« # ふたたびマウスさがし | トップページ | # 日本語の類語辞典 ― 『日本語大シソーラス』と「シソ改」 »

2015.11.01

# 英英辞典ひかない、なんてありえない

イカロスさんから、こんなムックが出ました。

私も、辞書についての記事を1本書きましたが(pp.16-21)、英英辞典についてはちょっと補足しないといけないような気がしてきました。

英英辞典を引くということについて、「訳語」ではなく「語義」をつかむことが必要だと書いたうえで、

それが、遠回りのように見えて実は最も確実な道筋です。

と私は書いています(p.20)。


また、同じく辞書について書いておられる松田浩一さんは、こう書いていらっしゃいます。

適切な訳語が英和辞典に載ってない場合は原点に立ち返りましょう。(中略)英英辞典をうまく活用することが上達の早道だと思います。

ふたりとも、「何がなんでも英英を引け」という書き方ではなく、どちらかというと「できるだけ引こう」くらいにしか書いていません。でもやっぱり、

英英辞典引こう

ではなく、

英英辞典から引こう

だな、と思うわけです。


実例として、sidekick という語を考えてみます。

あ、もちろん、この語の使い方とか語感をよーく知っていて辞書なんか必要ない、という人はいいんですよ。この語に限らず、自分の語彙力が豊富であれば、原語を読んで理解するにしても、それを訳文として出力するにしても、自分の語彙を使いこなせばいい。

10/15のセミナーでもちらっと言いましたが、辞書の話をするときに実例を出すのって、「自分はこんなことも、調べないとわかりませんでしたー」というのを暴露する行為なわけですね。でも、別に隠すことでもないでしょう。

ということで、sidekick です。「人物Aが、あるプロジェクトで人物Bのsidekickだった」という文脈で使われていました。まず自分の頭から引き出せる情報は、こんな程度です---

「sidekickって、何かいっしょにやる人とか、助手みたいな意味だったよなあ……」

そうなると、人物AとBの関係も知る必要があります。調べてみると、AとBはほぼ同年齢なので、「助手」ということはないんじゃないか…… そう考えながら辞書を引いてみます。

ランダムハウス 2nd
1 ⦅俗⦆ 親友.
2 ⦅俗⦆ 共謀者,相棒(confederate);助手

研究社大英和 6th
⦅口語⦆ 仲間 (companion); 親友 (close friend); 相棒, 同類 (partner, confederate).

ジーニアス大英和
⦅米略式⦆ 1 親友;仲間;助手.
2 共謀者.

リーダーズ 3rd
《口》 親友,助手,相棒,共謀者

ロングマン英和
(映画の登場人物などの) 右腕(役),相棒,仲間


…… こういう英和を見て「仲間」とか「同僚」みたいにしていいものでしょうか。英英を確認してみましょう。

LDOCE 5th
n [C] informal
someone who spends time with or helps another person, especially when that other person is more important than they are

Collins COBUILD
noun (informal)
a person who helps another more important or more intelligent person:
◇Batman and his young sidekick Robin

OALD 8th
Someone’s sidekick is a person who accompanies them and helps them, and who you consider to be less intelligent or less important than the other person.[INFORMAL]

ODE 3rd
a person’s assistant or close associate, especially one who has less authority than that person.


赤字の部分に注目してください。どれを見ても、上下関係というか優劣というか、そういうことが書いてあります。COBUILDの例文でも一目瞭然。

バットマンから見て、ロビンがsidekick

なんですね。

ちなみに、英和でも学習辞典でこの補足が見つかりました。

オーレックス英和
((口))仲間, 同僚, (自分より役柄が下の)相棒、助手


やはり、年齢差はあまりなくても、人物Aは人物Bの助手的なはたらきだったようです。

英和を調べただけの段階で「仲間」としてしまったら、実際とズレた訳になってしまったかもしれません。

こういう例を考えると、やはり「英和を調べてぴったりする訳語がなかったら英英も調べる」ではダメだ---少なくとも、ダメな場合がある---ということになります。


だいいち、英和を調べて「ぴったり」だという自分の判断は、どれほど当てになるものでしょうか。


もちろん、「サイドキック」という言い方は(映画などの用語として)だいぶ見かけますし、Wikipediaにもこういうエントリーがあるわけで、

サイドキック (Sidekick) は物語やゲームに登場するキャラクターの役割の一つであり、主に、等身大ヒーローである主人公と行動をともにして、主人公の補佐を行う登場人物(脇役)のことである。相棒、親友といった意味合いに日本語訳されることもある[1]。

ちゃんと自分の語彙として知ってるならいいんですよ。

でも、なんでもかんでもよく知っているということがありえない凡人としては、やはり辞書を引く、しかもちゃんと引くということを何度も何度も繰り返さないといけないのでした。

04:14 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # ふたたびマウスさがし | トップページ | # 日本語の類語辞典 ― 『日本語大シソーラス』と「シソ改」 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)