« # 広がりつつあるトンデモ機械翻訳 | トップページ | # これからのイベントなど - 2015年春編 »

2015.03.19

# 学校で英語が得意だった人が翻訳者になってもいいわけ

めったにやらない、ではなく今までに一度もやったことのないことをやろうとしています。

リンク:A Blog from Chief Translator, Shilin Translation Service 士林翻訳サービス主任翻訳者のブログ : 学校で英語が得意だった人が翻訳者になってはいけないわけ

個人ブログは基本的になんでもありだと思っているので、別にこういうことを書く方が、しかも同じ業界にいらっしゃるのはかまわない。

ブログとして公開している以上、こうやって引用されることに異論はあるまい。

翻訳志望、またはプロの翻訳者を目指している方と 交流する機会があります。 彼らは総じて「中高を通じて英語が得意だった人たち」です。 英語の原書を読んで英語をバリバリ鍛えてる人たちです。 大学等の英文科に進んだ人もいます。 ただし、こういう「I love English」な人たちは、はっきり言って翻訳の道に進んでも ほとんど見込みがありません。

どれほどの交流範囲がおありなのか存じあげないが、具体的な根拠でもあるんだろうか。

私ごときのせまい交流範囲でさえ、

学校で英語が得意だった

という経歴をもち、いま立派に翻訳をやっている方は山ほどいらっしゃる。

「I love English」な人たちは、往々にして日本語力を鍛える必要性に全く気が付きません。

私ごときのとぼしい翻訳経歴のなかでさえ、

「I love English」な人たち---そもそも、なんという失礼な言い方だろう---で、日々、日本語力を鍛え続けている人はいくらでも挙げることができる。


英語ができるからといって、翻訳ができるとは限らない

というのは確かだし、

(かつて)英語ができた人に、翻訳ができるとは限らない

というのも正しい。が、そこから、いったいどうやったら

学校で英語が得意だった人が翻訳者になってはいけない

という話に飛躍できるのかな。


もしかしたら、

「学校で英語が得意だったはずなのに、翻訳ができない」

という実例にいくつか遭遇なさったのかもしれない。それで、ずいぶん不快な思いをなさったのかもしれない。ご愁傷様というしかないが、だからといって、「学校で英語が得意」で、いま実際に翻訳者をやっている幾多の方を敵に回す覚悟はおありなのだろうか。


06:36 午後 日記・コラム・つぶやき |

はてなブックマークに追加

« # 広がりつつあるトンデモ機械翻訳 | トップページ | # これからのイベントなど - 2015年春編 »

コメント

>日本語力を鍛える必要性

論者の言わんとするところを善解すれば、
 「日本語がヘタな人は、翻訳者には不適格」

ここから論理的に導かれるべき命題は、
・学校で国語が苦手だった人は、翻訳者になってはいけない

これもいささか極論ですが-学校の成績は真の日本語能力を必ずしも測定し得ないおそれがある-
まあ、私の狭い知見に照らしても、この命題に一定の合理性は認められますから、
こういう主張ならば、敵を作る ところまでは行かなくて済んだでしょう。

---
> が、そこから、いったいどうやったら
>      学校で英語が得意だった人が翻訳者になってはいけない
> という話に飛躍できるのかな

然り。
だいたい、英語以外の言語の翻訳者についてはどう考えるのか。英語が得意と関係するのか?

