« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.23

# ふたたびマウスさがし

またマウスさがしの日々が続きました。

ほぼ6年前、Ligicoolの名機、MX-518に出会いました

重さ、ボタンの数、カーソルの感度など、とにかく何もかも理想的だったので、予備を用意し(知人から譲り受けました)、さらに中古を買ったり、別の人からももらったりしてきましたが、とうとうすべてリタイアとなりました。

予想外だったのが中古で買ったやつ。最初はなんともなかったのでてすが、あるときからドラッグアンドドロップ操作がうまくいかないことが増えてきて、どうもマウスが原因だったようだったなので、引退させました(ボタンの接触あたり、直してやれるのかもしれないけど)。


そんなわけで、またしても何台か試すことになりましたが、ともかく

ワイヤレスは仕事マシンにはダメ

ということが、改めてわかりました。

(もちん、好みです。個体差もあったかもしれません)


まず試したのが、やはりLogicoolのこれ。

なにしろ、私がマウスを選ぶときの基準は、大きめで、そして

一定以上の重さがあること

です。MX518が146gだったので、140g以上は欲しい。その点、これは144gあるので合格。でも、いくつか欠点がありました。

  • ホイールの下のボタンが、割り当て可能じゃなかった(マウスの動作切り替えで固定)。
  • ホイールに左右スクロールもある(変更可能)が、「中ボタン押し」との判定が甘く、たびたび誤操作してしまう。

ホイールの誤動作は、個体差があるのかもしれませんが……

1週間くらいで「不合格」となりました。いちおう店頭では触ったんだけど、スペックをよく見なかったのが敗因。

それにしてもLogicoolさん。どうして

MX518の、そのまま後継機

を作ってくれなかったんだろう……

ということで、次も店頭でじっくり触ってみて、久しぶりにLogicoolを離れてみました。

重さは十分。サイズがS、M、Lとそろっているので、もちろんL。

機能的には問題ありません。ボタンの数も、以前より増えましたが、やはりこれはこれで便利。ホイールボタンの反応も、上のLogicoolよりよかった。

でも、やっぱりワイヤレスはダメでした。これも個体差とか、私のマシンとの相性があるのかもしれませんが、たびたびカーソル飛びが起きる。しかも、1週間くらい使っていたら、だんだんひどくなってきました。

ということで、これも1週間くらいで、サブマシン用に格下げしました。


こうなったら、有線のゲーミングマウスしかない!


ということで、またしてもLogicoolに戻ってきました。

ようやくアタリです。

重さは、初期状態でも168g(カタログ値、ケーブル含むということなので、もう少し軽い)。しかもそれに、3.6gのウェイトが5個ついてて、重さもカスタマイズできる。

ボタン数は、上のエレコムとほぼ同じで過不足なし。

ホイールの感度も大丈夫(ただは左右スクロールはほとんど使わないので、ブラウザのタブ移動にしました)。

そして、これがゲーミングマウスとしての売りなわけですが、DPI設定---簡単に言うと、カーソルの動きの速さ---をボタンで切り替えられること。

私はふだん、Windows標準の設定で言うとカーソルの動きを最速にしていますが、細かい作業をするときは、少しスピードを落としたい。そういう使い分けがボタンひとつでできます。

151023

ちょっとねー。仕事机には似つかわしくないんですが。

04:39 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.10.21

# まだまだ調べ尽くせない辞書ブラウザの特性

前エントリで書いたように、この半年くらいずっと、自分の中でも辞書環境の再整備と研究がテーマになっていますが、辞書ブラウザの挙動については、いくら調べても調べ尽くせないと感じています。


cell tower

これが載っている辞書は、まだ多くありません。

私の手元では、ひとまず英辞郎に記載がありました。

携帯電話の基地局

v145にも載っていますが、v114にすでに収録されていました。英辞郎の更新履歴が調べられないので確かなことはわかりませんが、まだEPWING仕様でダウンロードできたころのデータで、たぶんもう5年くらい前だろうと思います。

ちなみに、Wikipedia(En)ではこうでした。

A cell site or cell tower is a cellular telephone site where antennae and electronic communications equipment are placed, usually on a radio mast, tower or other high place, to create a cell (or adjacent cells) in a cellular network.

