« # 第25回翻訳祭、プログラム決定 | トップページ | # 辞書について思うこと »

2015.09.18

# 2つのジョブズまんがのビル・ゲイツ

スティーブ・ジョブズのマンガがふたつ進行していることは、昨年の12月にも書きました。
side A: # 2つのジョブズまんが


ヤマザキマリのほうの最新刊が出て、いよいよ両方でビル・ゲイツがそろいました。その違いがおもしろい。



こちらが、『スティーブズ』(うめ、小学館)の2巻に登場したゲイツくん。

1509181

憎ったらしいガキっぷりが、マンガ的にですが非常によく描かれています。

ほら、この写真みたいな感じ。

1509183


一方、こちらは『スティーブ・ジョブズ』(ヤマザキマリ、講談社)の4巻に出てきたゲイツ(コマ左)。

1509182

言うまでもなく、こちらのほうがずっと写実的。しかも、このときの表情が実にいい。

このくだりのゲイツについては、こう書かれています(井口耕二訳より)。

感情的になるジョブズを前にゲイツはどんどん冷静になってゆく。 「感情的な相手のほうが得意なのです。私自身は感情の起伏が少ないものですから」

写実的なだけでなく、こちらのほうがずっとゲイツのしたたかさを感じさせます。このコマに並んだ二人の対照的なこと。やがて、ゲイツのほうがPCをビジネスとして成功させ、ジョブズがアップルというカルチャーを作っていく。その対比を物語っています。


前回も書いたとおり、マンガとしては、うめ版のほうが楽しく楽しく読めます。でも、さすがヤマザキマリ版のほうも、さすが画伯の渾身の一作だと、うなりました。

09:29 午後 アニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # 第25回翻訳祭、プログラム決定 | トップページ | # 辞書について思うこと »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)