« # 辞書について思うこと | トップページ | # ふたたびマウスさがし »

2015.10.21

# まだまだ調べ尽くせない辞書ブラウザの特性

前エントリで書いたように、この半年くらいずっと、自分の中でも辞書環境の再整備と研究がテーマになっていますが、辞書ブラウザの挙動については、いくら調べても調べ尽くせないと感じています。


cell tower

これが載っている辞書は、まだ多くありません。

私の手元では、ひとまず英辞郎に記載がありました。

携帯電話の基地局

v145にも載っていますが、v114にすでに収録されていました。英辞郎の更新履歴が調べられないので確かなことはわかりませんが、まだEPWING仕様でダウンロードできたころのデータで、たぶんもう5年くらい前だろうと思います。

ちなみに、Wikipedia(En)ではこうでした。

A cell site or cell tower is a cellular telephone site where antennae and electronic communications equipment are placed, usually on a radio mast, tower or other high place, to create a cell (or adjacent cells) in a cellular network.

これでわかるように、tower と site がほぼ同義に使われてるようなので、アンテナ塔だけでなく、まさしく「基地局」をさしているようです。

KODには収録されている、とご報告いただきました。


これに近いのが、唯一、うんのさんの辞書の用例にあったのですが……

there is an increasing demand for the construction of cell phone towers

移動電話塔の建設需要が増大[増加]している

この用例がいちばん簡単に見つかったのは、実はPASORAMA(DF-X10001)でした。


他の辞書ブラウザと比べると検索オプションがあまりにも貧弱なPASORAMAですが、実は[例文検索]のインデックスだけは優秀です。

cell towerで検索して、本文中の

cell phone towers

にヒットするのですから、JammingやLogophileで言えば、

全文検索 + 語尾補正

ができていることになります。


では、これと同じ検索が、他の辞書ブラウザでできるのかどうか調べてみました。


Jammingの一網打尽

1510211

いちばん右のボタンを[熟]にすると検索できません。[And]にしてください。

※今回は[条]、[複]、[ク]の3つはオフでも検索できました。が、これらのオプションは効果がなかなかわからないので、たいてい押しっぱなしにしています。

[熟]=熟語と、[And]との違いは、基本的に語順なのですが、tower/towers という語形の違いも影響しているようです。


Logophile

1510212

例文が2件ヒットしています。下のほうが、PASORAMAで見つかったのと同じ例文。

オプションは、[前]+[後]+[キ]+[全]+[And]+[字]です。

(実際には、[後]と[字]はオフでもいけました)

[And]オプションにしなければならないのは、Jammingと同じ理屈です。もうひとつ気を付けるのは、

[完]をオフにする

こと。Logophileのユーザーズガイドによれば、[完]オプションというのは、

オンの場合は入力された語と同じもののみを検索します

ということなの完全一致みたいなのですが、実は使ってみるとその効果がはっきりしません。試しに、[完]をオンにして検索してみたら、こうなりました。

1510213

例文1件だけになってしまいます。しかも、

The tower commands an excellent view

と、単語の一部に当たっています。ということで、[完]をオンにすると結果が絞られることは確かなのですが、違いが今ひとつわかりません。


ちなみに、Logophileだと「メリアム・ウェブスター英英辞典」もヒットしています。

1510215

この辺も、JammingとLogophileで挙動の違うところです。ただし、解説はありません(参照先になってるのは、ivory towerでまったく無関係)。


EBWin4

おっと、開発者のサイトを見にいったら、10/18付でアップデートされてました。素晴らしいペースです。

残念ながら、今回のお題だと、[自動検索]でも[全文検索]でもヒットしませんでした。

1510214

このように、[複合検索]で単語をひとつずつ指定しなければなりません。

最近はEBWin4をおすすめしているのですが、この辺はまだLogophileに一日の長があるようです。


DDWin

[総合]検索で全オプションをオンにして検索してみたのですが……

1510216

実はひとつも、上の例文にはヒットしていません。

[全文]検索にしてみました。

1510217

いくつかヒットしていますが、上のと同じ例文はいったいどこにあるのでしょうか……


答えは、increasing の中の例文、でした。この手の検索に関してはDDWinがいちばん分が悪いようです。

ところで今、DDWinのヒット結果でも、

there is an increasing demand for the construction of cell phone towers

移動電話塔の建設需要が増大[増加]している

という例文がどのエントリに含まれているのか、調べるのはけっこう骨でした。

実は、この点に関してはJammingもLogophileも似たようなもので、見つかった例文がいったい何のエントリに出てきた例文なのか、というのは簡単にわかりません。

その点も、PASORAMAは優秀でした。

1510218

このように、用例の頭にちゃんと、見出しが書いてあります。

つくづく、SIIの撤退はもったいないことだと思います(そういえば、"新サービス"はまだ始まらないんだろうか……)

というわけで、辞書ブラウザについては「どれがおすすめ」ということではなく、

「手に入るものはできるだけ手に入れ、同じ辞書データを入れて使い比べ」

てみたほうがいい、というのが目下のところ私の結論です。

01:15 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 辞書について思うこと | トップページ | # ふたたびマウスさがし »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)