« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.06.26

# 「検索ハブ」についてもう少し - マルチタスク対応を期待

前エントリで紹介したiOSアプリ「検索ハブ」、残念ながら開発は2012年12月で止まっています(バージョン3.3)が、最新のiOSでも問題なく動いています。


開発が止まってしまった原因の一部が、もしかしたら私にもあったのかな~、と思い至ったので、裏話を書いておきます。


実は、このアプリの作者には2011年7月、つまり開発のごく初期にメールでご連絡をいただいています。このアプリを使ってみて、感想などフィードバックしてほしいということでした。

ところが、当時はまだiOSアプリ版の辞書にほとんど興味がなく---EPWingもまだ健在で、PASORAMAのSIIも元気だったので---、実際問題として、自分のiPad/iPhoneには辞書アプリがぜんぜん入っていなかったので、試す機会がなかなかありませんでした。


そのため、このアプリがPC上からも使えるようになっていたことも、今回まで知らずにいたという次第です。


作者様、これまでなかなか試用する機会がなく、ご連絡もしていなかったことを、ここで深くお詫び申し上げます。


そんなわけで、実際に「検索ハブ」を使ってみて、何か不便な点を感じたら、作者ページ(ブログ)にコメントすれば、きっとまた作者様がやる気を出してアップデートを始めてくれるのでは……などと虫の良いことを考えています。

現状でどうしても不便なのは、やはり

いったん検索した後で、いちいち検索ハブに戻らないといけない

という点でしょう。


ところで、もうすぐリリースされるiOS 9はマルチタスキングがさらに進むことになっています。

リンク:フルサポートはiPad Air 2のみ:「iOS 9」はマルチタスクを強化――iPadで“画面分割による2アプリ操作”が可能に - ITmedia PC USER

もしこれに対応すれば、「検索ハブ」が表で動いていなくても使えるようになるのでは? とひそかに期待しているのですが、いかがでしょうか。

それから、もうひとつ。

AutoHotKeyを使っている方であれば、PC上で「検索ハブ」を使うときも、当然AHKを使いたいと考えると思います。

私も、それをある程度までやっています。

Chrome上のタブで「検索ハブ」を開いている状態なら、なんとかなりました。

が、以下のことができていません。

・「検索ハブ」以外のタブが開いているとき、「検索ハブ」に移動してから検索する。

・「検索ハブ」以外のタブが開いていないとき、開いてから検索する。

きっと、この記事を見たAHKのプロ(○○さ~ん、▲▲さ~ん!)が解決してくれることでしょう。

04:55 午前 辞典・事典, iPhone/iPad, パソコン・インターネット | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

# iOSアプリ「検索ハブ」 - さらにPASORAMAに近い

前エントリに、作者の中山様からコメントをいただきました。中山様、ありがとうございます。m(__)m


知ってる方はすでに知っているようですが、前エントリで紹介した「myPhoneDesktop」より、もっと

PASORAMA的に使えるアプリ

がありました。

リンク:Unit Kay's Blog(作者のページ)

リンク:検索ハブ(App Storeのページ)


PC上で入力した長い文章をiOS側に渡すときは、前回の「myPhoneDesktop」のほうがよさそうですが、PASORAMA的な辞書アプリとしては、断然こちらのほうが使いやすいことがわかりました。

1506261

これが「検索ハブ」アプリの画面(これはiPad版)。iOS上にインストールされていて、「検索ハブ」が対応している辞書アプリが自動的に検出されて表示されます(私がカスタマイズした後なので、初期画面とは違っています)。


iOSアプリなので、もちろんこの画面上だけでも使えるわけですが、PASORAMAのようにPCから操作するには、以下のように設定します。

  1. アプリ上の[i]アイコン(検索フィールドの左)をタップしてヘルプ画面を開きます。
  2. 左上にある[設定]ボタンをタップします。
  3. [リモートからの接続]を[オン]にします(デフォルトはたぶんオフ)
  4. 右上の[完了]ボタンをタップしてヘルプ画面に戻ると、ちょっと下のほうにIPアドレスが表示されています。

