« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.08.28

# hiberfil.sysを無効に---メモリーをたくさん積んだら特に

現在のメインマシン、メモリーを仕様上最大の32GBにして快調に使っていますが、ふと見たらプライマリディスクであるCドライブ(SSD、128GB)の空き容量が、記憶よりだいぶ少なくなっていました。


あーっ、と思い当たって実行したのが、

hiberfil.sysファイル

を消すことでした。


Cドライブの直下にある、これです。

1508281

上の写真は、メインではなくサブマシンのCドライブですが、6GBも食っています。

そもそも hiberfil.sys とは何かというと、コンピュータを休止状態にしたときのためにメモリーの中身をそのまま確保しておくファイルです。


ということは、搭載している実メモリーが大きくなればなるほど、hiberfil.sys も大きくなります。メインマシンでは、hiberfil.sys サイズ32GB近くありました。

プライマリであるCドライブは、128GB SSDなので、そのうち32GBもとられてしまうというのは、ちょっとしゃれになりません。


休止モードを使わなければ---実際、デスクトップのメインマシンではほとんど使ったことありません---、hiberfil.sys ファイルを作っておく必要はないので、こんなもんは削除してしまいましょう。

と言っても、システムファイルなのでいきなり削除することはできません。どうするかというと、

休止モードを無効にする

という操作をすればOKです。


ただし、Windows XPまではコントロールパネルの[電源オプション]にその設定項目があったのですが、Windows 7以降ではコマンドプロンプトでコマンドを指定しないといけないのでした。

  1. 管理者としてコマンドプロンプトを開く。[スタート]→[プログラムのファイルの検索]に「cmd」と入力し(ここでEnterキー押しちゃダメ)、表示された[cmd.exe]を右クリックして[管理者として実行]を選択します。

    1508282

    [スタート]→[アクセサリ]→[コマンド プロンプト]を探して右クリック、[管理者として実行]を選択してもOK。

  2. 次のように入力します。

    powercfg.exe /hibernate off

    または

    powercfg.exe /h off

これで、hiberfil.sys ファイルが消え、ドライブの空き容量が増えます。

もし、なんらかの理由で休止モードを復活したい場合は、上のコマンドで最後のスイッチを on にするだけ。


※ノートPCの場合は、休止モードを使うことがデスクトップより多いはずですので、hiberfil.sys をオフにはしないほうがいいようです。

11:08 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.08.23

# 細田守のこと

『バケモノの子』が大ヒットだということで、めでたいことです。

リンク:日刊ゲンダイ|「バケモノの子」興収60億円も 細田守監督“ジブリロス”埋める


作品については今さら私が書くこともないので、別の話をします。


3年前に『おおかみこどもの雨と雪』を娘らと一緒に観にいったときのこと(それ以前の細田作品は、子どもらはまだ観てなくて、これが初めてでした)。


観終わってからまず頭に浮かび、そのまま娘らに伝えたのは、こんなひと言でした。

君たちは、細田みたいな監督がいてよかったよね。

娘らがキョトンとしたのは言うまでもありませんが……


だってね、アニメ第一世代の私らには、

宮崎駿とか、

押井守とか、

富野由悠季とか、

庵野秀明とか、


そんな、かたわなヲタクおやじしかいなかったんだから。


それに比べたら、細田守の---少なくともその作品世界の---バランス感覚、あれをああいう形で見せられて育つというのは、素晴らしいことだと思うのでした。

02:46 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.08.15

# 9月のほんま会~東京でもしんハムさんのPCセミナー!

予定どおり、8月9日(日)に大阪のほんま会にお邪魔し、しんハムさんとコラボする特別会に登壇してきました。昨年8月に続いて2度目のほんま会遠征でしたが、その報告はまた改めて書く予定です。

そのしんハムさんこと小林晋也さんが、入れ替わりというわけではありませんが、東京ほんま会に登壇してくださることになりました。こちらも昨年の10月に続いて2度目の相互交流。

