます。 『ランダムハウス英語辞典』は、「ランダムハウス英和大辞典」(第2版)を原典とした、最新の英語辞典です。

と書いてありました。

関山先生によると、やはり電子化の段階で、「コンピュータ関係の新語を増補したはず」だということです。


三大英和大辞典の発行年度は、古い順から並べると

1993年 ランダムハウス英和大辞典 第二版
2001年 ジーニアス英和大辞典
2002年 研究社 新英和大辞典 第6版

なので、「ランダムハウスはちょっと古い」という判断になりますが、一部の語彙については必ずしもそうではない、ということになるわけです。


ちなみに、先ほど引いたmeme。

もともとは、言うまでもなくRichard Dawkinsの学説に由来する言葉ですが、最近インターネット上で使われる「ミーム」には、かなり違う意味があります。かなり新しい辞書でないと載っていないかもしれません。

2.
a. An image or short video clip, often accompanied by a humorous saying or popular catchphrase, that is transmitted virally, especially on social media.
b. A humorous saying or popular catchphrase that is transmitted virally, especially as a caption for such an image or video clip. 【AHD】

など、主なオンライン英英には載っています。

2) インターネット上で拡散する画像[動画など].【R3】

さすがに『リーダーズ 第3版』は間に合ったようです。

改訂周期の短い学習英和のうち、『ウィズダム 第3版』(2012)は間に合っていませんが、『オーレックス 第2版』(2013)には載っています。タッチの差ですね。


このように、辞書の版と発行年を再確認するには、自分の持っている辞書をときどき総ざらえするといいかもしれません。私も今回、やってみました。

1802111

こんな感じです。

以上、「発行年と版を知っておくことが大切」という話でした。ところが、そのわりに、カシオや、かつてのSII、あるいはLogoVistaなどでも、発行年や版についての情報が示されていないことがあるのは、辞書を扱うという観点から、なんとも残念です。

12:08 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.10

# (映画|映画館) の思い出、その6

最近ずーっと辞書の話ばっかりで、つまらない

という声が聞こえてきたので(どこからだ)、久しぶりに映画の話を書こう……。

と思って過去の記事を見たら、ちょうど10年前にこんなシリーズを、その5まで書いていたようです。

side A: # (映画|映画館) の思い出、その1

side A: # (映画|映画館) の思い出、その2

side A: # (映画|映画館) の思い出、その3

side A: # (映画|映画館) の思い出 -- 番外編 --

side A: # (映画|映画館) の思い出、その4

side A: # (映画|映画館) の思い出、その5、その他

なので、10年ぶりのシリーズ再開で、「その6」としました。

その6 --- 都内で観たはじめての映画


……といっても、特撮の話ですけど(ここで半分以上、ページ閉じられちゃう、と)。


講談社の「ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX」シリーズ、No.41がこれでした。

1802101

「初めて観た映画はなに?」という世代マーカー的質問があります。私の場合は

『怪竜大決戦』(1966 年、東映)
『黄金バット』(1966 年、東映)

の同時上映でしたが、『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』(1971)は、

東京まで行って観た初期の映画

の1本でした。


ページを閉じなかった方ならご存じのとおり、『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』というのは、

1802102

これの短縮版です。1971年春「東宝チャンピオンまつり」のプログラムとしてリバイバル上映されました。

リバイバルといえば、どうして日本映画って、リバイバルをほとんどしないんでしょうね。ジブリの人気作なんて、絶対そこそこは動員できそうなのに。テレビ局との力関係?

