« # シーブレインさんのわかりやすいスタイルガイド記事 | トップページ | # 1か月も更新してなかったので »

2015.04.27

# 最近読んだ秀作マンガ2点

もう何か月か前なのですが、六本木のABC書店のマンガコーナーで、ピンと来て買った2作を紹介しておきます。ちなみに、六本木ABCのマンガコーナーは、なかなかいい空間です。

1つはビームコミックスの『ダンジョン飯 1』。連載誌は「ハルタ」(エンターブレイン)。


もう1本は、あ、これもビームコミックスだった。『あれよ星屑』1と2。連載誌は「月刊コミックビーム」(エンターブレイン)。

いや、ここ最近のエンターブレインさんは、いい仕事してますなぁ。

『ダンジョン飯』のほうは、買った後にすぐFacebookに書き込んだら、知ってる人も多かった。Amazonの評価も高いし、たぶん遠からずアニメ化されるんじゃないだろか。

作者は、このほかにもちょっと毛色の変わったファンタジーものが多い九井諒子。Pixiv出身だそうです。


RPGゲームをやったことがない人にはまったく受けないけど--そういう人に説明したことがありましたが、まったく通じませんでした--、すこしでも経験があれば、ほぼ例外なくウケるネタだろうと思います。

タイトルからだいたい想像はつくし、Amazonの内容紹介にも概要は書いてあるので、あえて詳しくは書きません。

RPGのマンガ化というのは、かなり前からありますが、ここまでメタなのはめずらしいんじゃないでしょうか。なにしろ、出てくるキャラクターが

「はじめて死んだのは……」

とか言っちゃうくらいですから。あの世界のいろんな約束事を知っていれば楽しめます。ウチでは家族全員が大はまり。

もう1本は、まったく世界が変わります。終戦直後の東京を舞台にした、うーん、人情モノになるのだろうか。

『あれよ星屑』。もう、タイトルからしていい。

作者は山田参助。え、「サブ」の出身ですか? そうですか。この作品は、そっち系ではありませんので、ご安心ください。

こっちは、良さを説明しにくいなぁ。質のいい日本映画を思わせます。といっても、どの監督の類型でもないか。

2巻になると、回想の形で戦時中の話が展開します。

軍隊生活の描写が、マンガでも映画でも近年にはちょっとなかったレベルなんじゃないかと思います(私が知らないだけという可能性も大ですが)。

そういえば、水木しげる全集を毎月紹介する企画は挫折したままですが、第2期に入って3回目、4月配本のうちの
『糞神島 他』も圧巻でした。

なんと、前半の何本かは野坂昭如原作のマンガ化作品です。

巻頭の『マッチ売りの少女』は、原作以上の迫力でした。

02:44 午後 アニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # シーブレインさんのわかりやすいスタイルガイド記事 | トップページ | # 1か月も更新してなかったので »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)