« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016.06.30

# 『シュナの旅』を買い直す

マスナガさんがこんな記事を書いていたので。

リンク:30年以上前に描かれた宮崎駿の『シュナの旅』を久しぶりに読み直してみた - 頭ん中


私もつい、つられて引っ張り出してきました。

本棚をなんど入れ替えようと、一部を倉庫に移動したり売ったりしようと、絶対に手元に残しておく本というのがあります。これも、そのなかの一冊。


ところが、再読しようとこれを開こうとしたら、古くて壊れそうだったので、再読用にもう一冊買うことにしました。

1606301

左が、手元にずっとある初版本。1983年6月15日発行。

右が、今回買い直したもの。2013年9月25日発行の82刷。

初版の帯にあるとおり、「アニメージュ文庫」として初期に出た一冊でした(文庫の刊行開始が前年の1982年)。

作者の活動時期で言うと、アニメージュ本誌にナウシカを連載中で、そのアニメ版が公開されるより前のことです。もちろん、スタジオジブリはまだ生まれていません


1606302

裏表紙がかなり違います。値段は、初版が380円。今は448円+税。


1606303

既刊本のリストを見ると、時代がわかります。

『ヤマト完結編』、文が岬兄悟ですよ、イラストが金田伊功ですよ。高畑さんの『セロ弾きのゴーシュ』、大塚さんの『作画汗まみれ』ですよ...(すいません、ちょっと焔モユル入っちゃいました)。

さて、『シュナの旅』。

その後の宮崎駿がぎゅっと詰まっていると言えば、だいたいわかるでしょう。ナウシカのベースになっているのはもちろん、ラピュタっぽいところも、もののけ姫っぽいところもある。

そういえ絵師としてのおもしろさだけでなく、この本では、宮崎駿の語り口も注目に値します。以下、それほどネタバレにならない範囲で引用してみます。

乾いた土をひっかいても
ヒワビエの苗を植えても
やせた大地は
わずかな実りすら
出ししぶる


女たちはいつもの狩りにしては 多すぎる弾丸の数を見て
シュナの決意が固いのを知った

こういう語りと、この当時の宮崎駿の絵---漫画と絵コンテの中間のような、独特の間を持った---を楽しめる一冊。文庫なので、たいへんお買い得ですが、絵のクオリティーを楽しむために、大判になってくれてもいいと思います。

ちなみに、ほぼ同じ時期に出たこういう本もあって、

やはり買い直そうと思ったら、こちらは絶版で高値が付いていました...。

05:11 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2016.06.28

# 十人十色、異例の出版系セミナー開催!

Facebookグループを基盤に、学習者からプロまでが広く集まっている翻訳勉強会「十人十色」。

今までも、いろいろとイベントの告知や報告をこちらでもしてきましたが、今回は異色です。

十人十色としては初めて、出版翻訳に関するセミナーを開催することになりました。以下の日時で、フリーの編集者、鹿児島有里さんをお迎えします。

【日時】2016年7月12日(火)18:00~

【場所】都内

※十人十色のイベントは平日の昼間が多いのですが、今回は夕方から。お勤めの方でも間に合う時間帯です。


Facebookにイベントページを立ててあるので、すでにメンバーであればイベントページを見られます。

リンク:「翻訳書の編集者の視点」 ~担当翻訳書100冊超の編集者が語る出版翻訳の世界~


が、十人十色にまだご参加していない方から、今回のセミナーに興味がある、参加したいとの声をいただいているようですので、こちらでもご紹介することにしました。

十人十色にまだ参加しておらず、このセミナーに興味がある方は、管理人である井口富美子さんのブログをご覧ください。

リンク:「翻訳書の編集者の視点」 翻訳勉強会「十人十色」 セミナーのお知らせ

【講演概要】

出版社所属の編集者として、フリーランスの編集者として、さまざまなジャンルの翻訳書を作ってきた経験をお話しします。編集者が求める訳文、翻訳者とは?そのために、編集者がすることは?コンテンポラリーな新作と古典の新訳では、やることは違う?