コンテンツの使い方が下手ですよー。

閑話休題。

東宝特撮映画の何本かは、チャンピオンまつりのプログラムとして再上映されましたが、いずれも短縮版でした。そんなのを収録しているというのが、講談社のこのシリーズのエラいところです。

Wikipediaによると

1970年春 『キングコング対ゴジラ』 短縮版
1970年冬 『モスラ対ゴジラ』 短縮版
1971年春 『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』
     ( 『怪獣大戦争』の改題・短縮版)
1971年冬 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦』
     (『三大怪獣 地球最大の決戦』の改題・短縮版)
1972年夏 『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』 短縮版
1972年冬 『ゴジラ電撃大作戦』
     (『怪獣総進撃』の改題・短縮版)
1973年夏 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』 短縮版
1973年冬 『キングコングの逆襲』 (短縮版)
1974年冬 『『海底大戦争 緯度0大作戦』』
     (『緯度0大作戦』の改題・短縮版)
1977年 『キングコング対ゴジラ』 短縮版
1978年 『地球防衛軍』 短縮版

と続いたそうです。

ちなみに、『ドラえもん』の長編映画版は1980年に始まりましたが、その第1作『ドラえもん のび太の恐竜』のときも、『モスラ対ゴジラ』の短縮版が併映されています。

さて、『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』は、私が都内ではじめて観た映画というわけではありません。それ以前に、親に連れられて、こんなのを観にいってました。

『ドリトル先生不思議な旅』(1967年公開)

ドリトル先生を演じたのは名優レックス・ハリソン。監督は『ミクロの決死圏』のリチャード・フライシャーです。それ以来ほとんど見直したことはないのですが、巨大なカタツムリの造形はよく覚えています。


それから、こんなのも。

『ケロヨンの大自動車レース』(1968年)

って、ソフト化されてるのか! なんという時代だ。

いま見るとスゴいですね。藤城清治と木馬座の制作だったんですか。だから、ウチの親も見せてくれたのかなー。劇中に、たしかトヨタ2000GTが出てきます。


「ドリトル先生」は日比谷で観て(昔の日比谷スカラ座、らしい)、ケロヨンは、有楽町そごう(読売会館。いまはビックカメラ)にあったよみうりホールだったんじゃないかなぁ……。


このほかには都内まで行った記憶がなくて、次に覚えているのが、この『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』。

しかもこのときは、神奈川に引っ越しちゃった幼なじみ(とその家族)と銀座で会って(たぶん食事もして)、これを一緒に観るという、なかなかの(昭和的な)イベントでした。

併映は『アタック No.1』、『みなしごハッチ』、『いなかっぺ大将』でしたが、まったく観た記憶がありません。ゴジラだけ観て出てきちゃったようです。

07:19 午後 映画・テレビ | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2018.02.09

# 『図解 英語基本語義辞典』と『図解 英単語イメージ辞典』

『図解 英語基本語義辞典』という名辞書がありました。

1989年に桐原書店から出版されました(私が持ってるのはこれ)。今は絶版。

まだ中古は出回っているものの、10,000円を超える高値が付くことも珍しくありません(この記事の執筆時点で4,000円ちょっとから、上は30,000円くらいまで)。

その後2012年には、国際語学社というところから再版されましたが、

こちらも今は中古だけのようです。

この辞典の前書き(pp.vii~xi)で、「なぜ語義の図示・図解なのか」という問いに著者の政村秀實氏は次のように答えています。

簡潔に言えばイメージだからと答えたい.ことばのイメージは,意識して頭の中に描かれるものではなく,人が生まれてから現在に至るまでの生活の実体験を通してつくられるものである.ところが外国語の場合は,ことばと実体験を結ぶ場がきわめて少なく,このために自然な状態でイメージを育てることが非常にむずかしい.

著者には、こういう「イメージ」を中心にした著作がいくつかあります。そして、この2月にはこういう辞典が出ました。

『図解 英語基本語義辞典』の後継なのだろうと予測していましたが、大修館書店のサイトで見本ページを確認できたので、さっそく購入しました。

でも、結論から言うと、

同じ著者の系譜には違いないが、かなり別もの

です。使い途はあるのでもちろん損をしたとは思っていませんが、『基本語義』と比べると、がっかり感が大きかったことも否めません。


まず、収録語数とボリュームがだいぶ変わりました。

『図解 英語基本語義辞典』(以下、『基本語義』)は500語(辞書には書かれていない。Amazonの商品説明より)で、本文は483ページ。1ページ1単語が原則です。

