« # ブロガーと翻訳者のたいせつな違い | トップページ | # シーブレインさんのわかりやすいスタイルガイド記事 »

2015.04.10

# アメリアで初の試み--「定例トライアル連動講座」

しばらく前から、アメリアさんの会員向け雑誌『アメリア』で、定例トライアル(実務・テクニカル)を担当しています。

1年に3回の出題で、数か月後に成績発表と訳例、講評が、同誌に掲載されます。


この講評、だいたい4,000字前後なのですが、いつもちっとも紙数が足りません。毎回、それほど難しい出題のつもりはないのですが、いざ採点になってみると、予想外の訳語・訳文が出てきまて(論外、というような答案は別にしても)、解説したい、しなければならないこともた~くさん出てきます。


それで、以前ここでやったように補足したりもしました。
リンク:禿頭帽子屋の独語妄言 side A: # セキュリティ警告画面(アメリア定例トライアル補足)


それで、ふと思いついて事務局と相談した結果、なんと、アメリアさんとしては初の試みになりますが、

定例トライアル連動講座

というのを開催することにしました。

定例トライアルの課題についての解説を、誌面に載る講評だけではなく、直接の講義でお話ししようというわけです。

お題は、2月号に載った課題「Analog computers」。

5月21日(木)の午後、フェロー・アカデミーで実施します。


……と、ここで書いてはいるものの、どなたにもご参加いただけるわけではありません。2月号定例トライアルを受け、かつB以上の成績をとった方のみが対象(希望者多数の場合は抽選)ということになっています。

ごめんなさい m(__)m


翻訳業界でも、いろんなトライアルや資格試験がありますが、試験と連動した講座って、もしかしたら初の試みかも……?……と思って、紹介だけしてみました。


03:57 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # ブロガーと翻訳者のたいせつな違い | トップページ | # シーブレインさんのわかりやすいスタイルガイド記事 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)