« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.27

# 最近の辞書環境について - セミナーの予告を兼ねて

すでにご存じのとおり、(世間一般ではなく)翻訳者にとっての辞書環境は、この数年でだいぶ先行きが見えない状況です。

  • EPWING仕様の辞書ブラウザは細々と開発が続いているが、辞書タイトルは絶滅危惧種(うんのさんご夫妻は、今後もEPWING仕様を継続するとおっしゃっていたそうです)
  • SIIの「デイファイラー」シリーズは2015年3月で終了
  • ほぼ唯一残ったといっていい統一規格のLogoVistaは、辞書ブラウザがまだまだ未熟

まず、これから辞書をそろえたいと考える人たちに、辞書のおすすめができなくなりつつあります。

そして、ある程度の辞書をすでにそろえている現役にとっても、「今の環境をいつまで維持できるのか」という不安はとても大きい(特にOSの移行を考えると)。


前のエントリで紹介した今後数か月間でのセミナーでは、そういう辞書環境の現状についても少し触れますが、それ以前の話、つまり

そもそも、今ある辞書をちゃんと使えていますか?

という話をするつもりです。

  1. 辞書の「凡例」について
  2. 主な辞書ブラウザ(Jamming、Logophile、EBWin4、DDWin、LogoVista)の機能
  3. 「串刺し」を超える使い方

特に 2 については、「前方一致」と「後方一致」まではわかるとして、それより詳しい検索機能をちゃんとわかっていないと、

せっかく載っている情報を活かせない

ことになります。Jammingと、その後継バージョンであるLogophileでも、検索機能は同じではありません。

というわけで、まずは今ある辞書リソースをちゃんと使えるようにする、そのことをお話しします。

私の持ち時間は、8/9(日)の「翻訳者のためのマクロ勉強会(ほんま会)」がいちばん長いので、このときがいちばん詳しくなるはずです。


9月19日(土)~20日(日)の「翻訳パワーアップ合宿」は、和訳の話がメインになりますが、辞書についても軽く触れる予定です。


10月15日(木)のJTF翻訳セミナー 「『辞書・コーパス・用語集』最新情報」では、私の持ち時間は1時間弱くらいになると思いますが、深井先生の話とあわせて、もっと広い視野の「調べ方」が見えてくるはずです。


準備を進めるなかで、私自身も各ブラウザについていろいろと発見しているところです。

その発見を、できるだけ多くのみなさんに共有しようと思います。

【追記】
EPWINGは全大文字が正しい表記のようです。失礼しました。m(__)m

10:11 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.14

# これから先のセミナーなど

公式な告知が出そろったようなので、8~10月に帽子屋が登壇するセミナーの予定をまとめておきます。

今年は、いろいろと活動を抑えたつもりなのですが……



8月9日(日)9:30~17:00

翻訳者のためのマクロ勉強会 大阪勉強会 特別会

リンク:大阪勉強会詳細 - 翻訳者のためのマクロ勉強会

昨年に続いて、今年もなぜかクソ暑い季節に大阪のほんま会にお邪魔することになりました。

しかも、昨年の東京に続いて、しんハムさん(小林晋也さん)とのコラボ企画です!

内容は以下のとおり(ほんま会サイトより転載):

午前の部:辞書の話 高橋
午後の部1:「テキスト」 小林晋也さん
午後の部2:「テキスト」に関連した翻訳(事前課題あり) 高橋

「辞書の話」については、別のエントリでちょっと詳しく書きます。

9月3日(木曜)開講・全8回 14:00~17:00 

サン・フレア アカデミー:Trados徹底活用講座<2015年度>

リンク:Trados徹底活用講座<2015年度> | サン・フレア アカデミー


2013年、2014年と続いて3期目の開講です。

今年は、サン・フレアさんのTradosのプロ・山田修司さんが最初の3回、残りの5回を高橋が担当するという構成です。最初の3回でTrados Studioの基本を覚え、残りでさらにそれを実践するという形式。