『[図解]英単語イメージ辞典』(以下、『イメージ辞典』)は1,416語で、本文は708ページ。1ページ2単語で、例外はなさそう(708 x 2 = 1416)。


これだけ見ると、内容が充実したように見えるのですが(そういう面はもちろんある)、肝心の

図示・図解

の部分がかなり変わってしまいました。また、ページ数は増えた一方で語数が3倍に増えた分、1単語あたりの例文は減っています。


先ほど冒頭を引用した「なぜ語義の図示・図解なのか」を見ると、『基本語義』の図示・図解は、以下のように説明されています。

A.分析的方法

(1)語源の図示・図解

(2)意味の物理的図解

B.感覚的方法

(1)語源のイメージ図示

(2)典型的場面の具体的な図示

たとえば、A(1)の例がembarass。

1802091gogiembarrrass

A(2)の例がanother。中高生にとっても、重要語のひとつです。

1802092gogianother

また、B(1)例がrunです。

1802093gogirun


一方、『イメージ辞典』のほうは、「はしがき」にこう書かれています。

絵本のような英語の辞典をつくってみたいという思いが編集部と通じ合い,本書への取り組みが始まりました。すべての見出し語(1461)語にその語義イメージを描き出すこと(一語一絵).これが本書の大きな特徴です。
(赤字は引用者)

つまり、同じ著者ではあるが、方針が違っているらしいということです。

たとえば、上にあげたembarrassはこうなりました。

1802094imageembarrass

たしかに、ただの「絵本」です。embarrassingな場面を絵にしただけで、『基本語義』のように「語源の図示・図解」になっていません。ただし、

語源と語義の変遷

については『イメージ辞典』のほうが充実しているので、図示・図解ではなく文字情報を中心として「語源に基づくイメージ辞典」として利用するのであれば、こちらも買い、と言えます。

ただし、『基本語義』では

1802095gogicommit

こういう多面的だった図解が、『イメージ辞典』では

1802096imagecommit

こんな一面的な絵になってしまいましたし、『基本語義』に載っていた

1802097gogireach

reachとarriveの違いを示した図もなくなってしまいました。

やっかいな前置詞 across も、

1802098gogiacross

これが、

1802099imageacross

このように変わってしまい、語源解説は詳しいのですが、図示・図解で直感的につかめるという特長は弱くなってしまいました。


ただし、reachそのもの、あるいはlikelyやrunといった語、つまり『基本語義』でBの(1)に分類されていた単語については、わりと『基本語義』時代のままのようです。たとえば、

18020910imagerun

run などは、『基本語義』よりいい絵ですし、語源と、そこからの語義の展開に関する解説はずっと充実しています。

『基本語義』の分類Aにあたる単語の図解は、いろいろとかなり残念です。

ignore、insult、outsideなど、『基本語義』になかった単語も1,000語近く追加されましたが、ただの「挿絵」です。

explainやpowerのように『基本語義』にあった単語も、ただの「挿絵」になってしまいました。


ということで、『イメージ辞典』のほうが詳しくなった情報も多い反面、旧著と比較してしまうと、かなりもの足りない。両方あれば、いろいろ補完しあっていいかもしれません。

04:51 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.07

# 『翻訳英和辞典』補完計画 5 - apparently

apparently pp.25-26

このシリーズで外すことのできない単語ですが、なかなかいいタイミングです。

先日2/4のセミナーで、私が当日の課題としてarguablyを出したら、深井裕美子さんがまっ先に

「arguably、イヤ~。apparentlyと同じくらいイヤ~」

と叫びました。そのapparentlyが、本書でも取り上げられています。

どのような文脈に使われていても,この語を「明らかに」と訳す人が(英文科の学生にも翻訳者にも)多いが,要注意。『プログレッシブ』は、第3版になって,「『明らかに』の意で用いるのは((まれ));evidentlyが普通」と的確な説明をつけた。

続いて、『グランドセンチュリー』(三省堂、2000年)からも「(実際にはともかく)外見上は,見たところ……らしい(seemingly)」という語義も紹介されています。

このシリーズ、いつも記事を書きながら手元の辞書をいろいろと引いているわけですが、今回は引く前に予想してみます。

おそらく、(今はもう)ほとんどの辞書がこうなっているんじゃないでしょうか。

1 ADV ADV with cl/group, ADV before v vagueness
You use apparently to indicate that the information you are giving is something that you have heard, but you are not certain that it is true.
* Oil prices fell this week to their lowest level in fourteen months, apparently because of over-production.