ベテラン翻訳者から学んだことはもちろんたくさんありますが、新人翻訳者から学んだこともあります。編集者としての私は翻訳者のみなさんに育てていただきました。自分が得たことを他の翻訳者の方々にもお伝えできればと思っています。

【講師略歴】

編集者。早川書房で海外文芸、ミステリ・ノンフィクション・演劇書など、光文社で古典新訳文庫を担当し、現在はフリーランス。担当した訳書は、カズオ・イシグロやダニエル・キイス、トリイ・ヘイデンなどの新作からF・S・フィッツジェラルド、サマセット・モームなどの古典に至るまで150冊近く。仕事をした翻訳者は、佐々田雅子氏をスタートに、鴻巣友季子氏、入江真佐子氏、黒原敏行氏、深町眞理子氏、小尾芙佐氏、小川高義氏など多数。

企画編集した本に『モンスターズ――現代アメリカ傑作短篇集』(古屋美登里訳、白水社)、『バン、バン! はい死んだ』(ミュリエル・スパーク/木村政則訳、河出書房新社)など。

10:01 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2016.06.22

# 古い辞書を調べるということ

Facebookにちらっと書いたとおり、たまたま空き時間ができたので、久しぶりに神保町に立ち寄り、古書店ものぞいてきました。

短時間だったし、あてもなくぶらぶら店頭をブラウズしただけですが、1軒だけちょっと時間をかけたのが、こちら。

リンク:英米文学・言語学・日本学・洋雑誌 小川図書

語学書や辞書の専門店なので、大学時代から必ず毎回寄っていたお店です。CODの旧版とかみ、ここで買いました。


『ランダムハウス英和大辞典』の元になった英英辞典(今ある、Random House Webster's ではない)とか、気になる辞書もたくさん並んでいるわけですが、もちろん紙です。お値段も当然、5桁。おいそれと手が出るものではないし、だいいち持って帰る気になれません。置く場所もない。


それで、特にビブリオ的に価値があるわけではない、こんなのを300円で買ってきました。

1606221

『斎藤和英大辞典』の編者、斎藤秀三郎と非常に紛らわしい名前ですw

それに「外国からきた」ってのも、時代を感じさせます。

初版が出たのは1961年のようですが、私が買った版の奥付には、こうあります。

昭和四十四年十月十日 改訂二十三版発行
昭和四十七年四月十日 新版八版発行

前書きは「増補改訂に際して」と題して、1970年5月 という日付になっています。

つまり、この辞書は

1970年5月時点の新語辞典

ということです。


当然、カタカナばっかり並んでいるわけですが---


たとえば、「ビット」は載っていますが、「バイト」は載っていません(当然、「キロバイト」、「メガバイト」なども)。

ビット[bit]情報量の単位.記憶容量を表わすのによく用いられ,0と1の2進数が保有し得る最大の情報量を表わす

と書かれています。


「ディスク」は、次のように②の語義まで載っていました。

ディスク[disk]①円盤,蓄音機のレコード.②電子計算機で,磁気ディスク記憶装置の略.

つまり、1970年の時点でコンピュータに使う「磁気ディスク記憶装置」というのが、一般的に知られていたことがわかります。ところか、今ならそれを「ハードディスク」と呼ぶはずですが、「ハードディスク」は載っていません。まして、「フロッピー」も見当たりません。

すこし調べればわかりますが、フロッピー、つまり「ハード」でないディスクが登場したからこそ、それまでの「ディスク」をわざわざ「ハード」と呼ぶようになったということでしょう。


こんな風に、今なら当たり前になっているカタカナ語が、40年以上前には使われていたのか、(辞書に収録されるくらい)一般的だったのか、ということを調べられて、なかなか楽しい。


ちなみに、初期の『仮面ライダー』で、ショッカーの首領が口にしていた「バーリア」---「バリアー」ではない---は載っていませんでした。それどころか、「バリアー」のほうもありません。

うーん、子どもたちまで「バリアー!」とか言い出した、もうすこし後だったかなぁ。


逆に、私はこんな単語が載っていてビックリしました。

シズル[sizzle]フライパンで肉を焼くときの音.用例:シズル効果(見込み客の感覚を刺激して引きつけること.次項参照)

で、その次項には「シズル セール」という項目がある。

それから、こんなのも。

ワン ストップ ショッピング[one stop shopping]消費者が商品を買う場合,1か所ですべての買いものをすませる購買行動.