これでわかるように、tower と site がほぼ同義に使われてるようなので、アンテナ塔だけでなく、まさしく「基地局」をさしているようです。

KODには収録されている、とご報告いただきました。


これに近いのが、唯一、うんのさんの辞書の用例にあったのですが……

there is an increasing demand for the construction of cell phone towers

移動電話塔の建設需要が増大[増加]している

この用例がいちばん簡単に見つかったのは、実はPASORAMA(DF-X10001)でした。


他の辞書ブラウザと比べると検索オプションがあまりにも貧弱なPASORAMAですが、実は[例文検索]のインデックスだけは優秀です。

cell towerで検索して、本文中の

cell phone towers

にヒットするのですから、JammingやLogophileで言えば、

全文検索 + 語尾補正

ができていることになります。


では、これと同じ検索が、他の辞書ブラウザでできるのかどうか調べてみました。


Jammingの一網打尽

1510211

いちばん右のボタンを[熟]にすると検索できません。[And]にしてください。

※今回は[条]、[複]、[ク]の3つはオフでも検索できました。が、これらのオプションは効果がなかなかわからないので、たいてい押しっぱなしにしています。

[熟]=熟語と、[And]との違いは、基本的に語順なのですが、tower/towers という語形の違いも影響しているようです。


Logophile

1510212

例文が2件ヒットしています。下のほうが、PASORAMAで見つかったのと同じ例文。

オプションは、[前]+[後]+[キ]+[全]+[And]+[字]です。

(実際には、[後]と[字]はオフでもいけました)

[And]オプションにしなければならないのは、Jammingと同じ理屈です。もうひとつ気を付けるのは、

[完]をオフにする

こと。Logophileのユーザーズガイドによれば、[完]オプションというのは、

オンの場合は入力された語と同じもののみを検索します

ということなの完全一致みたいなのですが、実は使ってみるとその効果がはっきりしません。試しに、[完]をオンにして検索してみたら、こうなりました。

1510213

例文1件だけになってしまいます。しかも、

The tower commands an excellent view

と、単語の一部に当たっています。ということで、[完]をオンにすると結果が絞られることは確かなのですが、違いが今ひとつわかりません。


ちなみに、Logophileだと「メリアム・ウェブスター英英辞典」もヒットしています。

1510215

この辺も、JammingとLogophileで挙動の違うところです。ただし、解説はありません(参照先になってるのは、ivory towerでまったく無関係)。


EBWin4

おっと、開発者のサイトを見にいったら、10/18付でアップデートされてました。素晴らしいペースです。

残念ながら、今回のお題だと、[自動検索]でも[全文検索]でもヒットしませんでした。

1510214

このように、[複合検索]で単語をひとつずつ指定しなければなりません。

最近はEBWin4をおすすめしているのですが、この辺はまだLogophileに一日の長があるようです。


DDWin

[総合]検索で全オプションをオンにして検索してみたのですが……

1510216

実はひとつも、上の例文にはヒットしていません。

[全文]検索にしてみました。

1510217

いくつかヒットしていますが、上のと同じ例文はいったいどこにあるのでしょうか……


答えは、increasing の中の例文、でした。この手の検索に関してはDDWinがいちばん分が悪いようです。

ところで今、DDWinのヒット結果でも、

there is an increasing demand for the construction of cell phone towers

移動電話塔の建設需要が増大[増加]している

という例文がどのエントリに含まれているのか、調べるのはけっこう骨でした。

実は、この点に関してはJammingもLogophileも似たようなもので、見つかった例文がいったい何のエントリに出てきた例文なのか、というのは簡単にわかりません。

その点も、PASORAMAは優秀でした。

1510218

このように、用例の頭にちゃんと、見出しが書いてあります。

つくづく、SIIの撤退はもったいないことだと思います(そういえば、"新サービス"はまだ始まらないんだろうか……)