2 ADV ADV with cl/group, ADV before v
You use apparently to refer to something that seems to be true, although you are not sure whether it is or not.
* The recent deterioration has been caused by an apparently endless recession... 【COB】

外見、という観点はまったくないのがおもしろいですね。1. は「伝聞」、2. は「確度の不足」というところでしょうか。


1. [sentence adverb] based on what you have heard is true, although you are not completely sure about it:
Nelson apparently committed suicide.Apparently, it was a really good party.

2. according to the way someone looks or a situation appears, although you cannot be sure:
Campaign funds have been used for apparently illegal activities. 【LDOCE5】

Longmanも、1. は同じです。2. がCOBUILDとは違い、「外見や様子」という解釈になっています。


1 based only on what you have heard, not on what you are certain is true
2 used for saying what seems to be true when people do not yet know all the facts of a situation 【MED2】

用例は省きました(以下同)。Macmillanの語釈もCOBUILDとほぼ同じですが、yetと入っているところが、おもしろい。たしかに、「まだよく知らないこと」について言う場面は多そうです。


1 見たところでは, 見掛けは, 外見上, どうも…らしい (seemingly).
2 《まれ》 明白に (evidently).
3 《廃》 公然と (openly), はっきりと. 【新英和大】

【1】《文修飾語》 外見上,見たところでは,どうも…らしい:
【2】明らかに,明白に
*この意味では通例 evidently を用いる.【RHD2】

1 [しばしば文修飾](実際はともかく)見たところは…らしい《◆only, merely と共に用いることが多い;cf. evidently, obviously》
2 明らかに∥(Very)
3 [文修飾](予測・見かけとは違って)実際は(in fact) 【G大】

三大英和は、さすがにしっかりおさえています。『新英和大』に《廃》語義 3. が載っているところは、「Shakespeare から IT まで」という同書のモットーどおりです。

『ランダムハウス』には、ラベルはありませんが語法の注意書きがあります。ちなみに、RHD2の親辞書と同内容の『Random House Webster's Unabridged Dictionary』には、形容詞apparentしか載っていませんでした。

『ジーニアス大』が語法を詳しく書いているところにも、この辞書の特徴がよく出ています。


『リーダーズ』は、第2版になかった《まれ》というラベルが第3版で追加されいます。


最後に紹介するのは、これ。

1802071

1802072

どうですか、この詳しさ!

圧倒的じゃないか、ウィズダムは!

と、思わず銀河万丈の声で叫んでしまいたいほどです。

[推測]
[疑念]
[矛盾]

のように大まかな意味が書かれていますが、このスタイル、私はけっこう好きです。「英和辞典の使い方」を見ると、

機能語や多義の項目,談話辞などでは,語義の冒頭に[[ ]]に大まかな意味・用法を示す.

と説明してありました。


学習英和辞典の良さを紹介するとき、これからはapparentlyを使うことにしましょう。

『ジーニアス英和』も、かなりのスペースを割いています。G4とG5でもだいぶ違うので、お持ちであれば比べてみてください。


なお、apparently はこちらの本でも取り上げられています。

私が持っているのは、分冊だった時代のやつで、これの第1巻と第3巻に登場します。

この本の説明、河野先生とちょっと違います。お持ちの方は、見比べてみるのも一興です。


今は、合本にさらに改訂を加えたこちらが出ていますよね。

01:41 午後 『誤訳をしないための翻訳英和辞典』補完計画 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.05