しかも、Tradosは最新版のStudio2015を使います。

9月19日(土)~20日(日) 1泊2日

NIT Academy主催「翻訳パワーアップ合宿」

リンク:Academya - NIT INC:合宿概要

実は、こんな企画が進行しておりました。翻訳クラスタでも前例がほとんどない、1泊2日ずーっと翻訳の勉強しちゃおうという合宿形式の勉強会です。

主催は、新田順也さんの会社「NIT」。府中にある素晴らしい研修施設を使います。

英日翻訳を主に帽子屋が担当し、日英翻訳を遠田和子先生が担当します。さらに、新田さんがツール周りをフォローします。

10月15日(木) 14:00~17:00

JTF翻訳セミナー 「『辞書・コーパス・用語集』最新情報」

リンク:JTF翻訳セミナー 第3回

辞書やコーパスを中心とした調べもののセミナー。こちらは、なんと深井裕美子先生とのコラボ!

直接的には、5/9に登壇できなかった翻訳フォーラムの埋め合わせという感じです ^^;

第1部「辞書の基本」(高橋)
第2部「翻訳のための辞書(深井先生)

という構成でお話ししします。


こうして並べてみたら、今年のこれから3か月間は、コラボ企画だらけになってしまいました。

それぞれ違う個性の方とのセッション。かなりドキドキワクワクです。

12:00 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.13

# Windows Update - KB3035583のワナ

しばらく前から、OS下部のタスクバー右(通知領域)に、Windows 10アップグレード予約のアイコンが表示されるようになりました(白っぽいWindowsロゴのようなアイコン)。

このアイコンを削除し、さらにWindows Updateで復活しないようにする手順はこちらのページで紹介されています。

リンク:通知領域に表示される「Windows10を入手する」のアイコンやメッセージを消去する方法


単に削除するだけなら、

1. 実行中のアプリケーション(GWX.exe)を削除する。
2. 該当するWindows Updateを削除する。

だけでいいのですが、上のページにはちゃんと

Windows Updateで復活しないようにする

手順まで書かれているところがミソです。


Windows 10予約アイコンを表示するアプリケーション「GWX.exe」は、Windows Updateで

KB3035583

という更新プログラムをインストールすると表示されるようになります。

毎月第2火曜日の定例パッチ(Patch Tuesday)に入っていることもありますし、「重要なアップデート」として単独で通知されることもあります。

1507134
(後述の注意も参照)

このポップアップをクリックするとWindows Updateのページが開いて、こう表示されます。

1507131

ところが、これを選択して詳細な情報を見てみると、こんなことが書いてあるのでした。

1507132

「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます。」


これは、ほとんど詐欺みたいなメッセージでしょう。


そこで、

1507133

ここまでやる必要があるわけです。


ただし、Windows 10でもおもしろいことはいろいろありそうです。たとえば、内山さん(「かんざし」の作者)がこんなブログを書いてらっしゃいます。

リンク:Win10で使える辞書アプリ、意外と面白そうかも: かたかむーす

これはなかなか気になる情報でした。


上の説明で、「通知が表示される」と書きましたが、Windows Updateの設定によっては、通知されることなく勝手にアップデートが済んでいることがあります。ってか、デフォルトのままなら、そういう設定です。

Windowsのアップデート後にマシンの動作がおかしくなった

という話はたびたび見かけます。仕事でWindowsマシンを使っている場合これは非常に困るので、Windows Updateの設定は変更しておいたほうが安心。

  1. [スタート]メニューから[Windows Update]を選択し、[設定の変更]をクリックします。

    1507135

  2. [重要な更新プログラム]のドロップダウンが、デフォルトでは[更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)]になっている と思われるので、これを[更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する]、または[更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する]に変えます。
  3. [OK]をクリックします。