リンク:翻訳者のためのパソコン超入門 東京でも基礎からわか~る ハードウェア・OS編セミナー

9月13日(日)13:00~16:30、場所はいつものとおり翻訳センターさんです。

翻訳にいつもPCを使ってはいるけれど---


基本がわかっていないことには自信がある

とか

パソコン音痴ということなら人後に落ちない

とか

トラブルのときは、とにかく詳しい人頼み

という人には、特におすすめです。

この企画をしんハムさんにお願いしたのは5/9、翻訳フォーラムのシンポジウムのときのこと。それに参加なさっていたしんハムさんに、東京ほんま会のメンバーが頼み込んだ形です。

なぜかというと、実は大阪のほんま会でしんハムさんは、今年に入ってから「翻訳者のためのパソコン超入門」という、実にうらやましいシリーズを担当なさっていて、それ東京でも聞きたい!(聞いてもらいたい)と思ったからなのでした。

4月が「ハードウェア編」
6月が「OS編」


東京では、時間の関係で同じ内容をすべて再現していただくことはできませんが、2回分のエッセンスをギューッとつめてお話しくださる予定です。


ハードウェアとOSの基礎をおさえられれば、今後のトラブルシューティングに役立つことは間違いありません。


しかも、しんハムさんのセミナーは

テキストも充実

しています。


お申し込みは、上の書いた東京ほんま会のサイトからどうぞ。もちろん、しんハムさんを囲んでの懇親会もあります。

10:27 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.08.06

# 秀丸エディタのgrepが高速化!

秀丸エディタのアップデートをしばらくさぼっていたら、最新バージョンは8.54になっていました。

リンク:秀丸エディタ改版履歴


改版履歴を見てみたら、

2015/04/09 Ver8.52 grepの処理をマルチスレッド化して、最近のマルチスレッドCPU向けに高速化した。

とあるではないですか。4月だったんですね。気づくの遅すぎた~。

そっそく、試してみることにしました。


grepテストに使ったのは、以下のようなファイル群。最近減ってはいるものの、純ローカライズ系のお仕事で使う用語集(UIリソース)です。

・395ファイル
・合計1.2GB


最新版をインストールする前はVer8.50。grep高速化前のバージョンです。

テストに使ったメインマシンのスペックはこちらの過去記事に書いてありますが、4コア8スレッドです。このマシンで、上記のファイル群に対して単語1個のgrepを実行してみました。

実測で、55秒


では、最新版のVer8.54にアップデートしてから、同じファイル群に対して同じgrepを実行してみますぞ。

実測で、55~57秒

あれ……変わらないやん……。


メインマシンはSSDなのであまり差が出ないのか? と思い、サブマシン(4コア4スレッド、HDD)でも試しましたが、こちらでも差は出ません。


あぁ、そういえば、あちこち(AHKとか)のパスを変えるのが面倒で、秀丸エディタはずーっと32bit版のままだったなぁと気づき、いい機会なので64bit版をインストールしてみました。



ちなみに、32bit版の秀丸をインストールしたままでも、64bit版はインストールできます。インストールするとき、32bit版で設定していた環境(マクロフォルダのパスなど)を読み取ってくれるので、移行はわりとスムーズです。ただし、32bit版のショートカットなどが残ってると、両方を起動しようとすることになり、エラーが出ます。


テストのために、まずわざと古いバージョンの64bit版をインストールします。

実測で、41秒

なるほど、やっぱ64bit版というだけで、だいぶ速くなるんですね。


さあ、いよいよ64bit版の最新バージョンをインストールしてテストです(念のため、インストール後は再起動したほうがいいようです)。


実測で、35秒

おお、これは!!


32bit版から64bit版に移行した効果のほうが大きいようですが、こちらにも有意な差が出ました。


32bit版・マルチスレッド化前から、64bit版・マルチスレッド対応までで比較してみると、

50秒 → 35秒

と、かなり高速化が達成できました。


これはうれしい!


マルチコアCPUをお使いの方はお試しください。

05:23 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0)

はてなブックマークに追加