# 帽子屋の辞書ばなし、目録

昨日、翻訳フォーラムのレッスンシリーズ第8弾「脱・辞書の持ち腐れ《50Hz》」が無事に終わりました。

辞書に関する話はずいぶんしてきましたが、毎回やはり初めての方がいらっしゃり、「EBWin4の基礎を知りたい」などのご要望をいただきます。


ちょうど、フェロー・アカデミーの「オンライン講座」(Web上で何度でも視聴できる動画配信)でまた基礎編があるのですが(2/9~28配信)、1/31で締め切られていました。ごめんなさい m(__)m

リンク:フェロー・アカデミー「オンライン講座」

同じオンライン講座で、第2弾として「オンライン英英辞書を使いこなそう!」というのもあり、こちらは2/15申込み開始です。


一定数の需要があれば、辞書ブラウザの基本(昨年7月のレッスンシリーズ第6弾、「手取り足取り」のような)は何度でも再演しますが、私があちこちで書いたものもありますので、よろしければ、そちらもご覧ください。

ということで、帽子屋による辞書ばなしのうち、文字として残っているものの総目録を作っておくことにしました。


なお、昨日の内容に近い話「脱・辞書の持ち腐れ 《60Hz》」を、来月3月2日には大阪でも開催します。

リンク:JTF関西セミナー「脱・辞書の持ち腐れ《60Hz》~どの辞書をいつ引くか~」

懇親会は定員に達してしまいましたが、セミナーのほうはまだ受付中です。関西方面の方、ご参加をお待ちしております。


『プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン』

まずはこちら。

辞書ブラウザのことも含め、翻訳者が使う辞書の基本事項をいちばん詳しくまとめてあります(レッスン3)。それ以外にも、翻訳フォーラムのメンバーがお伝えしたいことが凝縮されていますので、まだの方はぜひ。


『翻訳力を鍛える本』
『新・翻訳力を鍛える本』


イカロスのムックです。赤いほうが新しく、昨年10月に出ました。青いほうは2015年10月刊行で、中古なら手に入るかもしれません。

青いほうで基本中の基本を書きました。赤いほうは、それに続いて発展させた内容ですが、基本にもすこし触れています。

書くときでも話すときでも、時期が違うと内容はけっこう変わっています。辞書環境が目まぐるしく変化しているからですが、私の環境や使い方が変わっていくという理由もあります。

私の辞書の使い方が大きく変わってきたのは、簡単に言うと、以前は汎用辞書ブラウザなど

できるだけ1つの環境で辞書を引きたい

という発想でした。それが最近は、

オンラインでも紙でも、使えるものは何でも使おう

と言う考え方に変わったということです。『翻訳力を鍛える本』と『新・翻訳力を鍛える本』で私の記事をお読みいただくと、その変化が分かっていただけると思います。


『通訳翻訳ジャーナル 2016年4月号』

同じイカロスさんでは、季刊誌「通訳翻訳ジャーナル」のこの号にも寄稿しました。内容は、時期的なこともあって上の青い本に似ています。


『翻訳事典 2017』
『翻訳事典 2018』

ムック本でいうと、アルクさんの「翻訳事典」にも辞書の話が載っています。


ただし、私の寄稿ではなく、2017年版(2016年1月刊)はその前年2015年の10月に、今回と同様、深井裕美子さんと帽子屋のふたりがJTFセミナーに登壇したときのレポートです。

また、2018年版(2017年1月刊)は2016年5月の翻訳フォーラム・シンポジウムのレポートです。

どちらも、辞書に関する情報は少なめですが、ほかの記事も充実しているというのでおすすめ。ちなみ、『翻訳事典』の最新版も出たばかりです。年度表記が変わりましたね。「2018-2019」となりました。