こうすれば、勝手にインストールは進まず、ポップアップで通知されるようになります。

ただし、通知を見かけたら、タイミングを見計らって---毎月第2火曜が過ぎて1週間~10日くらい---自分で必ずアップデートを実行する必要があります。

08:43 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.12

# 十人十色(7/5)の発表資料の補足 - PASORAMAの凡例

各辞書の凡例の見方を紹介したとき、PASORAMAについてはこう書きました。

 初期画面から[凡例]を選択


すいません、これだけじゃよくわかりませんでしたね。

白状すると、私はDAYFILERを買って以来ずーっと、PASORAMAにつないで使っているだけで、本体を操作したことはほとんどありません。発表資料に書いた上のひと言も、マニュアルからはしょって引用しただけです。

改めて補足・解説しておきます。

マニュアルには、以下のように書いてあります。

各辞書の初期画面のとき、補助メニュー(→P6)の「凡例」をタップすると、凡例の項目が表示されます。
(p.70)

で、この「補助メニュー」の出し方すら知りませんでした。p.6に飛んでみます。

■補助メニューの使いかた
画面最下部の中央「^」マークを指で上にスライドさせると、画面下部から補助メニューがポップアップ表示されます。 Ctrlキー+[↑]で同様に補助メニューがポップアップ表示されます。

1507121


それにしても、DAYFILER本体って、

タッチ操作がけっこうトロい

ですねぇ……

ベースになってるAndroidのバージョンはわかりませんが、これはイカンなぁ。

03:34 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2015.07.10

# フェロー・アカデミーのオンラインコンテンツ 2 件

ほぼ同じタイミングになりましたが、フェロー・アカデミーさんとアメリアさんで、オンラインの記事が2つ公開されました。


ひとつは、フェローさんが創立40周年を記念して本日オープンした特設ページ。

リンク:翻訳学校フェローアカデミー40周年記念~言葉のチカラ~

こちらの「言葉のチカラ」というコーナーに、拙文を寄稿しました。

リンク:実務翻訳者 高橋聡 | 言の葉に思いをはせる | 翻訳学校フェローアカデミー40周年記念~言葉のチカラ~

もうひとつは、アメリアのサイトで、しかも会員用コンテンツなので、ごめんなさい、会員しか読めません。

リンク:【Amelia】翻訳者と翻訳者を目指す方を応援するアメリア

昨年1年間、会報紙『アメリア』に連載したコラムを、オンラインで再掲したものです。昨年の連載は12か月で12回でしたが、オンライン版は2週間ごとに更新されるそうです。



特設サイトのほうは、ランダムなのか順番なのかわかりませんが、ページをリロードすると何回目かに帽子屋が出てきます。まともな写真になってて、ほっとしました。

リロードが面倒な場合は、「その他の言葉のプロたちを見る」というボタンをクリックすると、全員が並びます。







いやもう……並んでる顔ぶれを見てびっくりしました。

ばらしちゃいますが、こんなすごい方たちの中に並ぶとは思っていませんでした。とても居心地が悪い……

04:10 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.09

# AdblockがZDNet/CNETに通用しない件

今日もブラウザの話です。


今はChromeを主に使っていて、当然ながら広告をブロックするためにアドインの「Adblock」もインストールしてあります。

ところが、仕事がらたびたび見にいくサイト、ZDNetCNETでAdblockを有効にしていると、実におかしな挙動をしたあげく、ページを表示できなくなる(Flashが死ぬ?)という症状が出ています。


このサイトでだけAdblockをオフにすればいいので実害は少ないのですが、動画も撮ったので、記録として残しておきます。


ZDNetもCNETも、ページのつくりは似ていて、たとえば

1507091


こんなページを開くと、右カラムのトップにいちばん大きい広告が表示され、その下---「ZDNet Japanスペシャル」と書いてあるセクション---に、記事のタイトルが並びます。