    1506262

  5. 右上の[×]ボタンを押してメイン画面に戻ります。これで「検索ハブ」側の設定は終わり(辞書のカスタマイズについては後述)。

  6. PC上のブラウザで、さっきのIPアドレスを開きます。このとき、iOS側で「検索ハブ」が開いている必要があります。スリープしていてもダメ。

    1506263

  7. ここまでいけば、後は検索フィールドに検索語を入力して(あるいは貼り付けて)、目的の辞書ボタンをクリックすれば、検索語が渡されて、iOS側で辞書が開きます。


かなりいい感じなのですが、いくつか注意点があり、やはりあくまでも「疑似PASORAMA」です。

  • PC上のブラウザで「検索ハブ」画面を開くとき、必ずiOS側で「検索ハブ」を開いている必要があります。開いていないと、「通信エラー」と言われます。
  • いったん検索した後も、iOS側でそのつど「検索ハブ」アプリに戻る必要があります。

    1506264

    アプリ上では、画面上部の通知バーに「検索ハブに戻る」というリンクが出てきます(辞書アプリによっては出ないこともある)。

以上の点にさえ慣れれば、かなり快適にiOS上の辞書アプリを検索できます。

辞書の対応状況については、作者のページに一覧されています。

使いたい辞書がこの一覧にない場合は、さらにこのページの下のほうにいくと掲示板があって、そこで

リクエストすると対応

してくれます(ただし、フォーマットにより、対応できない辞書タイトルもあるとのこと)。


ちなみに、私の場合は『三省堂国語辞典・第七版』と『新明解国語辞典・第七版』が使えないので確認してみたところ、販売元の違いが原因でした。

App Storeを見るとわかりますが、同じ辞書タイトルでも複数の販売元から販売されているものがありますよね。「三国」と「新明解」も、BIGLOBE版物書堂版があって、「検索ハブ」はBIGLOBE版には対応していましたが、物書堂版には対応していなかったとのこと。リクエストしてから半日もしないうちに、解決してくださいました。


リクエストしたタイトルに対応してくれると、掲示板に http://tinyurl で始まるURLを載せてくれます。iOS上のブラウザでそのURLを開くと、自動的に「検索ハブ」に追加される仕組みになっています。これがとても快適でした。

そのほかの設定についても若干、補足しておきます(私自身が気付きにくかったので)。

  1. [i]アイコン → [設定]画面で、下のほうに進むと、[検索エンジン1]で始まる項目があります。上のようにリクエストして対応された辞書も、ここに追加されます。リストは[検索エンジン30]まであります。
  2. 上の検索エンジンリストがずーっと続いているせいで、最初は見落としていたのですが、さらにその下に進むと、デフォルトで入っている検索先のオン/オフスイッチがあります。デフォルトでは、App Storeとか「ミュージック」なども検索先に指定されているので、邪魔ならここでオフにできます。
  3. 上のオン/オフスイッチは、辞書タイトルごとにもあるので、もしインストールされていても使わない辞書があるなら、ここでオフにできます。


ということで、有料アプリではありますが、EPWingの雲行きが怪しくなる一方、iOSアプリのタイトルはどんどん増えているという現状では、

試してみる価値はおおいにアリ

です。

04:22 午前 辞典・事典, iPhone/iPad, パソコン・インターネット | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.06.24

# iOSアプリ「myPhoneDesktop」 - 疑似PASORAMAになるか

iPhone/iPadからデスクトップPCを操作するリモートデスクトップ系のアプリはいろいろありますが、逆にデスクトップPCからiPhone/iPadを操作したり、データを渡したりするアプリはなかなかありません。ひとつだけ見つかったのがこれです。

リンク:iPhone on your Desktop | myPhoneDesktop(開発元のページ)

リンク:myPhoneDesktop(App Storeのページ)


AppBankの紹介ページを見ると手っ取り早いでしょう。

リンク:[iPhone, iPad] myPhoneDesktop: iPhone を遠隔操作!電話番号やテキスト・画像が PC から送れる!