JTF発行『日本翻訳ジャーナル』

JTF(日本翻訳連盟)が隔月刊で発行している『日本翻訳ジャーナル』に、2016年5/6月号(#283)から、辞書に関する話を連載しています。

辞書のことを書いたり話したりするといっても、個々の辞典について歴史や特徴を詳しく書ける場はないので、この連載でやっています。題して、「帽子屋の辞典十夜」

第8回まで、以下の内容で書きました。

第1回 「Webster 辞書のなぞ」 (2016年5/6月号)
第2回 「ホーンビー博士のOALD」 (2016年7/8月号)
第3回 「Longmanを使い倒そう」 (2016年9/10月号)
第4回 「COBUILD~コーパスから生まれた学習英英」 (2016年11/12月号)
第5回 「日本語と英語の“大辞典”」 (2017年3/4月号)
第6回 「リーダーズの系譜」 (2017年5/6月号)
第7回 「英和大辞典のご三家」 (2017年7/8月号)
第8回 「翻訳者におすすめの学習英和辞典」 (2017年11/12月号)

なお、同ジャーナルには、翻訳フォーラムのメンバーが交代で書いている「続・翻訳者のための作戦会議室」という連載もあります。

ジャーナルのサイトには、このブログの右カラムにある画像からアクセスできます。お読みになるには、メールアドレスの登録が必要ですが、ほかの連載も読み応えたっぷり。(今はまだ)無料でお読みいただけますので、ぜひPDFをダウンロードしてお読みください。

もちろん、このブログでも過去にいろいろと、辞書に関する記事を書いてきました。左カラムにカテゴリー別のリンクがあり、「辞典・事典」からアクセスできます。

あるいは、右カラムにある検索窓に、たとえば「EBWin4」などと入力して検索してみてください。

ただし、けっこうな記事数があるので、ちょっと重たいかもしれません。2005年以来、この記事を除いて141本ありました。たぶん、私が辞書について言いたいこと・書きたいことはほとんど書いてあるんじゃないかと思います。

12:45 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2018.02.02

# ジャパンナレッジ、キャンペーン適用入会

先月もご案内したとおり、JAT/JTF会員の方が、

・現在ジャパンナレッジを使っていて、

・JAT/JTF会員特典(年会費2割引)を利用したい

場合は、

契約満了を待ってから

キャンペーンコードを使って再入会する必要があります。前回もその手順は書きましたが、私が実際に再入会の手続きを済ませたので、改めてご紹介しておきます。

まず、契約が満了すると、こんなメールが届きます。

1802027_2

普通ならドキっとしてしまいますが、今回はこれで大丈夫。


試しに、これまでのIDでログインしようとすると、こんなメッセージが出ます。

1802026


で、再入会の手続きに進むわけですが、通常の入会画面に進んではいけません。会員割引キャンペーンを使いたい場合は、

http://cam.japanknowledge.com/

このURLからアクセスします。

すると、

1802022

こういう画面が出るはずなので、ここでJAT/JTFそれぞれのキャンペーンコードを入力します。

注意:

JTFのキャンペーンコードについては、1/19に会員宛てメールが届いています。そこで案内されているPDFをご覧ください。

JATのキャンペーンコードについては、JAT会員専用のフォーラムページに書いてあります。


コードを入力して、[キャンペーンで入会する]ボタンをクリックすると、後は一般の入会手順と同じです。

1802021

どうでもいいことですが、「業種・職業」にちゃんと「通訳・翻訳者」という選択肢があるのはさすがです。

1802023


入力後の確認画面に進むと、

1802024

適用したキャンペーンとして

日本翻訳連盟優待(2割引)

と書かれています。こうなっていることを確認してください。


次に進むとコース選択画面になりますが、ここでも

1802025

年会費が割引価格で表示されます(通常は、パーソナルが16,200円、パーソナル+Rが21,600円)。ここも、念のため確認してください。


あとは、支払いのクレジットカード情報を入力し、メールを受信すれば再入会手続きは終わりです。

ログイン画面では、新しいIDを使うのをお忘れなく。


ちなみに、私はよく使うオンラインIDの後に「2018」と付けました。


もちろん、EBWin4のブラウザ連携でジャパンナレッジを使っている場合は、EBWin4でも新しいIDを。

09:18 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加