結論として、論理操作も言語能力のうちと見れば、この方の 日本語力 には問題アリと断ぜざるを得ません。
翻訳者が日本語力を鍛える必要性は疑いませんが、まず隗より始められるべきでしょうね。

投稿: 白い都 | 2015/03/20 13:07:58

今回の顛末について、仲間うちからは「大人げない~」という反応もいただきました。まあ、そう思わないでもありません。


それでも、ある個人または集団や組織に対して一定以上に有害な情報を無責任に発信するのは、さすがに看過できなかったというところです。

> 学校で英語が得意だった人が翻訳者になってはいけない

この言説を見て、「得意じゃなかったけど、その後がんばって勉強したから翻訳をやってみたい」と思う人が出てくるのならかまいませんが、「得意じゃなかったけど(得意じゃないけど)翻訳できるらしい」と勘違いする人まで出てきたらどうするのか、そんな影響力をみじんも考えていません。

ブログの影響力について、もし「自分のブログなんてそれほど読まれてないから何を書いてもいい」と思っているとしたら、即刻ブログなんざやめるべきです(現にTwitterなどで記事を紹介しているのだから、読まれなくていい、と思っていないのは確かだし)。


タイトルだけで、そういう無責任さが垣間見えたから反応しちゃったわけですが、その無責任さは、その後の経緯でもますます明らかになりました。


> 昨日アップしたブログエントリーがすごいことに…一日で500以上PVが。やったのは、一時間位で書いて、TwitterとFBで告知しただけ。タイトルを若干provocativeにしたが。コピーライティングの勝利?
(ご本人のツイートより)

つまりあのタイトルの付け方にちゃんと自覚はあったとのこと。


> 確かにタイトルの付け方など、異論はあると思いますが…but it got people talking というのも一面ではあり。タイトルが不快だったという方には、「バズらせるための工夫でした」としか…
(同。私のコメントに対するレス)

「バズらせる」ための意図的なタイトルだったことを改めて証言。


> 僕の直近のブログポストに関してぶっちゃけていうと、「学校で英語が得意だった、英語大好きな人たちは、日本語への愛着を持っていない人が多いから、英和翻訳には向かないですよ。」という意味で、英語が得意だった人たち全員が日本語軽視だとは書いてない。タイトルだけで判断されても…
(ご本人のツイートより)

それだけ意図的に付けておきながら「タイトルだけで判断されても」というその姿勢。「愛着を持っていない人が多い」というというのは、


> ただ日本語軽視気味の翻訳志望者というのは実際に会ったことがあり、彼は日本語書籍は大学以来ほとんど読んでいないといって、僕をあ然とさせました…アラフォーの方です
(同。私のコメントに対するレス)


では、こういうご経験に基づいているのだそうだ。その一例だけなのか、ほかにいくつもあったのか、

> そういう例は当然あるでしょうね。それが、あのタイトルに結び付くほど多かったのでしょうか。
(私のツイート)

と伺ってみたものの、その回答はなし。

今回はもう、そんま暇もないしこれ以上ご本人に対して何も言うつもりはありませんが、同類の無責任発信がまた繰り返されたら、やっぱり私、反応するんじゃないかな。


ちなみに、ご本人のツイートをちょっとさかのぼると、こうもおっしゃっています。

> 直近のブログポストについて。一番伝えたかったのは、「英語が得意だから翻訳者になりたい!は短絡的思考である」ということ。少なくともメディアや出版を目指しているような場合は。

「一番伝えたかった」ことがちゃんと伝わっていない、
少なくとも伝わらない恐れがある、そういう自覚がないのだとしたら、(以下自粛)

投稿: baldhatter | 2015/03/23 2:40:18

客寄せのために、写真週刊誌やタブロイド新聞の扇情的な見出し付けと同じ手法を用いました、というわけですな。

衷心より申し上ぐる。
日本語が不自由で、意図した内容を正確に伝える能力に欠ける者は、(日本語の)ブログやツイッターを止めるべし。

投稿: 白い都 | 2015/03/23 13:00:24

> 日本語が不自由で、意図した内容を正確に伝える能力に欠ける者は、(日本語の)ブログやツイッターを止めるべし。


いやほんと... 大学生とか高校生がそういうのを書いてるのなら、まあ大目に見てもいいんですけど、言葉で食べている人らしいので、つい。

投稿: baldhatter | 2015/04/14 12:46:08

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)