というわけで、辞書ブラウザについては「どれがおすすめ」ということではなく、

「手に入るものはできるだけ手に入れ、同じ辞書データを入れて使い比べ」

てみたほうがいい、というのが目下のところ私の結論です。

01:15 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.10.16

# 辞書について思うこと

この半年、あちこちで辞書について話したり書いたりしてきました。

5/9(土)- 翻訳フォーラム
「学習辞書について」をメインに話すつもりでしたが、私用でやむなく欠席し、ご参加のみなさんにはご迷惑をおかけしました。m(__)m

7/5(日)- 十人十色
欠席した5/9の穴を少しでも埋めるべく、ただしEPWING辞書ブラウザの話をメインにして、学習辞書をちょこっと入れた内容でお話ししました。ただし枠が15分だったので、あちこち2倍速でプレゼン。

8/9(土)- 大阪ほんま会
十人十色に用意したのとほぼ同じ内容を、2時間枠で話しました。今までのところ、このときがいちばん時間枠に無理がなく、じっくり語れたと思います。

10/15(木)- JTF翻訳セミナー
これが昨日です。深井さんと二人だったので、こちらの持ち時間は50分。今回こそ学習辞書の内容をゆっくり話したかったので、EWPINGブラウザなどのノウハウについてはわりと駆け足になりました。

5年ぶりのJTF翻訳セミナー登壇で、130人くらいという久々に大きいオーディエンス。

ふだんのJTFより個人の参加が多かったように思うのですが、オンライン以外の辞書を利用している人が予想以上に少なかったという印象です。もしかしたら、辞書というものについての考え方が根本から変わってきているのかもしれません。

私(たち)としては、私たちが考える辞書の使い方を伝えていくしかないわけですが……




この半年、人前で話す準備も兼ねて、自分でも辞書環境をいろいろと整備し直したり、事例をためてきたりしました。その間の変化や、感じたことをまとめておきます。

1. 紙の辞書が増えた

辞書の種類を問わず、紙の辞書が一気に増えました。

学習英英のほとんど(LDOCE、COBUILD、OALD)は、紙の辞書にCD-ROM/DVD-ROMを付ける形で販売されており、データのみでは売っていません。OED、SODなどはむしろ例外的です。手元にある版が少し古かったり、あるいは元からあったデータがうまく読み込めなくなってたりして、何冊も買うことになりました(本棚に収まるはずもなく、足元に積んであります)。

国語関係が増えた最大の要因は、「ふつうの国語辞典ではカバーされていない、語句・表現の違いを説明する」ための資料を探したこと。『日本語 語感の辞典』、『日本語 誤用辞典』、『日本語類義表現使い分け辞典』などがそうです。


2. 辞書の個性があらためて見えてきた

いちばん自分で収穫だったのはこれです。

同じカテゴリーの辞書どうしの違い。今までも感覚的にはわかっていたつもりでしたが、資料を作るために同じ語句を引いて比べてみると、改めて辞書ごとのポリシーとか語釈のしかた、長所短所、個性が見えてきました。

ただし、辞書の個性をどうとらえるか、まして好き嫌いについては意見が分かれるところです。辞書のことを本気で考えてみたい人は、

自分で同じ語句を複数の辞書で引き比べてみる

(できれば、書き出してみる)

というのをおすすめします。辞書の個性がわかってくれば、どんなときどんな辞書に当たればいいのか、という感じもつかめてくるので、けっして時間の無駄にはなりません。


3. 辞書ブラウザの特徴を把握できた

Jamming、Logophile、DDWin、EBWin4、(LogoVista)。それぞれ長所も短所もあります。使ってみてどれかに絞るというのではなく、

使えるブラウザはぜんぶそろえておく

のが基本かもしれません。昨日も言いましたが、インデックスごとの挙動が辞書やブラウザによって違いますし、そもそもインデックスの作り方も違うからです。


4. これから辞書をそろえる方へ

残念ながら、以前のようにいずれかの辞書ブラウザにすべてを集約することは難しそうです。これから辞書環境をそろえようという人に、ひとつのモデルを提示しておきます。

  1. 現時点でそろうEPWINGデータを辞書ブラウザで使う

  2. WoreNet 3.1
    うんのさんの辞書
    ジーニアス大英和

  3. オンラインの辞書をひととおりブックマークする

  4. 必要に応じて、LogoVistaのタイトルをそろえていく

LogoVistaのタイトルは、昨日お話ししたとおり「セキュリティ上の理由から」フォーマットがたびたび変わります。『リーダーズ第3版』以前に出たタイトルはだいたい、EPWING辞書ブラウザで読み込めるようです。

01:16 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加