PCから電話を操作できるとかいう機能もありますが、私が使いたかったのは、

PCで入力したテキストをiOS側に送れる

という機能です。


なんでそんな機能が欲しいかというと、

iOS上の辞書アプリをPASORAMAみたいに使えるかも

と期待したからです。

iPhone/iPadにアプリをインストールし、PC側にも専用のアプリケーションをインストールします。

通信できるように、アカウントを作って初期設定を済ませたら準備OK。

ほかのモードはどうでもいいので、[Text]モードを選択して---

1506241_2

--テキストを入力します。

[Send]ボタンを押すと、iOS側のアプリのウィンドウに送信されます。

[Copy]ボタンを押すと、iOSのクリップボードに格納されます。

私の使い方では、コピーしてiOS上の辞書に貼り付けたいので、[Copy]を押します。これで、iOS側のクリップボードに貼り付けられます。


iOSで辞書アプリを開き、貼り付けます。

1506242

これで、辞書が引けました(これは、『ウィズダム2』)。

1506243


というわけで、この一連の動作をAutoHotKeyに登録してしまえば、PASORAMAとまったく同じように、とは言いませんが---iOS側で貼り付けが必要---、少なくともPCのキーボード上で入力、あるいはいつもと同じようにPC上でコピーしてからiOSのアプリ上で検索、という操作が可能になります。

(ただ、ときどき受け渡しがイマイチうまくいかないこともあり)

こんな風に辞書との連携で使いたかったのですが、今日たまたま一時的に、なぜかPCのWeb上でだけFacebookが不調(しかも日本語環境だけらしかった)という時間帯がありました。そのときも、このアプリを使ってPC上で入力し、iPad上のFacebookアプリに文字を送るということができたので、けっこう便利でした。

08:20 午後 辞典・事典, iPhone/iPad, パソコン・インターネット | | コメント (2)

はてなブックマークに追加

2015.06.22

# EBWin4、地道にバージョンアップ継続中

Jammingの公開が完全になくなり、後継アプリケーションLogophileのバージョンアップもあまり進まない(最新版が2014/4)なか、EBWin4がコツコツとバージョンアップを続けています。

リンク:EBWin4

最新バージョンは、全文のインデックス化にも対応したようです(私自身は試していません)。

確認できた範囲で、ひとつ嬉しいのは、

LogoVista版タイトルの外字対応が、Jammingよりだいぶマシ

ということです(詳しくは後述)。



あらためて、翻訳者が使いたい辞書環境の現状を整理してみると、2015年6月の時点では以下のような感じです。

  1. EPWing規格は先細り。過去にあったEPWingタイトルも次々と絶版になり、新しいEPWingタイトルはまったく発売されなくなりました。
  2. 期待の星だったSIIが電子辞書事業から撤退。翻訳者にとって救世主的な存在だったPASORAMAも、今や現存機種が生きているうちしか使えない、という不安な状態です。
    ちなみに、Windows 10(プレビュー版)でもPASORAMAが動くことは、内山さんが確認してくださいました。

    リンク:Windows 10 プレビュー版でPASORAMAを動かしてみた: かたかむーす

  3. 同じフォーマットで今後もタイトル追加が期待できそうな、今や唯一のプラットフォームとなったのがLogoVistaです。ただし、
    ・ブラウザの使い勝手がまだまだ
    ・インストール回数に制限がある(解除は可能)
    ・タイトルによってフォーマットが次々と変わる
    など、ユーザーの間でも評判はいまひとつ。
  4. オンラインの、特に有料版が浸透しつつあります。研究社のオンライン辞書サイト「KOD」は、翻訳者の間でもだいぶユーザーが広がりつつあります。


ということで、これからはたとえば

オンライン辞書 + LogoVista

という使い方が定番のひとつになるのかもしれません。

そんな状況でも、EPWingブラウザとして少しずつ進化を続けているのがEBWin4です。

まだまだJammingほど完成度は高くなく、環境によってはエラーも少なくありません。

  • 辞書の追加、特にグループ設定が不自由。Jammingのように、一度追加した辞書を簡単にグループ化できるわけではなく、グループを設定したら、そこにまたいちいち辞書タイトルを追加しなくてはいけません。
  • 辞書ボタンが1列にしか並ばない。
  • 表示オプションもまだ多くない。
  • タイトルによっては異常終了する(私の環境では、Longmanが動きません)。


逆に、Jammingより良い点もあります。

  • 使用可能な検索方法をすべて試す「自動検索」がある。
  • 辞書内でリンクをたどったとき、履歴を「戻る/進む」ボタンがある。

そして何より、

タイトルごとに外字テーブルを指定

できるというのが、Jammingより強いところです。

つまり、LogoVistaタイトルでも、外字の文字化けがなくなる、もしくは軽減するということなのです。


Jammingでは、[オプション]→[環境設定]→[辞書別]タブを開くと外字を設定するオプションがありますが(タイトルによっては表示されない)、

1506221

ここから進んで、

1506222_2

1文字ずつ指定するようになっています(たしか、手動で外字テーブルを作って所定のフォルダに置くこともできたと思いますが……)。


一方、EBWin4では、[ファイル]→[辞書の編集]ダイアログを開くと、[外字マップ]というドロップダウンメニューがあって、そこでLogoVistaの外字ファイルを選択できます。