もちろん、どちらもマーケティング用語ですから、その分野の人なら「けっこう昔からあったよ」と思うくらい当たり前の話なのかもしれません。でも、この2つ、どちらも私は、過去10年くらい以内に知った言葉でした。

使い方からして、かなり新しそうだと思うじゃないですかぁ。それが、大阪万博のころにもうあったなんて......。

こういうことって、英語ならGoogleのNgram Viewerで調べられるんですが、日本語はダメですよね。だから、こんな紙の情報が役に立つ。


これが300円なんて、とてもお得でした。

12:32 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (4)

はてなブックマークに追加

2016.06.15

# Webster辞書についての追記と、EPWINGデータ集

前エントリについて、Faceboookのほうでコメントをいただいて思い出した点があるので、追記しておきます。


ジャーナルの記事にも書きましたが、Webster辞書の初版は1828年に発行されました。この1928年版の内容が、オンラインで公開されています。

リンク:https://1828.mshaffer.com/

Search, browse, and study this dictionary to learn more about the early American, Christian language.

と書いてあって、なぜかトップページにはあらかじめmessiahのエントリが載っています。

続く第2版は1841年に刊行されました。

その第2版のうち、1844年に印刷された版を詩人のエミリー・ディキンソンが愛用したということで、ディキンソン研究者がEmily Dickinson Lexiconという名前で公開しています。

リンク:Emily Dickinson Lexicon

ちなみに、「私たちが直接知っている、1961年版のWebster大辞典(Webster's New International Dictionary of English Language, 3rd)は、今でももちろん紙版を入手できますが、とてもじゃありませんが、あの巨大な1冊を日常的に使うわけにはいきません。

データ版(CD-ROM)は、かつて出ていましたが、今ではほぼ入手できません。

(リンクは貼ってますが、「現在お取り扱いできません」です)


かわりに、時代に合わせてオンラインに移行しています。

リンク:Merriam-Webster Unabridged

ただし有料です。月額4.95ドル、年額29.95ドル(半年分で済む)。Unabidgedの内容が入っているほか、第3版以降の新しい内容も収録されています。また、Collegiateの内容も選択できます。

ちなみに、Merriam-Webster社には無料のオンライン版もあって(http://www.merriam-webster.com/)、通常はこちらで十分でしょう。

また、1913年版のダウンロードページを見て「聖書がある」と気づいてくださった方もいらっしゃったので、その点も書いておきます。


市販の辞書タイトルでEPWING仕様のものはすっかり減ってしまいましたが、今でもオンラインで手に入るいろいろなEPWINGデータがあります。

仕事に直接役に立つというより、むしろ趣味に関わるようなコンテンツが大半ですが、そんなデータをダウンロードできるサイトをまとめて紹介しておきます。


FPWBOOK

データだけでなく、EPWING変換のためのスクリプトも含まれている点に注意してください。

惡魔の辭典
Easton's 1897 Bible Dictionary
EDICT
Webster's Revised Unabridged Dictionary (1913)

WordNetのデータもありますが、もっと新しいバージョンが他のサイトにあります。


極めよDDwin+EPWING/EB辞書
更に極めよ「EPWING/PDIC辞書」

こちらは、どちらかというとデータそのものではなく、EPWING変換のためのスクリプトやノウハウを紹介したページ。


Maximilk

前エントリで、Webster 1913のリンク先として紹介したページです。そのほか、

EDICT2
Holy Bible(KJV)

