« # 十人十色(7/5)の発表資料の補足 - PASORAMAの凡例 | トップページ | # これから先のセミナーなど »

2015.07.13

# Windows Update - KB3035583のワナ

しばらく前から、OS下部のタスクバー右(通知領域)に、Windows 10アップグレード予約のアイコンが表示されるようになりました(白っぽいWindowsロゴのようなアイコン)。

このアイコンを削除し、さらにWindows Updateで復活しないようにする手順はこちらのページで紹介されています。

リンク:通知領域に表示される「Windows10を入手する」のアイコンやメッセージを消去する方法


単に削除するだけなら、

1. 実行中のアプリケーション(GWX.exe)を削除する。
2. 該当するWindows Updateを削除する。

だけでいいのですが、上のページにはちゃんと

Windows Updateで復活しないようにする

手順まで書かれているところがミソです。


Windows 10予約アイコンを表示するアプリケーション「GWX.exe」は、Windows Updateで

KB3035583

という更新プログラムをインストールすると表示されるようになります。

毎月第2火曜日の定例パッチ(Patch Tuesday)に入っていることもありますし、「重要なアップデート」として単独で通知されることもあります。

1507134
(後述の注意も参照)

このポップアップをクリックするとWindows Updateのページが開いて、こう表示されます。

1507131

ところが、これを選択して詳細な情報を見てみると、こんなことが書いてあるのでした。

1507132

「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます。」


これは、ほとんど詐欺みたいなメッセージでしょう。


そこで、

1507133

ここまでやる必要があるわけです。


ただし、Windows 10でもおもしろいことはいろいろありそうです。たとえば、内山さん(「かんざし」の作者)がこんなブログを書いてらっしゃいます。

リンク:Win10で使える辞書アプリ、意外と面白そうかも: かたかむーす

これはなかなか気になる情報でした。


上の説明で、「通知が表示される」と書きましたが、Windows Updateの設定によっては、通知されることなく勝手にアップデートが済んでいることがあります。ってか、デフォルトのままなら、そういう設定です。

Windowsのアップデート後にマシンの動作がおかしくなった

という話はたびたび見かけます。仕事でWindowsマシンを使っている場合これは非常に困るので、Windows Updateの設定は変更しておいたほうが安心。

  1. [スタート]メニューから[Windows Update]を選択し、[設定の変更]をクリックします。

    1507135

  2. [重要な更新プログラム]のドロップダウンが、デフォルトでは[更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)]になっている と思われるので、これを[更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する]、または[更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する]に変えます。
  3. [OK]をクリックします。

こうすれば、勝手にインストールは進まず、ポップアップで通知されるようになります。

ただし、通知を見かけたら、タイミングを見計らって---毎月第2火曜が過ぎて1週間~10日くらい---自分で必ずアップデートを実行する必要があります。

08:43 午前 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 十人十色(7/5)の発表資料の補足 - PASORAMAの凡例 | トップページ | # これから先のセミナーなど »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)