これは、Adblockをオフにした状態です(だから広告が表示されている)。


で、このページでAdblockをオンにすると、この「ZDNet Japanスペシャル」セクションの表示がおかしなことになります。


そして、しばらくこの状態が続いたかと思うと---

1507092

ページごと、お亡くなりになってしまうわけです。

なんなんですかねー。

11:06 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.08

# Chromeに、ようやくキャレットモードの拡張機能

もうずいぶん前になりますが、Firefoxがともかく重たいと不評な時期がありました。Google Chromeが急速にシェアを伸ばしたのもそのころだったと記憶しています。私もそのころFirefoxからChromeへの乗り換えを検討していて、こんなエントリを書いていました。

side A: # Chrome に完全移行できない、いくつかの理由

今では、マシンパワーのおかげで、FirefoxもChromeも不自由なく使っていますが、なんとなくChromeを主に使っています。

ただ、過去記事にも書いているように、Firefoxでは標準の機能としてあるのにChromeにはない便利な機能があって、それが[F7]キーを押せば

キャレットモード

に切り替えられるという機能でした。

キャレットモードというのは、カーソルがキャレット(=フィールドで文字を入力するときと同じような、縦棒のカーソル)になるモードのことで、ページのテキストをいろいろ選択するには、マウスカーソルよりこのほうが圧倒的に便利なわけです。

その機能をChromeで実現できる拡張機能をようやく見つけました。

リンク:Chromeウェブストアド - カーソル ブラウジング

このページからインストールすると、拡張機能バーにアイコンが追加されます。ニンジンなのは、英語版のオリジナルが"Caret Browsing"だから、carrotとのしゃれなのかなぁ。

1507082

[F7]を押すと、このアイコンが強調表示されてオンになり、また[F7]を押すとオフになります。


アプリの公開ページにも書かれていますが、インストールしてからオプションを開いても、こんな画面が表示されます。

150708

キーボードの矢印キーでキャレットを移動できるようになり、Shiftキーを押せばテキストを選択できます。


ただ、私も引っかかりましたが、これをインストールしてさっそく効果を見ようとしても、

すでに開いているページで[F7]を押しても効果がない

ようです。その場合は、ページをリロードしてから[F7]を押してみてください。


ささやかながら、ブラウジング環境がまたひとつ、ちょっと便利になりました。

01:11 午前 パソコン・インターネット | | コメント (9)

はてなブックマークに追加

2015.07.06

# 十人十色(7/5)の発表資料といくつかの補足

昨日7月5日は、Facebookグループの勉強会「十人十色」が、「東京編2015」と題して久しぶりの勉強会を開催しました。


午前の部

矢能千秋さん「産業翻訳者が出版翻訳の世界に踏み出すには:第四弾」


午後の部

ツール編
井口富美子さん「Evernote活用法」
中島拓哉さん「クラウド型工程管理ツール」
東尚子さん「Xbenchの活用方法」

翻訳編
高橋さきのさん「ライティングの基本」
大光明 宜孝さん「私の翻訳法」

辞書編
大久保克彦さん「青空WINGなど自作公開EPWING形式」
水谷健介さん「dicregate を中心に検索について」
内山卓則さん「自作のツール「かんざし」の紹介」
高橋聡「代表的な辞書ブラウザの使い方と学習辞典」


いつも以上に活発で刺激の多い会となりましたが、その最大の要因は、初めて登壇してくれた方がたくさんいらっしゃったことでしょう。

発表者のみなさん、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。




私も最後に辞書ブラウザのことを話しましたが、そのときの資料をここにもアップしておきます。
(ファイルアップロードの制限の関係で3分割してあります)

高橋の発表資料その1

高橋の発表資料その2

高橋の発表資料その3

※クリックするとすぐ、pptxファイルがダウンロードされます。


なにしろ持ち時間が少なかったので、いくつか補足しておこうと思います。

1507061

私のスライドでJammingの画面を見て、左側のツリー表示がなんだか違う……と思われた方もいるかもしれません。

これは、私がリスト表示のオプションをこのように変えているからです。

1507062

([表示]→[検索結果のリスト]→[指定数を開く]