などをダウンロードできます。


EPWING辞書のご紹介●大久保 克彦 | JTFジャーナルWeb

そして、EPWINGといえば、この方を紹介しないわけにはいきません。

WordNet最新版(3.1)
青空文庫

などのデータを作成して公開くださっているほか、

OEDの変換スクリプト

という、とんでもなくありがたいツールまであります。

【追記】

ちょっと前まで、Androidに対応したUnabidged版のアプリがあったのですが、今は見当たらないようです。

それから、1928年初版は、iOS対応のアプリがありました。

10:36 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2016.06.14

# 1913年版のWebster辞書

『翻訳のレッスン』、p.70の脚注に、

1913年発行の英英辞典
Webster's Revised Unabidged Dictionary

というのが出てきます。

本文を見ると、これが「古い辞書」であることはわかるのですが、もう少し補足しておきたいと思います。


なお、本記事と併せて、「JTFジャーナル」5/6月号で連載を開始した私の記事もお読みいただくといいと思います。

リンク:JTFジャーナルWeb

※リンク先のWebページではなく、PDFをダウンロードしてご覧ください。PDF版のp.16からです。

私たちが直接知っている「Websterの大辞典」は、1961年に発行された

Webster's New International Dictionary of English Language, 3rd ed., 1961

です。

Webster3rdinternational_2

タイトルに"New International"と付いてからの、これが第3版です。発行から50年以上経っていますが、第4版が出ていないので、これが「最新版」です(オンラインでは新しい語も追加されています)。

"New International"は、初版が1909年、第2版が1934年に発行されました。


タイトルに"New"が付いているので見当がつきますが、これ以前には、"New"の付かない"International"版がありました。

Webster's International Dictionary of English Language(1890)

Webster's International Dictionary of English Language(増補、1900)

です。1900年に発行されたこの"International"増補版の1913年版が、名前を変えて

Webster's Revised Unabridged Dictionary(1913)

となります。

これが、今オンラインで入手できる「1913年発行のWebster辞書」というわけです。


なお、オンラインではいろいろなサイトで公開されていますが、私たちが使うには、EPWING版のこちらがいちばん便利でしょう。

リンク:Webster's 1913(EPWING)

『翻訳のレッスン』にも、このWebster 1913の例が載っていますが、ここでは、computerを引いてみましょう。

n. One who computes.

今のようなコンピューターが生まれる以前にもcomputerという単語はあったのですが、当然ながら、「computeする人」という意味だったわけです。

あるいは、network はこうなっています。

1. A fabric of threads, cords, or wires crossing each other at certain intervals, and knotted or secured at the crossings, thus leaving spaces or meshes between them.
2. Any system of lines or channels interlacing or crossing like the fabric of a net; as, a network of veins; a network of railroads

09:45 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2016.06.13

# EDICTとE-DIC:ときどきおもしろい辞書たち

けっしてメインの辞書としては使えないものの、思わぬときに役立つことがある辞書を2つ紹介します。名前が似ていて、ちょっとややこしいのですが......。


1つ目は、EDICTという、無料で使える辞書データです。オーストラリア、モナシュ大学のJim Breenという教授が、研究の一環として作成した辞書データです。元はシンプルなテキストファイルで、現在のバージョン(ver. 0.5、2013/5/8)はこちらからダウンロードできます。テキストでも15MBあります。

リンク:The EDICT Dictionary File

見ればわかるとおり、辞書というより英和の単語帳みたいなものですが、こんなエントリがあったりします。

  100円均一   hundred-yen store; 100 yen shop

あるいは、実はこれを見つけたので改めてこの記事を書くことにしたのですが、こんなのも載っています。

  the fact is  のです(P);のだ(P);んです;んだ [exp](P)

こんな風に、ほかの辞書にはない言葉とか、意外な観点のエントリがあるので、ときどき感心させられます。


上のページにあるのはテキストファイルですが、これをEPWING化したデータも公開されています。

リンク:EDICT2 (EPWING)の詳細情報 : Vector ソフトを探す!


今や貴重なEPWING形式なので、汎用の辞書ブラウザ(Jammng、Logophile、EBWIN4)で使えますし、無料です。冒頭でも書いたようにメインの辞書にはなりえませんが、サイズもたいしたことなく邪魔にはならないので、入れておいてもいいのではないでしょうか。

もうひとつは、『E-DIC』という市販の製品です。

こちらのサイトでも、以下のように紹介されています。

素性のしっかりした様々な紙の専門辞書をまとめて電子化したもので、大変廉価な上にユーザー登録すると最新用語が無料で追加できるのもありがたい。基本的な英和・和英辞典は持っているという前提で、追加・補足的に使いたい。

