« # 「辞書とコーパス1日マスター」のご案内 | トップページ | # 日本翻訳連盟(JTF)の理事に就任しました »

2016.06.05

# OALDのおまけ小冊子

学習英英辞典の定番OALD(Oxford Advance Learner's Dictionary)は、DVD-ROMの付いた書籍版、しかも旺文社がパッケージにして売っている製品を買うのが簡単です。

上が第8版、下が第9版です。

どちらも、購入すると「活用ガイド」という小冊子を入手できます。「OALD8活用ガイド」と「OALD9活用ガイド」、著者が違うため内容はだいぶ違いますが、どちらも一読をおすすめします。

1606051

※検索すれば誰でも無料でダウンロードできますが、購入者特典みたいな扱いでもあるので、いちおうURLは書きません。


特に、「OALD9活用ガイド」の第2部「OALD9の活用法」に書かれている、

「辞書検索の7ステップ」

というアプローチはおすすめ。

辞書の引き方は、人それぞれいろいろあっていいと思いますが、この「7ステップ」に書かれている概念は抑えておくと役に立つはずです。

OALD8とOALD9は、どちらも単独で起動するアプリケーション型ですが、第8版のほうは

Logophileに載せることができ

て便利です。


また、iOSアプリ版は、この前までOALD8だけでしたが、3月にOALD9が出ていたようです。

しかも、定価は3,600円ですが、アップグレードのオプションがあります。

1606052

OALD8を2015/6/3より前に購入した人は720円で、2015/6/3以降に購入した人は無料でアップグレードできます。

※ただし、アップグレードすると9だけになるのか、8と9の両方になるのかは不明です。試していません。

ところで、冒頭にあげた小冊子の写真。

言うまでもありませんが、ダウンロードできるのはPDFファイルです。これを、Acrobatの印刷オプション「小冊子」で印刷すると、ちゃんと中綴じ製本できるページ順に印刷してくれます(Acrobat ReaderでもOK)。

家庭用プリンターだと最大でA4なので、A5サイズの小冊子ということになります。

念のために書いておくと、「中綴じ製本できるページ順」というのは、たとえば全部で24ページの場合、

1枚目の右がp.1、左がp.24、その裏がp.2とp.23

のようになっている印刷です。

これを中綴じでホチキスどめするわけですが、こういうのを使います。

一見するとふつうのホチキスですが、

1606053

こんな風に90度回転して、中綴じができるようになります。

ちなみに、左のやつは私が学習塾で国語の教師をしていたころから愛用していた30年もの。右のが最近になって買い換えたやつです。


10:46 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 「辞書とコーパス1日マスター」のご案内 | トップページ | # 日本翻訳連盟(JTF)の理事に就任しました »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)