1506223

タイトルによって差はありますが、私の環境で、明鏡国語辞典についてはこうなりました。


1506224
これがJamming上。


1506225
こちらがEBWin4


ということで、今後、既存のEPWing仕様データとLogoVistaタイトルを併用するための辞書ブラウザとしては、EBWin4も十分に選択候補になりそうです。

少なくとも今いちばん、作者がユーザーの声を反映して

バージョンアップを続けてくれそう

であり、応援してみる価値のあるアプリケーションはこれではないかと。

05:03 午前 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.06.21

# 是枝版『海街diary』

★★★★☆

実写化されると最初に知ったときはのけぞったし、是枝監督が撮ると知ってからも、予告編やスチルを見たかぎりではまったくピンとこなかったのですが、やたらと前評判がいいので、観てきました。


さすがですね、監督。

マンガにしかできないことと、映画だからこそできることをちゃんとわかったうえで、吉田秋生の世界をちゃんと自分の世界に再現している。原作の刈り込みと、映画的な脚色と、ほとんどどれも成功していると思いました。

Umimachi_main

観終わってから、原作6巻をすべて再読したのは言うまでもありませんが……。

以下、ネタバレも含みます。ご注意ください。





何が良かったって、この映画、まず食事のシーンが多い。

綾瀬はるかとか長澤まさみとか、キャスティングの段階でかなりがっかりでしたが、始まってすぐの食事シーンであっさり引き込まれました。姉妹の三人ともね、食べ方の演技が実にいい。しっかりリアルに食べる。

そのあとも、おはぎ、あじフライ、ちくわカレーと、原作でも重要な存在感のある食べ物が出てきますが、そのどこでも食べ方に感心させられました。

三女・千佳は、スチルで見たときにはいちばん違和感がありましたが、実際にはそれを演じた夏帆がいちばんよかった。あの不思議なキャラを、よくあれだけ再現できたと思います。

ちなみに、彼女のファッションは、私がよく行くエスニック系のお店「チャイハネ」が協力しているようです。そういうところ、原作よりちょっと趣味がよすぎるかもしれませんが……


その千佳も含め、姉妹4人の「原作っぽさ」の再現にはかなり成功しています。広瀬すずが整いすぎている気もしますが、ぎりぎり許容範囲。


海猫食堂のおばちゃんに風吹ジュンとか、姉妹の母親に大竹しのぶとか、そのあたりまで含めて女性陣のキャスティングはよかった。


逆に、男性キャラは「原作っぽさ」を潔くあきらめたようです。これは大正解。

吉田秋生キャラでしかありえないイケメンの藤井朋章は、エピソード自体をほぼ全面的にカット(佳乃がそれを引きずる描写もいっさいなし)。

長女・幸の同僚であり不倫相手の椎名医師も、原作よりもっと年上の設定になりました(堤真一)。

そして何より、山猫亭の福田仙一。私が、右コラムで「天本英世似のキャラクター」と書いた人物であり、最新号の連載でもキーパーソンですが、あの風貌と個性はそうそう3Dで出せるもんではない。それを、リリー・フランキーという俳優の個性で上書きしてしまいました。


要するに、原作って、女性陣はリアルだけど、男性陣はけっこう現実離れしてるってことかな……。


唯一、あまりにも原作どおりで吹いたのが、スポーツマックスの店長ですが、彼の内面にはほとんど踏み込みません。


キャスティングに加えて、なによりストーリー上の取捨選択と再構成が見事でしたね。原作のいいところを、ダイジェスト的にではなくうまく取り入れ、オリジナルの部分もおおむね好感が持てました。


第1話から原作5巻の『群青』までをカバーしていて、大筋はおおむね以下の話を中心に構成されています。

「蝉時雨がやむ頃」(1巻、第1話)
「真昼の月」(2巻、第4話)
「誰かと見上げる花火」(3巻、第2話)
「止まった時計」(3巻、第4話)
「おいしいごはん」(4巻、第4話)
「群青」(5巻、第3話)