「素性のしっかりした様々な紙の専門辞書」というのは、たとえば以下のような書籍版です。


『アメリカ口語辞典』


『最新日米口語辞典』


『米英俗語辞典』


『会話作文英語表現辞典』


『最新 和英口語辞典』


いずれも、今から見るとやや古い気もしますが、なにしろ用例が豊富なので、たとえばimpressを引いて

You've got to use your head if you want to impress the boss.
社長に認められようと思うなら、頭を使わなければだめだ。

こんな用例と訳が出てくるので、意外と使えます。


こうした、元々は市販の書籍タイトルだったもののほか、メインとして収録されているのは

E-DIC英和辞典

E-DIC和英辞典

なんだそうで、これの素性がはっきりしないのですが、この辞書の版元である朝日出版社がかつて運営していた、ASAHI PRESS SENTENCEといのがベースのようです。といっても、それがどんなものだったのかが、今となってはよく分からないのですが......。


最初のEDICTは、前から入れていましたが、E-DICのほうは、ネストさんに紹介されて買ってみました。

EPWINGデータではありませんが、Logophileにはそのまま載せることができます。E-DICオリジナルの検索アプリケーションももちろんインストールされますが、さすがにインターフェースが古くさい。


なお、上記の製品版に入っているアプリケーションは32ビット版のみで、最近の64ビットマシンでは起動しません。そのため、64ピット版アプリケーションは別途ダウンロードできるようになっています。

その辺の対応がきちんとしている点は、とても好感が持てます。

06:03 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2016.06.08

# 日本翻訳連盟(JTF)の理事に就任しました

一部の方にはすでにお伝えしておりましたが、本日6/8に開催された総会で正式に承認いただき、このたび

日本翻訳連盟(JTF)の理事

に就任いたしました。

Jtflogo


これまでにも同連盟には、スタイルガイド検討委員(2010年~)、ジャーナル編集委員(2012~)という形で関わってきましたが、翻訳業界の現状についていろいろと思うところもあり、さらにもう一歩を踏み込んでみることにしました。


お堅い組織の中で、個人翻訳者としてどれだけのことができるのかわかりませんが、せいいっぱい、やれるだけのことはやってみようと思います。


今年はまず、「JTF、ちょっと違うかも」と思っていただけるような翻訳祭をめざします。


※私と同時に、通翻クラスタでおなじみの方がもう一人、理事に就任しましたが、きっと本人がブログやSNSで発表すると思うので、ここには書きません。

10:48 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2016.06.05

# OALDのおまけ小冊子

学習英英辞典の定番OALD(Oxford Advance Learner's Dictionary)は、DVD-ROMの付いた書籍版、しかも旺文社がパッケージにして売っている製品を買うのが簡単です。

上が第8版、下が第9版です。

どちらも、購入すると「活用ガイド」という小冊子を入手できます。「OALD8活用ガイド」と「OALD9活用ガイド」、著者が違うため内容はだいぶ違いますが、どちらも一読をおすすめします。

1606051

※検索すれば誰でも無料でダウンロードできますが、購入者特典みたいな扱いでもあるので、いちおうURLは書きません。


特に、「OALD9活用ガイド」の第2部「OALD9の活用法」に書かれている、

「辞書検索の7ステップ」

というアプローチはおすすめ。

辞書の引き方は、人それぞれいろいろあっていいと思いますが、この「7ステップ」に書かれている概念は抑えておくと役に立つはずです。

OALD8とOALD9は、どちらも単独で起動するアプリケーション型ですが、第8版のほうは

Logophileに載せることができ

て便利です。


また、iOSアプリ版は、この前までOALD8だけでしたが、3月にOALD9が出ていたようです。

しかも、定価は3,600円ですが、アップグレードのオプションがあります。

1606052

OALD8を2015/6/3より前に購入した人は720円で、2015/6/3以降に購入した人は無料でアップグレードできます。

※ただし、アップグレードすると9だけになるのか、8と9の両方になるのかは不明です。試していません。

ところで、冒頭にあげた小冊子の写真。

言うまでもありませんが、ダウンロードできるのはPDFファイルです。これを、Acrobatの印刷オプション「小冊子」で印刷すると、ちゃんと中綴じ製本できるページ順に印刷してくれます(Acrobat ReaderでもOK)。

