« #2016年をふり返る | トップページ | # 辞書ブラウザの本文内を検索 »

2017.01.09

# 「訳出のバリエーションづくり」 - レッスンシリーズ第4弾

昨年から始まった、翻訳フォーラムの「レッスンシリーズ」、今年も1月、2月と続けて実施します。

ひとまず、1月分をご案内。

日時:1/29(日) 13:45~17:00
場所:アカデミー音羽 美術室

リンク:「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4) in東京 - パスマーケット

今回のテーマは、「訳出のバリエーション作り」です。リンク先のイベント情報も併せて読めば、目的はおわかりいただけると思います。

原文に"most"とあったら、何と訳していますか?「たいていの」「ほとんどの」あたりでしょうか。しかし、いつもいつも「たいていの」「ほとんど」ではワンパターンになってしまいます。訳文の中で「浮いて」しまうこともあるかもしれません。他に訳し方はないのでしょうか。品詞を変えたり、位置を変えることでバリエーションを増やす方法はないでしょうか。
(イベント情報から引用)

ですが、タイトル後半の「訳例カード・ワークショップ」というのは、ちょっと説明が必要でしょう。

そもそも、訳出のバリエーション、訳出パターンの手持ちを増やすには、どうすればいいのでしょうか。

辞書が頼りになることは間違いありません。ためしに、oftenを引いてみましょう。

しばしば, 度々 (frequently)(cf. seldom).
・He often comes to see us. 彼はよく我々を訪ねて来る.
・I saw her there very often. 彼女とそこで何度も会った.
【研究社大英和6】

【1】しばしば,ひんぱんに,ちょくちょく,たびたび,何度も:
【2】たいてい,多くの場合:
We go to the station often by bus. たいていバスで駅に行く.
【RHD2】

しばしば, たいてい, よく;多くは
He has ~ found it to be wrong. 彼はこれが悪いことだとしばしば感じていた
he walked around here quite ~. 彼女がこのあたりを歩くことはかなりよくあることだった.
【G大】


三大英和辞典を引いてみました。訳語と用例がいくつかあがっているものの、G大の最後の例文を除けば、すべて副詞として訳出してあり、これではバリエーションがそれほど増えた感じはしません。


2 [複数形の名詞・代名詞とともに用いて] 多くの場合, よくあることだが
Children often dislike carrots. 子供はニンジンが嫌いなことが多い
【研究社 英和中7】


学習英和まで引いてみると、oftenに当たる部分を述語として訳すパターンも見つかり、ようやくバリエーションがすこし広がった気がします。


では、英和辞典や和英辞典から、oftenを使った用例をすべて抜き出してみたらどうでしょうか。


Fear is often begotten of guilt. 恐怖心は往々罪の意識から生じる.
Liberty often degenerates into lawlessness. 自由はややもすると放縦になる.
A person's age often shows itself first in the extremities. 人の年はまず手足に現れることが多い.
【研究社大英和6】

研究社大英和を全文検索した結果の一部です。副詞だけでも「往々」、「ややもすると」と、訳語欄ではあまり見かけない表現が見つかりました。「~が多い」という述語表現もあります。


訳出のときに選べる語彙は増えましたが、実は、大切なのはここからです。

「しばしば、よく、往々にして、ややもすると、まず……」 → グループ1

「よくあることだ、~ことが多い」 → グループ2

グループ1とグループ2では、oftenの訳に当たる部分の、日本語文における機能が違います。グループ1は副詞句であり、グループ2は述語として処理されています。

語彙を増やすだけではなく、訳出パターンをこのように機能別に整理しておくと、訳出パターンの手持ちが広がるうえに、それを意識的に使い分けられるようになります。


この整理のしかたを学ぶのが、

「訳例カード・ワークショップ」

です。

上にあげたoftenの場合、グループはとりあえず2つだけでしたが、ほかにもグループを作れるかもしれません。まして、もっと出現頻度の高い

most

だったら、どうなるでしょうか。


1回のワークショップを経験するだけでも、訳出パターンを意識的に使い分ける力がしっかり身につくことは、昨年の翻訳フォーラム・シンポジウムで発表があったとおりです。


そして、なぜその訳例を『研究社和英大辞典』から引くのか、その秘密も、当日お伝えする予定です。


翻訳フォーラムならではの「訳例カード・ワークショップ」、ぜひ参加してみてください。

01:14 午前 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« #2016年をふり返る | トップページ | # 辞書ブラウザの本文内を検索 »

コメント

参加費の支払いがクレジットカード決済のみなので、困っております。以前、カード破産寸前にまで追い込まれたことがあったので、現在はカードを一枚も持っておりませんし、二度と作りたくもありませんので。

投稿: 迷子のモンキー | 2017/01/09 20:27:36

あ、そうなんですか。
スタッフに連絡して、決済のとこ何とかしましょうか?

投稿: baldhatter | 2017/01/09 20:54:37

迷子のモンキー様

引き続きこちらをお読みいただけているようでしたら、申し込みページに書いてある、主催者のアドレスに直接お問い合わせください。

投稿: baldhatter | 2017/01/10 3:35:56

代替案をご教示いただき、ありがとうございました。
有意義な時間を過ごすことができました

投稿: 迷子のモンキー | 2017/01/29 18:22:36

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)