すずの学校やサッカーの描写は最小限。チームメイトは背景として出てくるだけだし、風太とすずの場面もごくわずか。これも、中学生が出てくると演技の面でどうしても辛くなるので、正解でしょう。


こういう構成のシーケンスを、移りゆく鎌倉の美しい四季とともに描き、そこに流れる時間と空気もきちんと丁寧に映しだす。


姉妹それぞれの心の移り変わりを、単に原作を追うのではなく2時間という映画の枠の中で組み直したのも、さすがでした。監督自身が、原作をじっくり読み込んでいる。最大の成功要因はそこでしょうね。


だから、原作者は是枝監督との対談でこんなことを言ったとか。

Umimachi2


01:01 午後 映画・テレビ | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.06.16

# 7月号連載の「海街」がすばらしかった

月刊雑誌をここで紹介することはほとんどないのですが、今回は例外。


是枝監督の映画も公開されましたが、それに合わせた記念号の「flowers」。『スティーブズ』の2巻を買いにいったとき、海街のクリアファイルにつられて買っちゃったのですが、この号の海街がすばらしかった。


これから読む人のためにネタバレは避けますが、コミックの発売を待たずに読む価値あり、です。

11:07 午前 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2015.06.12

# 東京ほんま会で、AHKセミナー開催

ほぼ2か月に1回以上のペースでセミナーを続けている東京ほんま会。
(5/17の分は、私に余裕がなくて詳細を予告しないまま過ぎてしまいましたが……)

いよいよ次回は、AutoHotkey(AHK)の入門セミナーです。

リンク:東京ほんま会 -- 「何でも自動化、AutoHotKey入門セミナー ~ AHKに受信料は要りません」


しかも、講師にはAHKのスペシャリスト、本間まさのりさん(aka なめこさん)を、大阪のほんま会からお呼びします。

日時:7月26日(日)13:00~16:30
会場:株式会社翻訳センター
定員:40名
受講料:3,500円(事前振込)

修了後は、もちろん懇親会もあります。


お申し込みは昨日から受付を開始しましたが、すでに半分くらいの席が埋まりました。興味のある方は、お急ぎください。


AHKのセミナーは、昨年の9月に勉強会・十人十色でも開催しました。

# 「翻訳者のためのAutoHotkey入門講座」、9/8開催

この頃から、AHKでいろいろ便利になったーというAHKファンは増えてきましたが、波に乗り損ねた人は、この機会にぜひどうぞ。

また、Wordマクロや秀丸マクロをある程度使えるという方にも、アプリケーションの枠を越えて使えるAHKのメリットをぜひ知っていただきたいと思っています。


しかも今回は、原則としてPC持参のうえ、インストールと最初の使い方から手ほどきしますので(ほんま会の恒例として、進行に遅れがちな方は、スタッフがサポートします)、今までにチャレンジしてみて挫折した方も、きっと大丈夫です。


06:45 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

# 訃報 - クリストファー・リー

あー、サルマン様がとうとう……

リンク:名優クリストファー・リーさん死去 「ロード・オブ・ザ・リング」サルマン役など - ねとらぼ

LotRに続く『The Hobbit』三部作が遺作になったのかな。

ご冥福を……うーん? 祈っていいのだろうか、この人の場合^^;

私の世代だと、「リー御大がドラキュラ役者」だったというのは、知識として知っていて、何本か見たことがあるという程度で、言うまでもなくリアルタイムではその姿を拝見していません。


実際、リー御大を始めてスクリーンで観たのは、『007 黄金銃を持つ男』(1974年)でした。007シリーズのなかでも、敵役として屈指の存在感だったと今でも思います。

年譜を見ると、ちょうどこの「黄金銃」のころが、「ドラキュラ役者」だけじゃない俳優、になった境目だったようです。でも、その後を見ても、けっこうどうでもいい感じの映画にまで、ほいほい出演なさってるんですよね。

しかたなく仕事としてやってたのか、それともご本人けっこうB級テイストが好きだったのか---。


英語版 Wikipedia によると、

Lee had met J.R.R. Tolkien once (making him the only person involved in The Lord of the Rings film trilogy to have done so) and made a habit of reading the novels at least once a year.

ということで、LotRとは実に深い縁がある。


そんなこともあって、私にとってリー御大はやはり、「ドラキュラ役者」ではなく「サルマン様」なのでした。

04:56 午前 映画・テレビ, 社会・ニュース | | コメント (4)

はてなブックマークに追加