家庭用プリンターだと最大でA4なので、A5サイズの小冊子ということになります。

念のために書いておくと、「中綴じ製本できるページ順」というのは、たとえば全部で24ページの場合、

1枚目の右がp.1、左がp.24、その裏がp.2とp.23

のようになっている印刷です。

これを中綴じでホチキスどめするわけですが、こういうのを使います。

一見するとふつうのホチキスですが、

1606053

こんな風に90度回転して、中綴じができるようになります。

ちなみに、左のやつは私が学習塾で国語の教師をしていたころから愛用していた30年もの。右のが最近になって買い換えたやつです。


10:46 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2016.06.02

# 「辞書とコーパス1日マスター」のご案内

お知らせしていた翻訳フォーラム2016/大オフは、おかげさまで大盛況のうちに無事終了しました。

当日の参加者はスタッフも含めて140人ほどと、過去最大の規模になりました。そのうち60人くらいは、翻訳フォーラムのイベントに初参加とのこと。

当日流れていたツイートや、その後のブログなどの感想を見ると、内容にはおおむねご満足いただけたようです。

ご参加くださった方、ありがとうございました。

そんな大イベントが終わったばかりですが、今後も翻訳フォーラム主催のセミナーは継続的に実施されます。

その第1弾がこちら。

リンク:「辞書とコーパス1日マスター」(翻訳フォーラム「レッスン・シリーズ」#1) in東京 - パスマーケット

翻訳者に必要な辞書とコーパスの話を、

基礎から実践まで

含めて1日でこなしてしまおうというお得なセミナーです。


具体的に言うと、深井裕美子さんと帽子屋がこれまでにお話ししてきた以下の内容の総まとめということになります。


「訳語の選び方 ~辞書とコーパスを最大限に活用する方法~」(深井裕美子さん)

「JTFセミナー 『辞書・コーパス・用語集』最新情報」(深井さん + 帽子屋)

「続・読ませる翻訳セミナー~辞書引きの実践と、的確な日本語の選び方~」(帽子屋)


今までにふたりの話を聞いたことがない方や、今回のシンポジウムで初めて辞書の話に触れた方は、ぜひご参加ください。

また、これらの講座を一部または全部お聞きになったことがある方にも、復習になる内容ですし、

今までにない新しい情報

もある予定です(なにしろ、辞書をめぐる世界は変化が激しいので)。

実践編のための事前課題があります。実際の翻訳(英日)を通じて辞書の使い方を覚えていただきたいという趣旨です(課題文は、過去の出題と重複しません

なお、このセミナーは100人単位の規模ではなく、課題を添削したうえで解説できるくらいの人数で開催します。お席はだいぶ埋まりつつありますので、お申し込みは、ややお急ぎください。

翻訳フォーラムでは、この「辞書とコーパス1日マスター」を幕開けに、それ以降も連続してセミナーを開催する予定です。題して、

翻訳フォーラム・レッスンシリーズ

なお、こうしたセミナーやイベントのご案内など、翻訳フォーラムに関する情報はすべて、こちらのサイトにまとめてあります(ブックマーク!)。

リンク:翻訳フォーラムからのお知らせ


こちらでご案内しているとおり、レッスンシリーズは早くも第4弾まで予定されています。

2016/7/31(日)
翻訳フォーラム・レッスンシリーズ第2弾「テンスとアスペクト1000本ノック・ワークショップ」(高橋さきの)

今夏予定
翻訳フォーラム・レッスンシリーズ第3弾「アウトライン・リーディング集中講座(仮)」(深井裕美子)(詳細は後日)

今秋予定
翻訳フォーラム・レッスンシリーズ第4弾「語彙カード分類ワークショップ(仮)」(高橋さきの)(詳細は後日)


この内容、先日のシンポジウムにご参加くださった方ならピンとくるかもしれませんね。シンポジウムで概要だけお伝えした内容を、個々のセミナーでもっと掘り下げるという展開です。


第2弾以降も、ご期待ください!

01:10 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加