« # RSSフィードのないブログをFeedlyに登録 -- 自分メモ | トップページ | # 『日本語大シソーラス』と「シソ改」の事例比較 »

2015.11.15

# 『スティーブズ』第3巻~これぞ漫画!

第3巻、出ましたぞ~。


この表紙からして、すでにカッコよさ200%です。

1巻も2巻も、ふたりのスティーブだけが表紙でしたが、今回は初期Appleのメンバーがせいぞろい。

左から、マイク・マークラ、マイク・スコット、ウォズニアック、ジョブズ、ランディ・ウィギントン、クリス・エスピノーザ、ロッド・ホルト、ダン・コトケ。


ヤマザキマリ版のほうが写実的だという話は前回しましたが、とにかくこちらは、漫画、まんが、マンガです。


以下、ネタバレ含むのでご注意ください!





ネタバレバリア展開中





第3巻では、マイク・マークラとマイク・スコットの描き方がけっこう好きです。

1511154

このふたりが実際に何を考えていたのかわかりませんが、マンガとしては実に「アリ」な描き方。

子どもとか若者が無茶苦茶やるとき、まわりにいる大人がそれにどう対応するかを描くのって、マンガとかアニメではとても大事だと思っています。

たとえば、ガンダムのランバ・ラル。

エウレカセブンの、ホランドとタルホ(彼ら自身の未成熟さも含めて)。

パトレイバーの後藤さんと南雲さん。


そうですよ。第3巻には、パトレイバーのキャラクターが出てきちゃうんだから。

1511151

ほらね。「おやっさん」こと榊班長と、

1511152

その下のシゲさんまで!


この巻、クリスチアンとの同居とかリサが生まれるくだりとか、かなり重い場面もあるのですが、そこの扱いもうまい。

クリスチアン「ええ、だから名前をつけてもらうの。そう……いうなれば これは 呪いね」

そしてジョブズが決めた名前が「リサ」。


「リサ」が呪いの名前って、これはスゴい。


その直前、ロバート・フリードランド(カリスマ的なヒッピー)と対峙するところもシビれました。

1511153

現実歪曲フィールドぶつかりあいの超能力勝負!!

いいんです。マンガだから。

03:45 午後 アニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # RSSフィードのないブログをFeedlyに登録 -- 自分メモ | トップページ | # 『日本語大シソーラス』と「シソ改」の事例比較 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)