そのうえで、[オプション]→[環境設定]→[操作]タブで、このオプションも設定します。

1507063

こうしておくと、ヒットした項目が6個以上あっても、各辞書では最大5個までしか表示されません。辞書名の左にある[+]と[-]のアイコンをクリックすれば、

1507064

このように、本来あるはずの数が表示されます。

この[表示]→[検索結果のリスト]オプションを、[すべて開く]にすれば、数の制限なくすべてが表示されます。

また、[すべて閉じる]にすると、辞書名だけがリストされて、[+]アイコンをクリックして初めてリストが表示されます。

好みだと思いますが、個人的には[指定数を開く]が便利だと思っています。いろいろお試しください。

Logophileには、このような表示オプションも(今のところ)実装されていません。これも残念な点です。


表示関連で言うと、[表示]→[本文]→[単項目表示]/[連続表示]の違いにも注意してください。

1507065

辞書タイトルによっては、このオプションで表示がまったく違うことがあります。たとえば、『ジーニアス英和大辞典』では、[単項目表示]にすると、

1507066

これしか表示されません。[連続表示]にすると、すべての内容が見えます。

1507067

この動作は辞書タイトルによって違うみたいです。


02:41 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.03

# 「日本翻訳ジャーナル」7/8月号

「日本翻訳ジャーナル」7/8月号(No.278号)が発行されました。


いつものように、右カラムにあるPDFの画像からリンク先にどうぞ。


私のコラムは、前号から、各地の勉強会を特集しています。前号(5月上旬発行)は、忙しくて告知を忘れてしまったので、あわせて紹介します。

No.277号 フリースタイル、翻訳ライフ:「勉強会が教えてくれること」中澤甘菜さん

No.278号 フリースタイル、翻訳ライフ:「地方都市におけるネットワーキング」中島拓哉さん


どちらも、まだお邪魔したことはないのですが、勉強中の熱気と、その前後の楽しさがいろいろと伝わってきます。

ちなみに、この号ではほかにも、こんな特集があります。

JTFスタイルガイドセミナー報告「スタイルガイド入門」

4月に開催した、スタイルガイドセミナーの報告記事です。


そしてもうひとつ。5/9の翻訳フォーラムシンポジウム---私が登壇できなかったイベントです---の報告記事も載っています(第4部)。

翻訳フォーラム・シンポジウム2015 「翻訳の話をしよう」

こちらは、PDF版には載ってなくて、

Web版のみの収録

なので、ぜひWeb上でご覧ください。

09:58 午後 翻訳・英語・ことば, JAT・JTF | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.07.02

# 『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』

今、こんな本も読んでます。

「本を」でないのは、たいていは、いくつも並行して読んでるせい。


筆者はランドール・ マンロー(Randall Munroe)


会員誌「アメリア」2014年8月号の定例トライアルを読んだ方なら、記憶の片隅のまた片隅くらいに残っている人名かもしれません。

このときの定例トライアル(実務・テクニカル)で出題した文章は、これでした。

リンク:Why You Should Stop Worrying About the Robot Apocalypse | Smart News | Smithsonian


この出典そのものはSmithsonian.comの記事ですが、引用元としてランドール・ マンローさんのサイトの記事が紹介されています。それがこちらでした。

リンク:Robot Apocalypse


ちょっと前に首相官邸襲撃未遂に落下して話題になった「ドローン」が、ここにも出てきます。

150702

元々の文章も楽しいですが、この棒人間イラストがなんとも言えない味わいです。


そして、このサイトに不定期に書かれた記事をまとめたのが、上で紹介している本というわけです。

ちなみに、上のサイトのいちばん下までスクロールして[ARCHIVE]をクリックすると、書籍に収録された過去記事が読めるようになっているので、邦訳の『ホワット・イフ』と併せて読むと一興かもしれません。

04:00 午後 翻訳・英語・ことば, 書籍・雑誌 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加